• もっと見る

2007年11月13日

NPO JCP 第19回月例交流会「文化財と保存材料〜その考え方〜」

■講 師 : 増 田 勝 彦 氏 
       (昭和女子大学大学院 生活機構研究科 教授)
  
■内容
文化財を将来に伝えていくためには、技術のみならず、保存材料選択に対する正しい判断力が必要です。なぜなら使用する材料によっては、かえって文化財の材質に変化を与え、時には取り返しのつかないダメージを与えることがあるからです。では、現在文化財の修理では、どのような材料が選択され、どのような材料が使用されていないのでしょうか。その理由は?もう一度基本に戻って、考えてみませんか?
今回は紙本修復技術の専門家 増田勝彦 先生に保存材料の安全性とリスクについてレクチャーしていただきます。


■日 時 : 2007年12月 8日(土)
       午後6時00分〜午後9時00分 (17:45 受付開始)


  

■会 場 : 東京しごとセンター 第二セミナー室
              (千代田区飯田橋3−10−3)
           【交通アクセス】
            ・JR飯田橋駅 東口より 徒歩7分
            ・東京メトロ 飯田橋駅  A2出口より 徒歩7分
                          /A5出口より 徒歩6分
            ・JR水道橋駅 西口より 徒歩8分

  
■参加費 : 会員・学生 2,000円   非会員 3,000円

     
     □お申込・お問い合わせ□  
     NPO法人 文化財保存支援機構 事務局
                  担当: 松本、八木
      メール jimukyoku@jcpnpo.org
      電話  03−6770−1682
      FAX  03−6770−1683
      ※お申込の際には、お名前・ご連絡先・人数をお知らせ下さい。

   ☆定員は50名様とさせていただきます。
     定員に達した場合はお断りすることもございますので、お申込はお早めにお願いいたします。 
posted by JCP at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | news
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック