• もっと見る
北いわてのごっつぉ!〜郷土が生んだ食の遺産〜
「やませ」吹く厳しい気候と山間部という自然の中で、度重なる「飢饉」と闘い、共存してきた北いわて;二戸・久慈地域。
長い冬を乗り切るため、工夫された保存・貯蔵・加工技術は、少しでも収穫された食材を大切に思うお母さんたちの想いや知恵が込められているのです。
雑穀やほうれん草、果物などの里の幸、山菜やキノコ、山ぶどうなどの山の幸そして昆布やウニ・ホヤ、サバなどの海の幸。
「北いわて」は食の宝の山なのです。
« おら家(おらえ;我が家)の漬け物・・・品評会 | Main | 復活! ログインパスワードがわかりました。 »
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
佐々木和博
北いわてのごっつぉ in東京 (02/01)
佐々木和博
郷土の菓子:きゃばもち (11/10)
久慈まめぶ部屋
郷土の料理「まめぶ」の話 (11/06)
けめちゃん
来年4月はDCキャンペーン (10/23)
佐々木和博
郷土の料理「まめぶ」の話 (10/21)
佐々木和博
来年4月はDCキャンペーン (10/19)
満員御礼!「北いわてのごっつぉ!」無事終了しました。[2012年02月14日(Tue)]
2月11日の「北いわてのごっつぉ!」・・・ナントまたまた完売、無事終了しました笑い

本当に多くの方にお出かけいただきましてありがとうございました。親子連れや女性グループ2組など初めてのお客様も多く来てくださいました。また、町家イベントを盛り上げようと近所の方のも毎月来てくださって・・・用意したものが全部売れると嬉しいですねまる


今回は、二戸の特産 雑穀ご膳を用意しました。



二戸浄法寺地区のお母さんのお膳は、
@五穀ごはん  Aイナキビ入りひっつみ汁  Bタカキビコロッケ  Cほうれん草エゴマ和え  Dなめこ大根おろし  E蕗と鯖の炒め煮  F香の物 





☆ひっつみ汁・・・炊いたイナキビを練りこみました。薄黄色のツブツブが舌触りもよい。
 
☆タカキビコロッケ・・・炊いたタカキビをひき肉代わりに使って、なんとなくヘルシーさをアピール。今回、女性客が多かったからか、このレシピに食いつく、食いつく・・・。 雑穀を食べていても、御飯に入れるだけとのことで、「料理教室みたいなものあればいいのよね」ってお話しもいただきましたびっくり ⇒企画しようウインク

販売用に用意した「大根の玄米漬」も完売。これは、先日の浄法寺地区漬け物品評会に出したもの。お膳にもつけていて、かなり評判が良かったです拍手 
お菓子類は、私より先に転職して菓子工房を経営している先輩の「シフォンケーキ」・・・農家の小昼らしくちょっと大きめなのですが、シフォンだから良い。 味は、リンゴ、人参、卵の3種類りんご


いつもは、正午近くに集中しますが、珍しく開店時間の11時ころからお客様が来ました。
お待ちいただいている間に、町家を見学したり、飾っている工芸品を見たりする方が多かったです。 
お休み処の職員、ボランティアの皆さんには、洗い物などお手伝いいただきました。 ありがとうございます。


次回は、3月10日(土)です。 旧暦のひな祭りのプレイベントがあるので、いつもより華やかな御膳を用意したいなって・・・こうご期待〓
この記事のURL
https://blog.canpan.info/jengomadams/archive/41
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

北いわてのごっつぉさんの画像
北いわてのごっつぉ
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/jengomadams/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jengomadams/index2_0.xml