CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年05月 | Main | 2020年07月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜おうちで弥生の森ミュージアム!第9回 常設展リニューアル その5「史跡 鰐淵寺境内」〜 [2020年06月24日(Wed)]

 おうちで弥生の森ミュージアム!
 出雲弥生の森博物館を紹介していきます。おうちでのんびりゆったり、博物館を楽しんでください。
 さて、今回紹介するのは、リニューアルした常設展で、新たに展示解説することとなった「史跡 鰐淵寺境内」です。

 北山山中、出雲市別所町にある天台宗の古刹 鰐淵寺(がくえんじ)。美しい紅葉を見に訪れたことがある方も多いことでしょう。2016(平成28)年3月1日、その境内が国の史跡に指定されました。「中国地方を代表する山林寺院として貴重」というのが主な指定理由です。
たくさんの人々がお参りしているにも関わらず、今でも神秘のベールに包まれた鰐淵寺とは、いったいどんなお寺なのでしょうか。ここでは、そのすごさや魅力の一端をQ&A形式でご紹介します。

図0 鰐淵境内の位置-01.jpg

鰐淵寺境内の位置



1 Q 鰐淵寺境内の広さは?
  A「鰐淵寺境内」として国の史跡に指定された面積はなんと,2,879,482u!出雲ドーム約177個分、東京ドーム約62個分の広さです。地図で示すと出雲市別所町のほとんどが史跡の範囲ということが分かります。
なお、「別所町」という地名は、比叡山延暦寺が「本所」とされていたのに対して、末寺の鰐淵寺が「別所」と呼ばれていたことに由来します。

図1 鰐淵寺範囲-01.jpg

出雲市別所町と鰐淵寺境内の範囲



2 Q いつから全国的に有名だった?
  A 1179年ごろに成立した後白河法皇撰の歌謡集『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』に、「聖(ひじり)の住所(すみか)」、つまり、仏教者の修業の場として「出雲の鰐淵(わにぶち)」が挙げられていることから、鰐淵寺は平安時代末には全国的に知られていたことが分かります。
 また、鎌倉時代には、鰐淵寺は「国中第一之伽藍(がらん)」と呼ばれ、「国中第一之霊神(れいしん)」と称された出雲大社とともに、出雲国における信仰の中心的存在でした。

図2 浮浪滝と蔵王堂.jpg

浮浪滝を中心とする「鰐淵」は全国に知れ渡っていた



3 Q ご本尊は?
  A 最上段に建つ根本堂(こんぽんどう)に、ご本尊として千手観音菩薩薬師如来(いずれも秘仏)が祀られています。かつて、鰐淵寺は、本尊を千手観音菩薩とする北院と、薬師如来とする南院の二つに分かれていましたが、室町時代に両本尊を並べて祀る根本堂を創建し、両院が統一されました。現在の根本堂は江戸時代に建てられたものですが、この両院の歴史と和合の精神は今に受け継がれています。

図3 根本堂.JPG

ご本尊が祀られている根本堂



4 Q かつて僧は何人いた?
  A 南北朝時代に鰐淵寺の南北両院が統一された際には、48カ条の式目が定められ、122名もの僧が署名しています。今では閑散とした山間の境内にたくさんの僧がいたというのは、にわかに信じられないかもしれません。しかし、境内の調査を行ったところ、僧坊(僧の住居)が建っていたと思われる平坦面が80カ所で確認されました。これにより、境内に大勢の僧が住んでいたことが、考古学的にも裏付けられました。

図4 和多坊跡.jpg

中心的な僧坊であった「和多坊」の跡



5 Q なぜお寺の境内に神社があるの?
  A 根本堂の南には摩多羅(まだら)神社がありますがこれを不思議に思う方もいるでしょう。かつて、日本に仏教が伝わり広まる過程で、「仏と神は本来同一である」とする神仏習合(しんぶつしゅうごう)思想が生まれました。この思想を背景に、鎌倉時代以降、鰐淵寺と出雲大社は固く結びつき繁栄しました。そして、両者の関係が途絶えた江戸時代に、鰐淵寺境内には摩多羅神社が建てられました。摩多羅神社は神仏習合の歴史を今に伝える貴重なお社なのです。

図5 摩多羅神社.JPG

神仏習合の歴史を物語る摩多羅神社



文章:学芸員 三原 一将


 この機会にぜひ、リニューアルした常設展をご覧ください!みなさんのご来館をお待ちしています♪


参考サイト
博物館ホームページ

〜おうちで弥生の森ミュージアム!〜
第1回 マスコットキャラクター「よすみちゃん」
第2回 春季企画展「『日本書紀』1300年記念 硯から見た古代の出雲」
第3回 常設展リニューアル その1「縄文時代の土器・石器」
第4回 ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡
第5回 速報展「1/80の調査 ―史跡鰐淵寺境内の調査から―」
第6回 常設展リニューアル その2「弥生時代」
第7回 常設展リニューアル その3「古墳時代後期」
第8回 常設展リニューアル その4「猪目洞窟(いのめどうくつ)遺跡の人骨」


