CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«03MAR2018 気づいたら、三月だったよ、めまぐるし | Main | 18MAR2018 今だから、黙祷と共に、約束す»
10MAR2018 また一つ、大きくなって、迎える明日 [2018年03月10日(Sat)]
みなさんこんにちわ、きぼうときずな活動報告の(あ)です。

先週に引き続き今週も慌ただしく過ごしております。
前回と違って、休暇報告ができない状況でございます。

7日(水)は、介護者リフレッシュの集い@中根の湯で、リラックスと睡眠についてお話しました。

IMG_1008.JPG
参加された方々は、いわき市遠野地区に住んでいらっしゃる、家族を介護されている皆さん。
大変なことの生活の中で、少しでもリラックスして過ごせるようお話させていただきました。

最近仕入れた、マザーテレサの言葉。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

これを最後にお伝えして、どんなに大変な状況にあっても「自分はリラックスできる」「ぐっすり眠れる」と考えることの大切をお伝えしました。

IMG_1018.JPG
お話の後には、遠野フラダンスサークルの皆さんのフラダンスを鑑賞です。

8日の午前は、健康相談@薄磯団地で、血圧測定と健康相談のお手伝い。
この会の中では、地域の薬剤師さんによる「お薬の話」がありました。

IMG_1511.jpg
薬剤師さんは薄磯出身ということもあり、地元トークで盛り上がったり、
皆さんお薬手帳を持参して、活発に質問されていたのが印象的でした。

8日の午後は、浜◯カフェ@作町東団地で、ひっそりと血圧測定と健康相談をしてきました。
主催は浄土真宗浜通り青年部会さんということもあり、本業の説法の時間もありました。

IMG_1513.jpg
IMG_1514.jpg
震災以降、ずっと継続的に開催されている浜◯カフェですが、住民の方から説法を聞きたいというリクエストが出てきたのです。
今までは、説法を聞く気持ちの準備ができていなかったところですが、次のフェーズに入っていることを感じました。


9日は、ふれあいカフェ@永崎団地で、ひっそりと血圧測定と健康相談をしてきました。

IMG_1517.jpg
いわき明星大学、明星大学(東京都日野市)、東北大学の合同ボランティアによる企画です。
総勢40名以上の学生さんたちと、30名の永崎団地、下神白団地の住民の皆さんで、会場はとても賑やか。

IMG_1521.jpg
いわき明星大学のフラダンス愛好会によるフラダンスショーです。
1週間で2つのフラダンスを見るということは、いわき市の象徴ですね。


そして本日10日は、富岡あんしんプロジェクト@さくらモールとみおかです。
(あ)は皆さんへの結果説明と健康相談を担当、全29名の方に個別にお話させていただきました。

IMG_1531.jpg
今回ボランティアとして協力してくれた、東北大学福興youth、中央大学の学生さんの5名です。
差し出がましくも、住民の方との接し方のヒントを伝えたりしましたが、伝えることで自分の考えていることを再確認する機会になりました。

自身の健康チェックを受けるということは、自分自身の状態を知ることであり、興味もありますが不安も付きまといます。
不安が強くなりすぎると、健康チェックを受けるということ自体と負の感情が繋がってしまい、今後の行動に悪影響を与えかねません。
いかに不安を少なくした状態で、チェックを受ける経験を得ていただくか。

1)接する側が余裕を持って笑顔を絶やさないこと
2)健康チェックでどういう体験をすることになるのかを事前に説明しておくこと
3)しっかりとフォローする体制があることを伝えること

(あ)は、この三点を大切に思って活動していることに気づかされました。
学生さんと話しているときに、ちょっと涙ぐんだのは内緒です。。。

ある住民の方から、「みんな笑顔でいてくれて、抱きしめたくなっちゃった」とお言葉いただき、とても嬉しかったです。
住民の皆さん、学生さんありがとうございます!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント