CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

藤岡喜美子のブログ

これまで細分化されてきた日本のサードセクターを横断的に再構築し、政府・行政セクター、企業セクターといった
従来のセクターに、イノベーティブで力強く活動するサードセクターが加わることで、3つのセクターが一体的に変化し、多様な主体者が社会問題を解決していく未来に日本に変えていきます。


社会的企業へとチャレンジが可能となる社会へ [2011年08月06日(Sat)]
 内閣府「地域社会雇用創造事業」は社会的企業の起業支援・人材育成を目的として昨年度から展開してきました。今回その成果の報告と今後に向けてシンポジュームを開催します。
 NPO等社会的企業への期待は高まりつつありますが、NPO等社会的企業はどれだけ社会をよりよくしているのか。その力量はどうか。組織を支える経営者やスタッフの人材養成の鍵は?
 日本サードセクター経営者協会は2009年9月に設立しました。設立時、特別な支援があるわけでもなく、しかし、日本においてサードセクターの形成とサードセクターの力量拡大を考えたとき、その経営力が問われると考え、経営者となりうる人をみつけること、最大限後方支援すること、そこで働くスタッフの人材養成のサポートをすることの必要性を捉え設立しました。
 最初は会費を集め、事務所を借り職員を雇用しました。無論最初のころは、私は無給です。内閣府の「地域社会雇用創造事業」のことを知り、2010年1月に申請し、事業を受託することができました。この事業を実施しながらスタッフの専門性も高め、周りからもだんだん信頼されるようになり、さらに有効な事業を展開していこうと思っています。特別な支援もなく、まとまった財力があるわけでもなく、それでも志ある市民が仲間と組織を立ち上げ成果を生み出す組織となることができるように自ら経営の努力を行い、社会の役に立つことができるようにだんだん力をつけていくことができるそのような環境が必要だと思っています。
 内閣府の事業を実施している12業者でシンポジュームを開催しようと呼びかけました。市民の多くが社会的企業に関心を持ち、志高い市民が一層のチャレンジが可能となる社会を実現していくために、現時点での具体的成果をいちはやく皆様に報告させていただきたいと思います。
 また、本年3月11日に起こった東日本大震災とそれに伴う未曽有の被害は、「生きる」こと、そして「働く」ことの意味を改めてわたしたちに問い直しているのではないでしょうか。「地域社会雇用創造事業」の担い手の多くは、被災地における起業・就業の支援活動をプログラムに盛り込むなど、復興に向けた積極的な貢献を行いつつあります。こうした震災への対応や今後の取り組みの紹介も含め、いまこそ、社会的企業は自らの活動の原点を問いただし、自らの役割と責任を宣言していくべきではないかとわたしたちは考えています。
 本事業から生まれた社会的起業家のみなさんの成果報告と本事業の担い手として日々現場で奮闘している12団体が、パネルディスカッションを行います。

基調講演には、本事業の選定・評価委員の新浪剛史氏(株式会社ローソン代表取締役社長)をお招きしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲▽ 内閣府地域社会雇用創造事業シンポジウム開催のお知らせ  ▲▽
    8月11日(木)13:00  於 憲政記念会館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.テーマ
「地域社会雇用創造事業が生み出す成果
   〜東日本大震災復興への道筋と社会的企業への期待〜」

2.日時・場所
 日時 : 8月11日(木) 13:00開始
 場所 : 憲政記念館 講堂
     〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1 TEL 03-3581-1651
(http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/kensei/kensei.htm)

3.参加申込
 以下のホームページより申込みください。
 https://amarys-jtb.jp/chiikikoyou/
 
4.参加料
 シンポジウムの参加料は無料です。
 ただし、懇親会については1,000円を会場で申し受けます。

5.プログラム(予定)

13:00〜13:05 開会挨拶(5分)
   宮城 治男(地域社会雇用創造事業 事務連絡調整会議議長)
13:05〜13:25 基調講演(20分)
   新浪 剛史(株式会社ローソン 代表取締役社長、
         地域社会雇用創造事業 選定・評価委員会座長)
13:25〜14:45 地域社会雇用創造事業 事業者による成果報告(80分)
<休憩 14:45〜15:00> 
15:00〜16:00パネルディスカッション(60分)
テーマ「〜東日本大震災復興への道筋と社会的企業への期待〜」     
 
  パネリスト:  
   樋口 美雄(慶應義塾大学商学部教授、
           地域社会雇用創造事業 選定・評価委員)
   宮城 治男(NPO法人 ETIC.代表理事)
   横石 知二(株式会社いろどり 代表取締役社長)
   藤岡喜美子(一般社団法人日本サードセクター経営者協会執行理事
  コーディネーター: 
   高橋 公 (認定NPO法人100万人のふるさと回帰・循環運動
                推進支援センター 事務局長)
16:10〜16:15 閉会挨拶(5分)
 <16:30〜    懇親会>


6.主催・問い合わせ先(参加申込関係)

○主催:内閣府「地域社会雇用創造事業」共同企業体
http://www.chiikisyakai-koyou.jp/
  株式会社 いろどり
  特定非営利活動法人 えがおつなげて
  特定非営利活動法人 エティック
  一般社団法人 カーボンマネジメント・アカデミー
  一般社団法人 環境ビジネスウィメン
  特定非営利活動法人 グラウンドワーク三島
  三遠南信地域連携ビジョン推進会議
  社会的企業育成支援事業コンソーシアム
  ソーシャルビジネス ネットワーク大学推進コンソーシアム
  認定非営利活動法人 100万人のふるさと回帰・循環運動推進・支援センター
  北海道地域再生推進コンソーシアム
  みたか社会的企業人財創出コンソーシアム

○問い合わせ先(参加申込関係)
 JTB法人東京 第八事業部 営業第3課301グループ 丸山
  п@03−5909−8075
コメント
プロフィール

kimikoさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/jacevo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jacevo/index2_0.xml