CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

〔後房雄のブログ〕

現実関与型の政治学者が、日本政治、自治体改革、NPOやサードセクターの動向などについて話題を提供しています。一応研究者なので、面白かった本や論文の紹介もします。


台風一過 [2011年02月07日(Mon)]
河村台風から一夜明けて、気持ちを切り替えて、河村退治の次の戦略を考えています。

それにしても、河村騒動自体が全国ニュースになってしまったためか、このブログのアクセス数も4000台へと飛躍しました。

2009年4月29日の名古屋市長選挙の夜は、河村事務所の3階でテレビを見ていたものですが、それからの経過を考えるとなかなか感慨深いものがあります。

あらためて考えてみると、河村氏との政治イメージの違いが最大の要因だったように思います。選挙で票を集め、勝って市長になることだけをイメージしている河村氏(だからこそ今だに総理を目指すなどと叫んでいるわけですが)に対して、私としては市長になるということは市政全体に責任を持つことだと考えていたわけです。

(民主党の政務三役にも、ポストに就くことしか考えていなかった人と、役人がやるような仕事を代わりにやることだと思っていた人が多く、役人を使いこなすイメージを持っていた人は少ないようですね。)

河村氏がマネジメントに関心や能力がないというのはさすがに分かっていたのですが、代わりに私が仕切ろうとすることに対して、役人ならともかく河村氏本人が嫉妬を抱くというのは想像もしませんでした。私が支援を決断する時に、役人と対立したときには必ず私の方を支持してくれることが条件だということは確認しておいたのですが・・・。

ともあれ、選挙のことだけ考えている人ですから、選挙では勝つわけですが、そのあとやりたいことは減税と議員報酬半減だけで、行財政改革も各分野の問題解決もめんどくさいことはやりたくないわけですから、今後も議会相手に広い意味での選挙運動のようなことばかりやり続けるのでしょう。大阪など応援にいく所もあるし。

市長という仕事をやる気がないということが市民の多数に理解されるまでは、もう少し時間がかかるでしょうが、事実ですからいずれは理解されるでしょう。

市民にとって選挙や政治というのがその時々の不満をぶつける機会になってしまっていますが(これはエジプトよりも日本が優れている点です)、それが、政治家という自分たちの代表者を通じて政府・行政をコントロールする手段へと変るまでは、こういうことが続くでしょう。

マスコミの報道も、本当にその時々の流れに掉さすだけになってしまっていますし。

ところで、2月後半と3月前半は、それぞれアメリカとイタリアの調査に行きます。政治らしい政治に少しは触れてリフレッシュしてきたいと思います。

その内容はこのブログで随時ご報告します。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
近藤様

すみません。訂正します。

私の方は、当時の記憶は日付もはっきりしないほど渦中でした。本人にやる気がないことをやろうとしたという意味で、あとから考えると空しいですが。
Posted by:ウシロ  at 2011年02月11日(Fri) 14:54
>2009年4月29日の名古屋市長選挙の夜は

「2009年4月26日」のはずですが?
4月28日から、”日付”が意味をもつ日々が続いたので、気になります。
Posted by:近藤ゆり子  at 2011年02月10日(Thu) 20:12
ご意見ありがとうございます。

私も当初はそのように考えて努力したのですが、彼の方がとてもそういう人ではありませんでした。

直接いえない分、陰謀をめぐらしてきってきたわけで、こちらはどうしようもありません。

自治体改革、地方議会改革は、漢方薬のようですが、議院内閣制の導入が一番効果的だと考えています。台風では壊すことは出来ても、やはり建設は無理です。
Posted by:ウシロ  at 2011年02月08日(Tue) 17:50
本山のマツザカヤストアの地下で時々お見かけしています。「河村氏がマネジメントに関心や能力がない」と書かれていますが、後さんには河村さんをコントロールするブレインとしての能力がなかったと言っているようにも読めます。「河村台風」を退治するとも書かれていますが、この「台風」を発生させた立役者は、事実かどうかは知らないけれど、後さんご自身だという話も聞いています。その通りであれば、「河村台風」というモンスターを世に送り出したはいいけど制御できなくなって逃げ出し、離れた所から他人事のように批判しているようにも見えます。「河村台風」もここまで大きくなると、これを退治してしまうと社会を混迷に導き、ダメージを与える可能性も高い。人々の失望は計り知れません。だから、せっかくできた台風がまっとうな進路を辿るようにコントロールしながら目的に導くことのできる胆力のあるブレイン&スタッフが欲しいところです。今のところ河村さんの周辺にはそういう方は不在のようなので、後さんがお考えの通り、選挙には勝っても、行財政改革をやり遂げることは難しいと思います。後さんが頑張って「河村台風」を退治することに成功した場合、次なる台風を発生させなければ行財政改革を成すことができないことも事実でしょう。「台風」はそんなに簡単に起こすことができないことは、後さんもご存知なのではないでしょうか。いつまでも悠長に行財政改革を待てるような状況ではないと思います。ですから、私としては、後さんが河村さんとヨリを戻して、再び彼のブレインとしての役割を果たすことが社会にとって最善だと考えています。難しいかも知れませんが、いずれにせよ、一度、彼に面会してみてはいかがでしょうか。いろいろ生意気なことを書きました。今度、マツザカヤストアでお見かけした時には、ご挨拶と無礼なことを書いたお詫びをさせていただきますので、ぶん殴るでもしてください(よけますけど)。
Posted by:uchinoharuhito  at 2011年02月08日(Tue) 03:05