• もっと見る
北いわてのごっつぉ!〜郷土が生んだ食の遺産〜
「やませ」吹く厳しい気候と山間部という自然の中で、度重なる「飢饉」と闘い、共存してきた北いわて;二戸・久慈地域。
長い冬を乗り切るため、工夫された保存・貯蔵・加工技術は、少しでも収穫された食材を大切に思うお母さんたちの想いや知恵が込められているのです。
雑穀やほうれん草、果物などの里の幸、山菜やキノコ、山ぶどうなどの山の幸そして昆布やウニ・ホヤ、サバなどの海の幸。
「北いわて」は食の宝の山なのです。
« 復活! ログインパスワードがわかりました。 | Main | 「北いわてふるさと食堂」終了・・・ »
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
佐々木和博
北いわてのごっつぉ in東京 (02/01)
佐々木和博
郷土の菓子:きゃばもち (11/10)
久慈まめぶ部屋
郷土の料理「まめぶ」の話 (11/06)
けめちゃん
来年4月はDCキャンペーン (10/23)
佐々木和博
郷土の料理「まめぶ」の話 (10/21)
佐々木和博
来年4月はDCキャンペーン (10/19)
「北いわてふるさと食堂」に参加しました![2012年04月25日(Wed)]
4月から6月 岩手はJR東日本のDCキャンペーン中です。
期間中、二戸駅隣接の多目的ホールを会場に開催している「北いわてふるさと食堂」に参加しています。
内容は・・・・第2週は「郷土料理」ということで、食の匠さんを中心とした料理の提供です。
       第4週は、二戸若手料理人の会の二戸食材堪能のお料理です。

4月14〜15日 第1回目は、種市の食の匠による「海ごはんお膳」でした。
2012.4.14-3.JPG


















お品書きは・・ほやめし(又はうにめし)、海藻の吸い物(生めかぶ、もずく)
       イカの唐揚げ、昆布巻き、野菜の煮こごり、寿イカのコーススロー、茎若布漬け

☆全て浄法寺漆器を使って、器も楽しんで貰うということでした。特に、「溜」の色合いはいいなって声が多かったです。

☆お食事の反省点は、いろいろ。 吸い物がぬるかったという声が多かったのと、広い場所でしたので、お運び人数が少なかったので、下膳しないままテーブルに残っていたりとか・・。
お膳が豪華でしたので、それに負けない見栄えもちょっと足りなかったかもしれません。

次回4/27のお膳は、その辺を考慮したメニューにするよう、何度も打ち合わせをしました。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/jengomadams/archive/43
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

北いわてのごっつぉさんの画像
北いわてのごっつぉ
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/jengomadams/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jengomadams/index2_0.xml