CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年06月 | Main | 2019年08月»
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
コメント
https://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
「市民連合@みやぎ」が野党統一候補・石垣のりこ氏と結んだ政策協定の全文 [2019年07月04日(Thu)]

■「市民連合@みやぎ」が野党統一候補・石垣のりこ氏と結んだ政策協定の全文を紹介します

市民と野党の共闘で政治を変える市民連合みやぎ 政策要望書

 
来る参議院選挙において、以下の政策を掲げ、その実現に努めるよう要望します。
政治を変える!今、ここから 誰もが大切にされる政治へ
@ 安倍政権が進めようとしている憲法「改定」とりわけ第9条「改定」に反対し、改憲  発議そのものをさせないために全力を尽くします。また膨張する防衛予算、防衛装備については、憲法9条の理念に照らし、大幅に抑制します。
A 安保法制、共謀罪法など安倍政権が成立させた立憲主義に反する諸法律を廃止します。
B 2019年10月に予定されている消費税率引き上げを中止し、現状の所得、資産、法人の各分野における不公平税制の是正を図ります。
C 福島第一原発事故の検証・実効性ある避難計画の策定・県民投票による県民の意向確認のないままの女川原発再稼働を認めません。再生可能エネルギーを中心とした新しいエネルギー政策を確立し、原発ゼロ社会を目指します。
D 沖縄県名護市辺野古における新基地建設・埋め立て工事を直ちに中止し、自然環境の回復を図ります。普天間基地の早期返還を実現し、撤去を進めます。
E 日米地位協定を改定し、沖縄県民の人権を守ります。
F 3.11から8年。国が最後まで、東日本大震災の被災者の生活と生業の再建と被災地の復興に責任を果たすことを求めます。東日本大震災の痛苦の教訓を生かし、被災者支援制度の抜本的な強化を図ります。
G 子どもの貧困、教育格差の是正のために、保育士の待遇改善、潜在的待機児童の解消、高校授業料の完全無償化、給付型奨学金制度の拡充、高額な大学学費の改善などの子育て施策・教育施策を進めます。
H 若者をはじめ働く人たちが希望の持てる将来像を描けるよう、最低賃金の全国一律化と大幅引き上げ(1500円の実現を目指す)、8時間働けば暮らせるルールの確立、非正規労働者に対する待遇差別の禁止などの施策を進め、貧困・格差の解消を目指します。
I 高齢者をはじめあらゆる世代のセーフティネット強化のために、国民健康保険料の軽減、医療費自己負担の軽減、介護・福祉労働者の労働条件の改善、医師・看護師の偏在解消等による地域医療の拡充、安心して暮らせる社会保障制度の確立を進めます。
J 安全安心な食の生産とともに、水資源や景観・自然環境の保全、防災機能などの農林水産業の多面的な価値を認め、持続的安定的な発展を図ります。種子法を復活し、家族農業を守り担い手を育てる施策を進めます。
K 多様性を認め合い共生する社会を目指し、LGBTsに対する差別解消施策、日本で暮らす外国人の権利保障、障がい者の教育・雇用・生活の保障を前進させます。女性に対する雇用差別や賃金格差を撤廃し、選択的夫婦別姓、議員男女同数化(パリテ)を実現します。
L 国民の知る権利を守るために、放送事業者の監督を独立行政委員会が行うなど法制度を整備し、報道の自由と公正確保します。
M 森友学園・加計学園及び南スーダン日報隠蔽の疑惑を徹底究明します。毎月勤労統計調査の虚偽など、行政における情報操作・捏造の全体像を究明するとともに、高度プロフェッショナル制度など虚偽のデータに基づいて作られた法律を廃止します。
                                
2019年6月1日

共産党県委員会と立憲民主党県連、石垣のりこ候補が5月31日に調印した政策合意の全文 [2019年07月04日(Thu)]

■共産党県委員会と立憲民主党県連、石垣のりこ候補が5月31日に調印した政策合意の全文を紹介します。

  
 覚書


 日本共産党宮城県委員会と立憲民主党宮城県連合、参議院議員選挙予定候補者・石垣のりこ氏は、第25回参議院議員選挙に関して、右記の政策課題について合意する。
 協定の締結に基づき、日本共産党宮城県委員会は、宮城選挙区において石垣のりこ氏の当選に向けて全力を尽くす。
 立憲民主党宮城県連合、石垣のりこ氏は右記項目の実現にむけ全力を上げる。
 なお、本覚書は3通作成し、日本共産党宮城県委員会、立憲民主党宮城県連合、石垣のりこ氏が署名捺印し、それぞれ一通ずつ保管する。
   
   

安倍政権の打倒、安倍内閣による憲法改悪に反対し、9条改憲阻止、安保法制の廃止に全力を上げます。
消費税増税を中止し、不公平税制の抜本改革で社会保障の拡大を進めます。
第一次産業を守り、輸出主導から内需主導の経済への転換で国民生活の向上を図ります。
原発再稼働に反対するとともに、原発ゼロを目指し再生可能エネルギーの促進を図ります。
民意を踏みにじって進められる沖縄の米軍辺野古新基地建設に反対します。
                  
            2019年5月31日
                     日本共産党宮城県委員会  中島康博
                     立憲民主党宮城県連合   岡本あき子
                     参議院議員選挙予定候補者 石垣のりこ