CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年05月 | Main | 2018年07月»
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コメント
https://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
前代未聞 民主主義破壊の暴挙に市民から怒りの声! [2018年06月27日(Wed)]

仙台市議会 共産党 花木市議に自公などが懲罰動議を強行可決
  前代未聞 民主主義破壊の暴挙に市民から怒りの声!    
  共産、社民、アメニティー仙台が団結して反対の論陣 断固たたかう


G13日記者会見する党仙台市議団.JPG


 13日の仙台市議会本会議で、自民、公明などが日本共産党の花木則彰議員に対する懲罰動議を強行に可決し、花木議員に対して議会が作成した陳謝文を読み上げさせました。
正当な理由なく議員に懲罰を科すという、仙台市議会史上かつてない民主主義破壊の暴挙です。
これに対し、郡和子市政の与党である共産、社民、アメニティー仙台(旧民主系会派)は、「民主主義破壊の暴挙だ」と結束。
3会派は反対討論し、採決に反対しました。



 今回の件は、2月27日の市議会予算委員会で、自民党のわたなべ拓市議(太白区)が、共産党を「暴力革命政党」だと決めつけ市長に異常な質問を繰り返したことが発端。
花木市議による議事進行動議、のちの共産、社民によるわたなべ市議への懲罰動議提出に対抗、自公などが理由をこじつけ花木市議に対する懲罰動議を提出、強行したものです。

議会終了後、共産党市議団は、「不当懲罰だ」と抗議の記者会見を開きました。



 
 本会議では、多くの市民が傍聴席で見守るなか、花木議員が「私に陳謝文を読み上げさせることはできても、私の内心を変えることはできない」と弁明申し立て。
「議会のルールにのっとっており懲罰を科す理由がない」と主張しました。


 反対討論に立った共産党のふるくぼ和子市議は、「花木議員が質問を妨げておらず、内容も問題ないことは、懲罰委員会で録画等を確認して明白。
結局、花木議員に懲罰を科すことが目的だ」と批判。
「可決することは議会の民主主義破壊であり、歴史に大きな禍根を残す」と否決を求めました。


 社民党の相沢和紀市議は「懲罰委員会で花木議員に問題がないことが明らかになったが懲罰が可決された」「数の力で白を黒とすることは断じて許されない」と取り下げを要求。
アメニティー仙台の村上一彦市議は「これまでの事例とどう違うのか発議者に聞いたが示されず」「気に入らなければ懲罰。とても民主国家で起きていることとは思えない」と反対しました。
自民党は賛成討論に立たず、公明党の佐藤幸雄市議が簡単な討論を行いました。



【参考】8日の懲罰特別委員会は、夕方5時から深夜1時過ぎまで及ぶ異例の事態。
動議提出議員11人の代表の自民・菊地崇良市議に、共産・すげの直子市議や社民・小山勇朗市議が、懲罰動議の提出経過を確認すると答えられず。
また当日のビデオと録音を全員で視聴すると懲罰理由の事実は確認されず。
すげの議員は「数の力が正義となる怖い状況」「正規の議事進行動議への懲罰こそ言論封殺」と否決を強く求めましたが、最終的に自公などの賛成で可決されました。


「明るく楽しく!」宮城県党後援会が活動交流集会 [2018年06月27日(Wed)]

E3日連帯あいさつするふなやま氏.JPG

 宮城県の日本共産党後援会は3日、来年の参院選、統一地方選に向けた後援会の強化・発展を進めようと、仙台市で全県活動交流集会を開き、138人が参加しました。


 及川薫会長は、この交流会を契機に後援会を太く大きくし、来年の参院選で比例を躍進させ、ふなやま由美・宮城選挙区候補を国会に送りだすためにがんばりたいと決意を述べ、ふなやま候補と中島康博党県委員長が連帯のあいさつをしました。


 党後援会全国連絡会事務局長の小松崎久仁夫氏が講演し、党の第3回中央委員会総会決定に触れながら、各後援会が得票目標を自らのものにし、逆算した作戦で目標を手元に引き寄せ、すべての活動を後援会活動に結実させるなどの方針を、全国の経験を紹介しながら報告しました。


 講演後、「日常活動」と「後援会ニュース」の分科会に分かれ、それぞれ4後援会が経験を報告し、交流しました。


 日常活動の分科会では、バス減便問題の運動化で成果をあげ、地域の信頼を勝ち取った経験や、幅広い人に世話人を訴えた活動などが紹介され、後援会ニュースの分科会では、編集に工夫を凝らしていることや、継続発行には編集作業の集団化や配達の担い手づくりが必要だなどの話が出されました。
「今こそ女性の出番!」女性の学びと交流のつどいを開催 [2018年06月27日(Wed)]

C10日 講演する広井暢子党副委員長.JPG

 日本共産党宮城県委員会は10日、広井暢子党副委員長を迎えて「女性・学びと交流のつどい」を仙台市で開きました。約150人が会場を埋めました。



 広井氏は、総選挙後の野党共闘のたたかいが安倍政権を追い詰めたと指摘。
米朝首脳会談で「北東アジアが敵対から平和の地域に生まれ変わろうとしている」と述べ、国政や国際問題を前向きに打開するために果たしてきた党の役割について語りました。
セクハラ問題をはじめ日本社会にある女性の人権や尊厳を軽んじる問題、女性の政治参加への党の立場やとりくみを語りました。
広井氏が、県民の「政治を変えてほしい」との思いに応え、党勢拡大を進め「党勢の上げ潮をつくり参院選・地方選で躍進を」と呼びかけると大きな拍手が起きました。


 高橋千鶴子衆院議員は野党が共闘して種子法復活法案を国会に提出し、「働き方改革」や「モリ・カケ」疑惑などでは安倍政権の腐敗と暴走に立ち向かっている状況を報告しました。


 ふなやま由美参院宮城選挙区候補は「命を守り、9条も守り抜いて人間らしく生きられる社会の実現のため奮闘したい」と決意表明しました。
遠藤いく子県副委員長は、主催者あいさつで来年の県議選、仙台市議選での躍進に向けた決意を語りました。


 地域で若いママなどから集める安倍9条改憲反対の3000万人署名や、母親大会の取り組みなど、10人から発言がありました。
安倍9条改憲NO!!雨の県民集会に1200人 [2018年06月27日(Wed)]

市民と共産・立民・社民・国民の各党が連帯しアピール

➀10日集会参加するふなやま由美氏(左前).JPG

 「安倍9条改憲NO!国会発議STOP!宮城県民大集会」が10日、仙台市の市民広場で開かれました。
降りしきる雨の中、1200人が参加、「9条変えるな、政治を変えよう」「安倍内閣は総辞職せよ」と元気いっぱい訴え、一番町商店街をデモ行進しました。

B雨の中、元気にデモ行進.JPG

 日本共産党の高橋千鶴子、立憲民主党の岡本章子両衆院議員、社民党県連の岸田清実代表、国民民主党の沼沢しんや仙台市議が連帯あいさつしました。

A歓声にこたえる野党4党の代表ら.JPG

 高橋氏は、国会で平気で嘘をつき、嘘をつかせる異常な安倍政権を強く批判し、「市民と野党の共闘で退陣に追い込みましょう」と呼びかけました。


 全国市民アクション呼びかけ人の佐高信氏が講演。
「安倍首相や麻生財務相が嫌がる憲法だから、彼らに押し付けなければならない」と強調しました。


 3000万人署名推進のため、500枚のポスター張り出しやビラの全戸配布に取り組む多賀城市の推進連絡会の発言や、「自衛隊を書き込む」ことや「緊急事態条項」の危険性の告発、嘘・誤魔化しの安倍政権に「道徳教育が本当に必要なのは誰だ」と突き付ける教職員組合の訴えがあり、「安倍9条改憲ノーの声をさらに大きく広げよう」とのアピールを採択しました。