CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«小池晃党書記局長きたる!桜井充氏とともに街頭宣伝 | Main | 参院選 第一声のご案内»
記事の分類
記事(掲載月から検索)
記事(掲載日から検索)
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
コメント
https://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jcpmiyagi/index2_0.xml
6/7付赤旗の北海道・東北のページ [2016年06月07日(Tue)]

※6/7付赤旗日刊紙の北海道・東北のページに掲載されました宮城県の記事を若干の手直しをして紹介します。

共同で政治変えよう 演説会で桜井統一予定候補、党議員ら訴え


 参議院選挙勝利へ向け、宮城県では6月4日に高橋千鶴子衆議院議員を迎えて大崎市と塩釜市で、6月5日に紙智子参議院議員を迎えて石巻市で日本共産党演説会が開かれました。いわぶち彩子比例予定候補が決意表明しました。
 
 大崎市の演説会で、参院選挙区の桜井充野党統一予定候補が、自公が規制緩和を進めて地方を衰退させたと批判。「安倍政権の暴走をとめるために、全力でがんばる」と訴えました。元宮城県農協中央会会長の木村春雄さんさんらがあいさつしました。

 石巻市の演説会で、鹿野文永元鹿島台町長が「これまで社民党、民主党、もちろん自民党とも付き合ってきたが、憲法を守るという大義に基づき、桜井充さんだけでなく比例は共産党と書くと公言している。周りにも勧めている」と話し大きな拍手に包まれました。

 高橋千鶴子衆議院銀が野党共闘の広がりを強調して「比例では共産党9議席を勝ち取ろう」、紙智子参議院議員が「被災地の復興のためにも、参議院選で与党を過半数割れまで追い詰めようと訴えました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント