CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年03月28日

東北関東大震災について〜三輪嘉六理事長から会員、関係者の皆様へのメッセージ〜

平成23年3月14日

NPO法人 文化財保存支援機構 
会員、関係者の皆様へ



 平素より、当機構の活動にご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。

 このたびの未曾有の災害に際し、被害を受けられた方々に、衷心よりお見舞い申し上げます。


 当機構は被災文化財の救援を活動目的のひとつに掲げており、すでに何名かの会員から協力のお申し出を頂いております。

 しかし原発の事故などもおきており、現在は軽々には現場に近寄れない状態が続いております。また余震も多発しています。まずは身の安全を第一に考え、被災地の方々は避難を最優先してください。


 現状を鑑み、一人でも多くの人命の救助を優先し、今後関係諸機関とも連携して、協力できることがあれば対応していきたいと思っております。具体的には、ボランティア情報の発信、募金窓口のご案内、現場の状況の情報収集などです。

 現場に近い会員の皆様には、特に文化財の被災状況につきましてお知らせ下さい。
保存や修復についてレスキューを含めた支援や協力をお願いしたいと考えております。


 今後も全国の会員が被災地を見守っておりますので、被害に遭われた方々は、是非心を強く持って、生活の建て直しに取り組んでください。

 取り急ぎ、被災者の方々へのお見舞いと、会員の皆様へのお願いを申し上げます。


posted by JCP at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | news
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック