• もっと見る

2007年10月05日

NPOJCP第18回月例交流会「油彩画修復の変遷 〜一修復家の視点から見た過去・現在・そしてこれから〜」

■講師:山領まり氏(絵画修復家/山領絵画修復工房主宰 /NPOJCP専門評価委員/文化財保存修復学会監事)

■内容: 文化財の修復技術は、長い歴史の中で試行錯誤を重ねながら、修復技術者の倫理観に支えられ、現在まで貴重な美術品を伝えてきました。
現在ではオリジナリティの保存という観点から、『予防的保存』という考え方にまで至っています。
そうした理念の変遷の中、修復技術者はどのように仕事と向かい合ってきたのでしょうか?
今回は油彩画修復にスポットを当て、修復家の山領まり先生に、これまでの取り組みをご講演いただくと共に、現在油彩画修復に何が求められているのか?
そのあるべき姿を語っていただきます。
講義の後半はディスカッション形式で、皆様の現場の声もお聞きしたいと思っています。


■日時:2007年10月27日(土曜日)    
     午後2時00分〜4時30分(13:30受付開始)
  
■会場:台東区生涯学習センター 504教育研修室 (東京都台東区西浅草3-25-16 TEL:03-5246-5827 )
【交通アクセス】 ・JR山手線・京浜東北線「鶯谷駅」南口 徒歩約15分
          ・地下鉄 日比谷線「入谷駅」1番出口 徒歩8分
          ・つくばエクスプレス「浅草駅」A2出口 徒歩5分

■参加費:会員;2,000円 非会員;3,000円

■ お申込み・お問合せ:メール(jimukyoku@jcpnpo.org)/ 電話03-6770-1682/FAX:03-6770-1683まで。
               お名前、連絡先、人数をお知らせください。
               担当者:松本、八木
☆定員50名。定員に達した場合はお断りすることもございます。お申し込みはなるべくお早めにお願いいたします。
posted by JCP at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | news
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック