CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«海岸パトロール11/30 | Main | いすみ健康マラソン 増田明美杯»
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
J-PRO事務局
海岸パトロール1/24 (02/28) MW
海岸パトロール1/24 (01/29) J-PRO事務局
海岸パトロール3/15 (04/06) おかちゃん
海岸パトロール3/15 (04/06) J-PRO事務局
年末ご挨拶 (01/05) ねむ~。
年末ご挨拶 (12/31) J-PRO事務局
海岸パトロール11/30 (12/03) ごとう
海岸パトロール11/30 (12/01) J-PRO事務局
第15回全日本山岳スノーシューイング・レースin妙高 (02/20) 後藤
第15回全日本山岳スノーシューイング・レースin妙高 (02/19)
掛川チャンピオンシップ2014 [2014年12月10日(Wed)]


12月6日(土)、7日(日)の2日間とJWA(日本ウインドサーフィン協会主催、
掛川チャンピオンシップ2014の救助救護等の安全管理で静岡県掛川市に遠征して参りました。
RIMG0144.JPG
全国的に寒気に覆われ、場所によっては大雪となった地方もあったようですが、掛川市は、2日間とも晴れたものの気温は低く、また吹き続いた強風は、さらに体感温度を下げ、厳しいコンディションでした雪

RIMG0131.JPG
今回はスラローム競技です。
沖に設置したマーカーブイと波打ち際に設置したマーカーブイを周回して順位を競うスピードレースモータースポーツ
時速80Km近いスピードになることもあるそうですダッシュ(走り出すさま)
時速80Kmも出たら、まるで高速道路を走る車並みですねがく〜(落胆した顔)
このスピードで転倒や衝突したら・・・ふらふら
まさに一瞬の見落としも許されません

RIMG0136.JPG
海を向く方角が九十九里と違い、九十九里は東方向に対し、掛川市は南方向にあります。
その為、日の出から日の入りまで、太陽が海上方向にあり逆光線と大変監視しづらい状況が一日中続きます。
海象状況もハードなコンディション。波のサイズは大きく、潮の流れも速いです。
PWCを操船中、水しぶきが凄く目が開けているのも大変です。顔にワイパーが欲しいぐらいですひらめき
陸上監視班は高台など数カ所に散って選手の安全を監視。
またPWCは、今回道具のトラブルが多かった、波の崩れる付近に待機です船
RIMG0133.JPG
道具の破損や救助要請が多く発生しましたが、風も安定して強く吹き続いていた為、大会は順調に進みました爆弾
大きな事故、怪我等無く大会は閉幕しました演劇

RIMG0148.JPG
波のサイズは頭ほどでしたが、強風の為とてもジャンクなコンディション。
強い離岸流も発生しているなかでの救助活動は様々な危険が伴います。
自分の命と要救助者の命を守る為には常に高い知識とスキルが必要。常日頃の訓練の重要性を再確認できた2日間となりました。

Posted by J-PRO事務局 at 15:27 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント