CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«27SEP2018 夏が過ぎ、頭を丸めて、再出発 | Main | 05OCT2018 本質を、理解しなけりゃ、伝えられん»
30SEP2018 読んだ本、出会った言葉に、感謝する [2018年09月30日(Sun)]
みなさんこんにちわ、きぼうときずな活動報告の(あ)です。

前回からの予告どおり、更新頻度を増やしていくことにいたします。
継続のためには、生活の中に取り込んで、いかに習慣化するかが鍵ですね。
さあ頑張って参りましょう!

===
28日(金)は、健康相談@久之浜東団地集会所(福島県いわき市)でした。

IMG_2012.jpg

IMG_2009.jpg


当日は「はまなすコンサート」とのコラボレーションで、
クラリネット、ピアノ、打楽器の三重奏の前に、集まった住民の皆様の健康相談です。

同団地内で初めて参加する方、近隣住民の方の参加もあり、
年度当初の頃よりも参加者が増えているように感じております。

===
前回から今回までに読んだ本です。
IMG_2002.jpg

自分の小さな「箱」から脱出する方法 by アービンジャー・インスティチュート

友人から、「今の(あ)は、まさに箱に入っている状態だよ」との言葉をもらいつつ、
紹介してもらった一冊です。

「箱」の中に入っている
→自分のことを特別な存在だと思い、周囲の人をないがしろにしてしまう状態。
→周りで起きている問題を、他人のせいにしてしまっている状態。
→状況が良くない方向に進み、問題が解決していかない。

「箱」の中に入ってしまうプロセス
→相手のために何かしよう!、と感じたことを行わない、自分への裏切り行為をすること。

「箱」の外に出るためには
→相手のために何かをする、その状態を維持すること。

ということを、ストーリー形式でわかりやすく書かれていました。


このブログも、箱から出る一つの手段かもしれませんね。

===
あと今週出会った大切な言葉。
「仕事は下手がいい」

刀匠の河内國平さんが、大切にしている言葉だそうです。

下手だから、ミスしないように一生懸命取り組む。
下手だから、驕ることなく真摯に取り組む。
下手だから、他の仕事に目移りせずに、ずっと続けられる。

(あ)は、その言葉をそんなふうに感じました。


下手だから悲しむことはありません。
勇気をくれる、温かい言葉です。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント