CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«10MAR2018 また一つ、大きくなって、迎える明日 | Main | 24MAR2018 快眠で、フラグへし折る、年度末»
18MAR2018 今だから、黙祷と共に、約束す [2018年03月18日(Sun)]
皆さんこんにちわ、きぼうときずな活動報告の(あ)です。

土曜日更新に間に合いませんでした。。。
でも、多少のズレも修正すれば良い、と考えることが継続のコツだと信じ込んで乗り切ります!

11日(日)は、富岡町の慰霊祭に同席させていただきました。
きぼうときずなに関わるようになって6年。
今までで一番、14:46の1分間が長かったように思います。

亡くなられた方々に直接できることはありません。
ですので、残されたご家族、ご友人、地域の皆様の健康を支えることで、
亡くなられた方々が安心して休めるよう、お約束いたしました。


当日は富岡ホテルに宿泊しており、朝はJR富岡駅と周辺を散歩しました。

IMG_1538.jpg
現在、常磐線は富岡駅まで到着できる状態です。

IMG_1535.jpg
IMG_1533.jpg
(あ)は以前の富岡駅周辺の風景を知りません。
どう変わったのかはわからないのですが、明らかに通常ではない風景です。

自分にできることを、できる範囲でやっていく。
それを積み重ねて、一人一人が安心して生活できるように。
お節介なお手伝い、続けます。


間が空いて17日(土)は、ファンドレイジング日本2018に行ってきました。
日本ファンドレイジング協会が主催する、ファンドレイジングの祭典です。

有資格者(認定ファンドレイザー、准認定ファンドレイザー)は現在999名とのこと。
(あ)も昨年仲間入りしましたが、記念となる1000番目になる人にちょっと嫉妬です。笑

IMG_1547.jpg
IMG_1548.jpg
オープニングセッションでは、6名の登壇者によるセッションがありました。
そしてその内容が、こんなかっこよくグラフィックレコーディングされてました。
記録としてめっちゃステキ、と触発されたので、これからのノート取りに導入です。


IMG_1546.jpg
セッション「Best Practice of the Global Fundraising Methods and Fundraisers」by Daryl Upsall
最後の方のスライドのお言葉です。
訳すなら、"独りでいるうちは、不可能に思える"でしょうか。

今の(あ)には、とても刺さるお言葉でした。


そして夕方は、東京大学家族看護教室の同窓会へ。
学生の頃、家族ってなんなのかよくわかりませんでした。
今でもそれほどよくわからないです。
けれど、上の言葉の”独り”と対比できるんじゃないかと考えています。

年度末の仕事に追われて目の前のことしか見えていなかったのですが、
その先の目指すところを、心に思い描く週末です。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント