CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

藤岡喜美子のブログ

これまで細分化されてきた日本のサードセクターを横断的に再構築し、政府・行政セクター、企業セクターといった
従来のセクターに、イノベーティブで力強く活動するサードセクターが加わることで、3つのセクターが一体的に変化し、多様な主体者が社会問題を解決していく未来に日本に変えていきます。


セクター間の雇用の流動性を高める [2013年08月25日(Sun)]
特定非営利活動法人市民フォーラム21・NPOセンター(以下:市民フォーラム)の新しい中期戦略の4つ柱の一つです。
私は自らサードセクター組織の経営を実践し、成長意欲のあるサードセクター組織のコンサルティングを行ってきて、多元的な社会を目指すためにも核心の問題と捉えました。
志高く、優秀な人材の確保の問題が決定的に重要であるという認識に立ち、セクター間の雇用の流動性を高めていく事業を行っていきます。

政府・行政セクター、企業セクターに対し、活力とビジョンに溢れたサードセクター組織が影響力をもち、社会変革の潮流を加速させるのではないかと期待されます。しかし、このような変革期を乗り切るためには、サードセクター組織においては、ビジョンに溢れイノベーティンブな経営理念と成果を生み出すための戦略を計画し、実現できる活力ある人材の確保と育成が喫緊です。
さらに、サードセクターが形成されることで、多様な雇用の機会も創出されます。
社会全体で、新しい経済、新しい雇用へと向かうことが新しい社会システムを構築していきます。

政府・行政セクターや企業セクターで活躍してきた人材、特に社会復帰を目指す女性や退職後の団塊世代などや若者がこれまで社会の課題に問題意識を持っていながらも、サードセクターで働くということに関心がない、踏み込む勇気がなかったと思われます。新たな人材がサードセクター組織の経営者やスタッフとなるための人材育成と雇用のマッチングを行います。

また、サードセクター組織が魅力ある職場となるとともに、基盤強化による雇用条件の向上を目指します。

同時にサードセクター組織においては、労働問題に関してはトラブルも発生しており、大きなトラブルにならないようにサードセクターの特性も鑑み、労働問題発生の予防や対処のノウハウの整理も必要です。さらには、中長期的にも考えるべきことを整理し、サードセクターの現状調査と提言活動をおこなっていきます。
市民フォーラムは1999年全国初の民設民営のインキュベーション機能をもつNPO支援センターとしてスタートしました。全国各地にNPO支援センターは開設されました。
今、新たにセクター間の人材の流動性を高めるために、人材養成と職業紹介事業、サードセクターの雇用条件の向上を目指す事業を始動し、全国に発信します。

8月31日(土)13時よりキックオフのセミナーを開催します。

「人材育成が拓くサードセクターの未来」
http://www.sf21npo.gr.jp/news/130808.html
・セクターを超えるための人材養成と雇用のマッチング
・サードセクター労働問題
など議論をします。


コメント
プロフィール

kimikoさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/jacevo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jacevo/index2_0.xml