CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«25APR2019 PJMを習慣づけるpt.番外 | Main | 03MAY2019 PJMを習慣づけるpt.8»
27APR2019 PJMを習慣づけるpt.7 [2019年04月27日(Sat)]
みなさんこんにちわ、(あ)です。

本日から長期休暇に入っている方。
カレンダーの赤字にに惑わされずにお仕事されている方。
さまざまな状況の方がいらっしゃると思います。

休みが長いと、いざ仕事モードに入りにくかったり。
休みが短いと、お疲れモードが取れなかったり。
物事は常に多面的に見ていかないと、本質を捉えそこねてしまいます。

(あ)は絶賛、休日出勤を兼ねてブログ更新しております。
これは、仕事なのか、それとも自己研鑽というプライベート活動なのか。
そいういう視点で考えてしまうと、切なさがこみ上げてしまいそうなので、
仕事もプライベートも「人生」という枠組みに入れてしまうことにしています。

というわけで、毎日が人生活動です!

===
前々回、WBS作成にあたって、要素をどれだけ細かく分ければよいか、というお話でした。

集中力の持続、で検索してみますと、
・ポモドーロテクニック的にな25分単位
・サーカディアンリズム的な15,45,90分の法則
・脳は測定から得られたデータの8秒(金魚は9秒)
・仕事はうかつに始めるな、の1日あたり4時間
あたりが出てきます。

また、記憶できる項目数、で検索してみますと、
・マジカルナンバーの7(±2)
・真のマジカルナンバー4
・Steve Jobs氏の3の法則
あたりが出てきます。

ざっくり調べただけだと、根拠となるデータや論理まで見ていないので、
どれが正しいのか、間違いなのか、どれを信じれば良いのかよくわかりませんね。

(あ)としては、どの数値が正しいのか間違いなのか、はこの際切り捨てることにしました。
ざっくりと、
集中力はそんなに長く続かない
一度にたくさん覚えられない
というところがポイントだと思います。

そしてここまで来ると、WBS作成における項目の分け方を考えるにあたって、
集中力や記憶力などは、キーワードとして不適当だと感じました。

PJMを”継続”させることを焦点に置いているのですから、
一日で頑張りすぎて次の日に反動が出たり、逆に何にもしない日があったりするのが一番NG。

自分のペースに忠実に進めていけること、が最重要と思うわけです。
周囲の状況によって多少の変動は起こってしまいますが、できるだけペースを守る。
そのためには、
「今日は〜〜〜プロジェクトのしごとを〇〇個やったぞ、満足じゃ!」
ということを、毎日続けて行ければ良いと思うからです。

というわけで、本当に探るべきは「達成したタスクの個数」と「満足度」の関係ではなかろうか。

明日はこっちからアプローチしてみます!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント