CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

聴覚障害学生・支援者研修会 [2012年11月27日(Tue)]
さる10月27日、聴覚障害学生支援プロジェクト室主催で聴覚障害学生・支援者研修会が開催されました。
テーマは「日本の聴覚障害学生支援の現状を知ろう・手話通訳の通訳理論から学ぼう」です。
講師は筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター 准教授をお招きし講演して頂きました。学生支援者20ほどが参加しました。

前半の内容は、全国各大学での聴覚障害学生在籍状況・授業支援などです。最も興味深かったのは、文部科学省が「障がいのある学生の修学支援に関する検討会」を立ち上げたという情報も注目に値します。
そして今、議論されている事は障害者基本法に基づいての法改正はもちろんのこと、分野ごとの重点配分(予算・人員)、各大学の事業に対して合理的配慮のあり方などです。

また、国内と国外の大学を比較してのお話もありました。
ロチェスター工科大学と国立聾工科大学では、運営費の73%が連邦政府の補助金で運営されています。そこでの聴覚障害学生は支援が必要な科目・支援方法など自分でインターネットから申請でき、手厚い支援で素晴らしい体制ができているという事。
そして、手話通訳者に対しての評価システムがあり、通訳者のスキルによって年収が決まるという話しを聞き、通訳者の質の向上のためにも良い考えだと思います。
しかし、日本でこれを取り入れるには中々難しいかもしれませんね。

前半最後には講師自身の学生時代、自分の置かれた環境に働きかける術を持っていなくていつも悩んでいたというお話しもありました。そして、「良い手話通訳者」になるための8か条も紹介して頂きました。
一つご紹介しましょう。「自分の通訳をビデオに撮って100回以上見ること」などなど・・・
この8か条を毎日欠かさず行えば「良い手話通訳者」になる事は間違いないと思いますが・・・
どれだけの人が実践できるかどうか疑問です。(笑)

後半はワークショップ「通訳理論とその実践」というテーマでした。
手話通訳技術とは何か、PC連携入力のプロセス、ノートテイクのスキルアップ方法など盛り沢山でした。
学生支援者たちに実際、音声を聞きながらノートテイクやパソコン通訳をする実践もありました。その内容といえば先日、話題となった京都大学 山中教授がノーベル賞を受賞した「iPS細胞」の話しでした。普段、聞きなれない専門用語が多く、聞いても漢字すら思い浮かばないほど難しいものでした。
何故こういう課題を選んだのかといえば、理解しづらい箇所は自分で調べ、自分の言葉で説明できるような技術を身につけ、それでもなお理解できない箇所は講師・パートナーと確認し自分が納得できるまで最低3〜4時間勉強が必要だとのことでした。
要するに、通訳する前にはきちんと予習しておくことが大事という意味です。

とりあえず、1回目は聞いたものを書いてみよう、打ってみようという事になりました。
当然、みんな手が止まりあっ気にとられた様子でした。
2回目は資料を読んでから実践に入りました。1回目よりも内容が取れた感じです。
3回目に挑戦する前に、自分で分からない箇所はインターネットで調べる時間を設け、自分が理解するまで資料を読み込んでいました。
するとどうでしょう!1回目より意味が取れていて読みやすくなり、見違えるようにすばらしい文章になりました。学生たちは、そこで予習の大切さを痛感したと思います。

研修会は4時間という長い時間でしたが、あっという間に終わったような気がしました。学生支援者も利用者も有意義な一日だったに違いありません。今回の研修は今後の支援の在り方に繋がることでしょう。
皆さん、お疲れ様でした。(H)

























Posted by 社会事業大学PT室 at 11:37 | 企画 | この記事のURL | コメント(0)
手話練習会 [2012年10月03日(Wed)]
支援学生たちは週に2度、自主的に集まりプロジェクト室で手話練習会を開いています。

