CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年01月 | Main | 2018年03月»
24FEB2018 大学生、思いの根っこは、(あ)も同じ [2018年02月24日(Sat)]
みなさんこんにちわ、きぼうときずな活動報告の(あ)です。

今週はあちこちに車で出かけておりました。
まずは18(日)「新しい東北」交流会@仙台国際センターに行ってきました。
IMG_1418.jpg

駅前には、羽生くん、荒川さんのパネルです。
羽生くんの連続金メダル前でしたが、なんか縁起が良いです。
IMG_1422.jpg

お目当ては「NPO と学生がつながろう!~持続可能なコミュニティ支援活動のために~」。
IMG_1419.jpg

IMG_1420.jpg

先日岩沼市でご協力いただいた、東北大の福興youthの皆さんと関係の深いSCRUMさん、
いわき明星大のNGAさんのお話が目当てです。
今後の活動でご一緒できるように、まずは計画立案頑張ります!


合わせて、「新しい東北」復興・創生顕彰式がありました。
IMG_1427.jpg

今年度ご一緒させていただいたNPO法人ザ・ピープルさん、
きぼうときずな初年度活動と縁の深いNPO法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会さん、
受賞おめでとうございます!!

ザ・ピープルさんはブースを出していたので、ささやかな応援ということで購入です。
IMG_1468.jpg
(あ)にぴったりの青系の手ぬぐいを選んでいただきました!


22日(木)は、元気アップ教室@富岡町学びの森で、睡眠と健康についての講話をセッティングさせていただきました。

IMG_1446.jpg

IMG_1467.jpg

回を追うごとに参加者が増えていて、今回は23名の方が参加です。
写真からも伝わるように、この場所から富岡町の元気が生まれてきています。

今回お話いただいた、日本眠育普及協会の橋爪あきさんと、きぼうときずなスタッフの看護師さんと(あ)の記念写真。
相場さんと白土さんと1.JPG

寝ている時間は起きている時間と同じくらい、我々の健康にとって大切な時間。
仕事を理由に寝不足気味な(あ)ですが、仕事の成果を高めることを優先するなら、眠りの時間も重要です。
眠りの素晴らしさを住民の皆さんに伝えるためにも、まずは自ら実践して行きます!

〜まとめ〜
学生ボランティアさんの活動では、支援が多すぎると、住民の自立を妨げる可能性がありますし、
健康の専門家による啓発活動では、住民自身の行動変容にターゲットを絞らないと、ただやるだけになってしまいます。
ちょっと違うようで、根っこは同じと思いますのでお互い切磋琢磨ですね。