〜「『弥生の森小学生新聞』大特集! 〜2019年度大津小学校5年生 古代体験学習の記録〜」を開催中です!〜 [2020年06月24日(Wed)]

 昨年、大津小学校5年生(現 6年生)が出雲弥生の森博物館スタッフと一緒に弥生時代について学びました。博物館・史跡公園の見学から始まり、弥生土器(小皿)の製作、勾玉づくりなど、3日間にわたって様々な学習・体験を行いました。
 今回の展示では、それらの学習・体験の成果として児童たちが制作した『弥生の森小学生新聞』を、約80枚展示しています。

 この機会にぜひ、出雲弥生の森博物館にお越しください♪

【会 期】
  6月20日(土)〜7月27日(月)


展示のようす.JPG

写真アップ.JPG

展示のようす



参考サイト
博物館ホームページ
〜「ぬって!きって!作って!遊ぼう!ぬりえフォトプロップス」のご紹介〜 [2020年06月22日(Mon)]

 ※弥生ブロンズネットワークで「ぬりえフォトプロップス」を公開中です♪

 フォトプロップスとは、映画や演劇で使われる小道具の意味があり、最近では写真撮影を楽しむ道具として使われているそうです!

 早速、当館スタッフもフォトプロップスで遊んでみました☆


復元された西谷3号墓の兵士さんと!.JPG

復元された西谷3号墓の兵士と!


復元された女王と!.JPG

復元された女王と!


3館のフォトプロップス.JPG

他館のフォトプロップスも作ってみました!


 フォトプロップスは、弥生ブロンズネットワーク公式ホームページでダウンロードすることができます。みなさんもぜひ、ぬって!きって!つくって!遊んでみてくださいね!

※弥生ブロンズネットワークとは…
 古代出雲の魅力をお伝えするため、荒神谷博物館、加茂岩倉遺跡ガイダンス、古代出雲歴史博物館、出雲弥生の森博物館の4館が連携して結成したネットワークです。


参考サイト
弥生ブロンズネットワーク
荒神谷博物館
加茂岩倉遺跡ガイダンス
古代出雲歴史博物館
出雲弥生の森博物館

〜みんなの「ぬりえ」紹介 その6〜 [2020年06月18日(Thu)]

 開館10周年をおうちでお祝いする企画「「ぬりえ」で祝おう10周年!」に参加してくれたみんなの「ぬりえ」を紹介します!すてきな「ぬりえ」をありがとうございました☆

20200618_ぬりえ.JPG


 メールでの「ぬりえ」受付は、2021年3月31日(水)まで行っています。たくさんのご応募お待ちしています♪
 さらに、完成した「ぬりえ」を博物館1階の受付に持ってきていただくと、開館10周年記念オリジナル缶バッジを1つプレゼントします。詳しくは、博物館ホームページをご覧ください☆

缶バッジ.JPG

開館10周年記念オリジナル缶バッジ



参考サイト
博物館ホームページ
〜おうちで弥生の森ミュージアム!第8回 常設展リニューアル その4「猪目洞窟(いのめどうくつ)遺跡の人骨」〜 [2020年06月10日(Wed)]

 おうちで弥生の森ミュージアム!
 出雲弥生の森博物館を紹介していきます。おうちでのんびりゆったり、博物館を楽しんで
ください♪
 さて、今回紹介するのは、リニューアルした常設展その4「猪目洞窟(いのめどうくつ)遺跡の人骨」です。


 今回の常設展リニューアルの見どころの1つが、展示室の出口近くに展示されている「猪目洞窟遺跡から出土した人骨」です。この人骨は、これまで企画展などの際には時々登場していましたが、普段は収蔵庫の中で眠りについていました。しかし見学の問い合わせが多いこともあり、このたびのリニューアルでいつでも見学いただけるようになりました。


展示状況.JPG

展示のようす


 猪目洞窟遺跡が発見されたのは、戦後間もない1941(昭和23)年10月のことです。出雲市猪目町の海に開けた洞窟で、船置場を整備する工事中に大量の土器や木器、さらに人骨などが発見されたのです。
 遺跡は、発見の一報を聞いて駆け付けた大社考古学会の会員により、調査が行われました。工事と並行して行われたおよそ1か月の調査の結果、縄文から古墳時代にかけての土器や石器、木器、魚や動物の骨、木の実などたくさんの遺物とともに、弥生時代と古墳時代のものとみられる20体分以上の人骨が確認されました。

猪目洞窟全景.jpg

1948(昭和23)年頃の猪目洞窟


12号人骨.jpg

人骨の出土状況



 この遺跡が多くの注目を集める理由は、大量の人骨が出土した古代の埋葬地であることと同時に、この場所が奈良時代の『出雲国風土記』に記された「黄泉の坂・黄泉の穴」にあたると言われている点です。「古代人骨の大量出土」と「死後の世界の伝承」。この2つが結びつく猪目洞窟遺跡は、発見時から現在まで多くの人の興味を惹き続けています。

『出雲国風土記』宇賀郷.JPG

『出雲国風土記』に記された「黄泉の穴」
(クリックすると大きくなります!)


