• もっと見る

2007年07月28日

韓国文化遺産スタディツアー(北中部編)のご案内

当機構では、文化財の修復活動や人材の養成を行うほか、一般社会に文化財保存の大切さを理解していただくため、毎年専門家講師が同行して、海外各地の文化遺産、歴史遺産の保存修復現場を見学するスタディツアーを開催しています。

今年は日本と地理的、歴史的、文化的に最も関係の深い国「韓国」の文化遺産とその保護状況を知る旅を企画しました。
現在韓国の文化遺産の保存研究と若手研究者の養成を精力的に行っている沢田正昭先生(国士舘大学アジア21世紀学部教授)、韓国出身の保存科学専門家 張大石先生(東北芸術工化大学准教授)、石造文化財保存の専門家の西浦忠輝先生(国士舘大学イラク古代学研究所教授)が同行し、一般旅行者には決して入れない遺跡の修復現場や、博物館の舞台裏を訪問します。
もちろん、景福宮・昌徳宮 など観光スポットも豊富ですので、文化遺産に関心のない方でも充分楽しめます。
また、最終日を除いて全食事つき。現地スタッフが厳選したお食事どころでの韓国料理が楽しめます。

●概要
主催
NPO法人 文化財保存支援機構
後援
韓国文化財保存科学会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会、日本イコモス国内委員会
日程
9月15日(土)〜18日(火)3泊4日
定員
30名(先着順;定員になり次第締め切ります。)
参加資格
大学生以上で興味のある人ならどなたでも
●スケジュール
【9/15(土)】
午前:成田、関空、名古屋、福岡その他 出発 ソウル着
午後:景福宮、世界遺産・昌徳宮 等 (ソウル泊)
【9/16(日)】
午前:ソウル発 水原着 世界遺産・華城、民俗村 <昼食>
午後:京畿道立博物館 夕刻:大田着(大田温泉泊)
【9/17(月)】
午前:文化財研究所 (本ツアーのための特別見学)<昼食>
午後:大田発 公州着 公州国立博物館 (本ツアーのために特別開館)武寧王陵 公州発 夕刻: ソウル着 (ソウル泊)
【9/18(火)】
午前:韓国国立中央博物館(含 保存修復ラボ 特別見学)<昼食>
午後:三星美術館、ソウル市内散策
夕刻:ソウル発
夜: 成田、関空、名古屋、福岡 その他 到着
●参加費
一般:143,000円 / 後援団体会員:140,000円 /NPO・JCP会員:137,000円
福岡発着は−10,000円、名古屋発着は+5,000円(その他地方空港はご相談ください)
料金には、航空運賃・宿泊費・食事代(最終日の昼/飲み物代は除く)・韓国内移動費・入場料・空港使用料等諸経費すべてを含みます。(電話、クリーニング代など個人的経費は除く。)
1人部屋追加料金:15,000円<通常は2人部屋>
※現地参加は−70,000円
申込・問合:NPO法人文化財保存支援機構事務局(担当;八木/松本)
TEL:03-6770-1682FAX:03-6770-1683
E-mail:jimukyoku@jcpnpo.org
URL:www.jcpnpo.org
posted by JCP at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)