聴覚障害学生と手話でコミュニケーションを取りたいという志で10数名の参加者が毎回集まっています。部屋の中は女性の学生のパワーでみなぎっています。「男性の学生!負けるな」という感じです。

内容は、入門クラスで聴覚障害学生と共にビデオを見ながら簡単な手話単語から勉強しています。少しづつ手話を身につけていき聴覚障害学生と深く意思疎通ができるよう期待しています。手話練習会にはいつでも、誰でも参加できますので興味のある方は、ぜひ、見学だけでも構わないので一度きてみて下さい。支援学生の中には将来、手話通訳士を目指している人もいます。ガンバレ!応援しています。(H)
Posted by 社会事業大学PT室 at 10:40 | 企画 | この記事のURL | コメント(0)
ノートテイク研修会 [2012年09月17日(Mon)]
夏休みが終わり、後期がいよいよスタートしました。そして、学内にも活気が戻ってきました。

聴覚障害学生にとって授業に欠かせない大切な支援の一つであるノートテイクの初心者研修会が開催されました。初心者、経験者合わせて25名ほど参加しました。聴覚障害者福祉の基礎知識の講義から実際に音声を聞きながらノートテイクの実践、またゲームなど取り入れ、幅広い研修内容でした。最初、参加者は戸惑った様子でしたが、真剣なまなざしで取り組んでいました。その中にも和気あいあいとした雰囲気があり、充実した一日でした。これからの活躍を期待したいと思います。(H)
Posted by 社会事業大学PT室 at 10:16 | 企画 | この記事のURL | コメント(0)
前期講義開始前の顔合わせ [2012年04月06日(Fri)]
円滑な支援のためには、聴覚障害学生と支援者が活動ルールやマナーの共有をすることが欠かせません。そこで、新年度の講義開始前に、聴覚障害学生、支援者、コーディネーターでの顔合わせを行いました。25名以上の学生が参加し、ノートテイク、PCテイク、手話通訳、遠隔PC支援、それぞれの支援について手順や、ルール・マナーについて確認しました。支援当日のトラブルについて迅速に対応できるように連絡方法についても共通認識を図りました。
Posted by 社会事業大学PT室 at 16:55 | 企画 | この記事のURL | コメント(0)
1日集中「ノートテイク・パソコンテイク講座」 [2012年03月26日(Mon)]
3月12日・13日に開催されたノートテイク研修会に参加できなかった学生を対象に、2日間の内容を1日に凝縮した講座を開催しました。今回の講座では今活動中の学生支援者が講師を務め、後輩の指導を一生懸命していました。学生支援者の集団の強さが本学の1つの特徴です!

2012年度は6名の聴覚障害学生が在籍する予定です。そのため、多くのノートテイカー・パソコンテイカーが必要になります。まだまだ支援者が足りません。ノートテイク、パソコンテイク、文字起こしなどの支援者を随時募集していますので、ご興味のある方は聴覚障害学生支援プロジェクト室までご連絡ください。
Posted by 社会事業大学PT室 at 17:00 | 企画 | この記事のURL | コメント(0)
ノートテイク研修会 [2012年03月13日(Tue)]
2012年3月12日(月)13:00-17:00 /13日(火)10:00-16:00

新年度に向けて初心者を対象としたノートテイク研修会を開催しました。
初日は聴覚障害の基礎知識や基本的な書き方から始め、易しめの講義を題材にした練習を行いました。2日目は実践を想定し講義の映像を使用した練習や、パソコンテイクの体験を行いました。また、テイクを行う上でのルール・マナーについてもグループディスカッションをし、現場で起こりうる状況を想定した活発な話し合いがありました。ノートテイク、パソコンテイクをやってみたい方はいつでも歓迎です。
なお、この2日間は日本遠隔コミュニケーション支援協会(NCK)さんにご協力いただき、離れた場所から文字通訳を行う遠隔文字通訳で情報保障を行いました。新年度はこの方法で一部の授業の支援を行っていきます。
Posted by 社会事業大学PT室 at 17:00 | 企画 | この記事のURL | コメント(0)
第7回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム参加 [2011年11月06日(Sun)]
第7回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウムがつくば国際会議場にて開催され、支援に関わっている学生を中心に10名の学生と参加してきました。

メインは、お昼休みに行われるランチセッションです。ここでは聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテストが行われ、学生の日々の取り組みを発表する檜舞台です。STTメンバーが中心となり日頃の取り組みについて発表しました。惜しくも賞からは外れましたが社大の現在の活動を全国にアピールする良い機会になりました。

以下、参加した学生の感想です。

「聴覚障害学生支援に関わる他大学の学生と情報交換ができてこれからの支援の参考になった。他大学で行っていることを社大にも取り入れたい。」「PEPNet-Japan賞が取れなくて残念だった。来年頑張る!」

奨励賞の写真.png

Posted by 社会事業大学PT室 at 16:04 | 企画 | この記事のURL | コメント(0)
ノートテイク練習会 第1回 [2011年10月20日(Thu)]
STT(Supporters Training Team)の学生が企画・運営し、後期第1回目のノートテイク練習会が行われました。内容は授業を収録したDVDを見ながらノートテイクをしたあと、各自のノートをOHCを使い壁に映し出し、それぞれの良いところや改善点を議論しました。要約方法を中心に話し合い、意見も多数出て盛り上がりました。実際にテイクに入っている学生の参加もあったため、次回からはより実践的なペアで行うトレーニングも行えるようにしていく予定です。

「今回の目的として、テイカー個人個人が意見をどんどん言えるような空間を作るということを頑張ろうと思い取り組みました。参加者の数は少なかったですが、その分、発言しやすい空間を作りやすかったと思っています。この調子で続けていけば、皆からの意見も蓄積されてテイクの問題点などもはっきりするのではないかと思います。」(STTメンバー)

Posted by 社会事業大学PT室 at 15:52 | 企画 | この記事のURL | コメント(0)
後期テイカ―反省会開催 [2011年10月11日(Tue)]
お昼休みの時間を利用して反省会を行いました。

支援に入っている学生からたくさんの意見が出されました。ノートテイクの支援から始めた学生と、PCテイクから始めた人とでは要約の仕方が違うなどの意見もありました。始めた時期や研修会に参加した頻度によって、技術にばらつきが出てしまうため、今後は定期的に勉強会を開催し技術を磨いていくことを確認しました。

テイカ―反省会写真.png
Posted by 社会事業大学PT室 at 15:33 | 企画 | この記事のURL | コメント(0)
オープンキャンパス開催 [2011年08月10日(Wed)]
日本社会事業大学のオープンキャンパスでは、大学概要や入試概要の説明の他、模擬講義や模擬演習、社大OB・OGからの仕事のお話、在学生からの合格体験、キャンパスツアー、寮見学などが行われています。

今回(8月6日)のオープンキャンパスでは、全ての企画に手話通訳・文字通訳を付け、「大学に行こう!オープンキャンパス〜ろう・難聴学生スペシャルデー」として開催しました。通常の企画に加え、聴覚障害者大学教育支援プロジェクトや支援サービスについての説明、在学生体験談、個別相談会なども行いました。その中の目玉の一つとして、ろうの翻訳家、佐野正信氏による模擬授業、「映画のタイトルで英語を学ぶ」が開催されました。『ローマの休日』『マイ・フェア・レディ』などの作品を取り上げてタイトルに込められた歴史的な意味なども教えてくださいました。その後は、特別支援学校の教員になられた社大卒業生から体験談を伺いました。

佐野正信先生の講義は、文京キャンパスで開講している「手話による教養大学」でも受講可能です。学外者も受講することができますので、ぜひお申し込みください。

オープンキャンパス事前申し込みは社事大HPから。
http://www.jcsw.ac.jp/enter/opencampus.html#octop
Posted by 社会事業大学PT室 at 16:57 | 企画 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