• もっと見る
北いわてのごっつぉ!〜郷土が生んだ食の遺産〜
「やませ」吹く厳しい気候と山間部という自然の中で、度重なる「飢饉」と闘い、共存してきた北いわて;二戸・久慈地域。
長い冬を乗り切るため、工夫された保存・貯蔵・加工技術は、少しでも収穫された食材を大切に思うお母さんたちの想いや知恵が込められているのです。
雑穀やほうれん草、果物などの里の幸、山菜やキノコ、山ぶどうなどの山の幸そして昆布やウニ・ホヤ、サバなどの海の幸。
「北いわて」は食の宝の山なのです。
« 満員御礼!「北いわてのごっつぉ!」無事終了しました。 | Main | 2/11「北いわてのごっつぉ」開催します! »
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
佐々木和博
北いわてのごっつぉ in東京 (02/01)
佐々木和博
郷土の菓子:きゃばもち (11/10)
久慈まめぶ部屋
郷土の料理「まめぶ」の話 (11/06)
けめちゃん
来年4月はDCキャンペーン (10/23)
佐々木和博
郷土の料理「まめぶ」の話 (10/21)
佐々木和博
来年4月はDCキャンペーン (10/19)
北いわてのごっつぉ in東京[2012年01月30日(Mon)]
1/28〜29 東京:神楽坂で開催された「漆展」で、郷土料理を提供してきました拍手

初めての県外・・・そして漆器を購入することが目的であろうお客様に対して、郷土料理は食べてもらえるのかな〜という不安もありながらの2日間でした初心者

提供したものは・・・「山菜たっぷりのけんちん汁」「へっちょこ団子」  手作り豆腐や蕗・蕨・ぜんまい・姫たけのこなど山菜がたっぷり入ったお椀は、滋味たっぷり。

食の匠の技が光る一品です。 東京方面でいう「けんちん汁」とは、全然違うもの。召しあがった皆さんは、その具材の多さや味の深みにびっくりしていましたびっくり  いい意味で、裏切った感があります。

その他、雑穀のタカキビ粉の「へっちょこ団子」は、想像以上のもっちり感が好評でした。
今回の郷土料理は、まさに北いわてを代表するもの。 こういう機会を通じて、少しでも多くの方に「北いわてのごっつぉ」を知ってもらい、「地元でも食べたい!」って思ってもらえるようになりたいなって、改めて思いました笑い

 当日は、二戸・浄法寺の農産物なども販売しました!
 


奥から順に @赤かぶ漬け  A 雑穀ミックス  B茶豆どん 
この記事のURL
https://blog.canpan.info/jengomadams/archive/38
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
漆器に盛り付けた「北いわてのごつっおぉ」は最高です。これを地元の誇り、自慢にしたいものです。
Posted by:佐々木和博  at 2012年02月01日(Wed) 07:31

プロフィール

北いわてのごっつぉさんの画像
北いわてのごっつぉ
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/jengomadams/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jengomadams/index2_0.xml