CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
コメント
https://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
8議席確保し9議席へー宮城県議選告示まで一週間 [2019年10月11日(Fri)]

 前回4議席から8議席へと日本共産党が大きく躍進した宮城県議選(定数59)が18日告示(27日投票)されます。
日本共産党は、現有8議席を絶対確保し、9議席を目指します。

 挑むのは、仙台市青葉区(定数7)=金田もとる、太白区(5)=角野達也、泉区(5)=中嶋れん、宮城野区(4)=大内まり、若林区(3)=福島かずえ、塩釜(2)=天下みゆき、石巻・牡鹿(5)=三浦かずとし、大崎(4)=内藤たかじの各元職候補に加え、多賀城・七ヶ浜(2)=藤原ますえい、の各候補です。
倍加した党県議団は、子どもの医療費助成を42年ぶりに拡充するなど、多くの実績を挙げました。
超党派でつくる「脱原発宮城県議の会」の発足、市民と野党の共闘を前進、参院選での統一候補の勝利などに力を発揮しました。

 県の財政力は全国13位なのに、暮らしの指標は多くが全国最低水準。
県民に冷たい村井嘉浩県政を支える自民・公明党は、11万県民が求めた女川原発再稼働の是非を問う県民投票条例案を否決し、水道民営化も賛成です。
この勢力の拡大を許すのか、共産党を伸ばし「復興と暮らし優先」の県政に切り替えるのかーが大きな焦点です。

 自民党は、仙台市の太白区や泉区などで議席増を狙い、立憲民主党も6人(推薦・交代含む)の新人をようろつするなど激しいたたかいになっています。

 日本共産党は復興、若者・子育て支援、社会保障・医療支援などの「くらしに希望の7つのプラン」と「命を守る2つのノー」(原発再稼働・水道民営化)を掲げ、奮闘しています。

(しんぶん赤旗 2019年10月11日(金曜日)付)


kengisen.jpeg
市民連合@みやぎが3項目で26候補と政策協定ー宮城県議選 [2019年10月11日(Fri)]

 「市民と野党の共闘で政治を変える市民連合@みやぎ」は7日、県庁内で記者会見し、県議選(18日告示、27日投票)に向け、26人の候補者と政策協定を結んだことを発表しました。

 政策協定は、
@女川原発2号機再稼働の是非を問う県民投票の実現を目指す
A拙速な「水道民営化(みやぎ型管理運営方式導入)」に反対する
B阿部9条改憲に反対する
の3項目です。

 協定を結んだ候補者は、日本共産党の9候補をはじめ、立憲民主党、国民民主党、社民党、無所属の候補者です。
市民連合@みやぎは、政策協定の内容と候補者の顔写真入りのビラをつくり、必勝ポスターとともに各候補に届け、勝利に向け、連携した活動を進める予定です。


siminrengou1.jpeg

siminrengou1 1.jpeg

(しんぶん赤旗2019年10月11日(金曜日)付)
この間の選挙の結果について [2019年10月05日(Sat)]

仙台市議選挙
さがさだ子【現】、すげの直子【現】、ふるくぼ和子【現】、高見のり子【現】、庄司あかり【現】、たかむら直也【新】の6名が当選、花木のりあき【現】、松井秀明【新】が落選しました。
8議席を目指してたたかいましたが、改選前の6議席維持となりました。


塩釜市長選挙
阿部すすむ【新】は2738票で及びませんでした。

塩釜市議選挙
曽我ミヨ【現】、伊勢よしのり【現】、こだか洋【現】とともに辻畑めぐみ【新】が当選し、1議席増となりました。

富谷市議選挙
藤原しゅん【現】、わたなべ清美【新】が当選し、改選前議席を維持しました。

利府町議選挙
土村秀俊【現】、木村のりお【現】、安田ともみ【現】が当選、議席を維持しました。

七ヶ浜町議選挙
歌川わたる【現】、木村みのる【現】が当選、議席を維持しました。

多賀城市議選挙
佐藤恵子【現】、戸津川はるみ【現】、中田定行【現】、遠藤あきお【新】が当選し、議席を維持しました。

村田町議選挙
橋まさる【現】が落選、空白となりました。

角田市議選挙
日下七郎【現】、八島定雄【現】が当選、議席を維持しました。

大郷町義選挙
千葉勇治【現】が当選、議席を維持しました。

白石市議選挙
佐藤たつひこ【現】が当選、議席を維持しました。

以上