 今回のリニューアルでは、出土人骨の中で最も保存状態のよい古墳時代の人骨1体と、遺跡から出土した縄文・弥生・古墳時代の土器などを新たに展示しました。以前から引き続き展示している弥生時代の貝輪とあわせて、ぜひご見学ください。

文章:石橋 紘二


 この機会にぜひ、リニューアルした常設展をご覧ください!みなさんのご来館をお待ちしています♪


参考サイト
博物館ホームページ

〜おうちで弥生の森ミュージアム!〜
第1回 マスコットキャラクター「よすみちゃん」
第2回 春季企画展「『日本書紀』1300年記念 硯から見た古代の出雲」
第3回 常設展リニューアル その1「縄文時代の土器・石器」
第4回 ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡
第5回 速報展「1/80の調査 ―史跡鰐淵寺境内の調査から―」
第6回 常設展リニューアル その2「弥生時代」
第7回 常設展リニューアル その3「古墳時代後期」
第9回 常設展リニューアル その5「史跡 鰐淵寺境内」


〜大津小学校「古代体験学習」の博物館・西谷墳墓群見学!〜 [2020年06月04日(Thu)]

 出雲弥生の森博物館では、地元の大津小学校と協働して、毎年「古代体験学習」に取り組んでいます。
 折からの新型コロナウイルス感染症の状況を受け心配でしたが、今年度も5年生(99人)が、弥生時代に西谷3号墓で行われた「オマツリ(墓上祭祀)の体験」を最終目標として、いろいろな体験学習を行っていくことになりました。
 5月22日(金)に大津小学校で博物館スタッフによるオリエンテーション(事前学習)を実施しました。続いて6月4日(木)には博物館に5年生が来館し、本物の土器に触れたり、常設展や西谷墳墓群を見学したりしました。


02_いざ!博物館へ!.JPG

いざ!博物館へ!


03_しっかり手を消毒して….JPG

しっかり手を消毒して…

04_本物の土器をさわりました!.JPG

本物の土器をさわりました!


05_土器の底に米粒の跡が…!.JPG

06_不思議な形の土器をスケッチ!.JPG

展示室には興味深いものがいっぱい!


07_西谷3号墓の上から西谷2号墓を見ました!.JPG

08_出雲王の眠っていた場所を勉強!.JPG

出雲王が埋葬された西谷3号墓などを見学しました!



 児童からは説明の都度、たくさんの質問が出るなど、初めて学んだり触れたりした弥生時代や西谷墳墓群に興味津々の様子でした。
 これから、どのような体験学習を行っていくのかは、児童が自ら考え、決めていきます。
 大津小学校5年生のみなさん、博物館スタッフと一緒にがんばって勉強しましょう!


参考サイト
博物館ホームページ
〜おうちで弥生の森ミュージアム!第7回 常設展リニューアル その3「古墳時代後期」〜 [2020年06月03日(Wed)]

 おうちで弥生の森ミュージアム!
 出雲弥生の森博物館を紹介していきます。おうちでのんびりゆったり、博物館を楽しんでください♪
 さて、今回紹介するのは、リニューアルした常設展その3「古墳時代後期」です。


 出雲市内には、古墳時代後期(6〜7世紀)にかけて多くの古墳が造られます。墓である古墳は、埋葬される人(被葬者)の権力によって、規模や埋葬方法、副葬品が異なります。今回のリニューアルでは、古墳の規模、石室の規模、石棺の規模をパネルにまとめ、各古墳の被葬者の力や、古墳造りの変化について示しました。ここでは、古墳の規模のパネルを紹介しましょう。
 市内の古墳の規模には、大形・中形・小形があり、3段階の階層があることがわかります。また、6世紀には大形古墳が造られますが、7世紀になると古墳の規模がどんどん小さくなって、7世紀後半には小形の古墳しか造られなくなります。大規模な墓づくりに力を注いでいた古墳時代が大きく変化し、新たな時代へ向かっていることが読み取れます。


白04.出雲西部における主墳丘規模(上島追加).jpg

クッリクすると大きくなります!



1 上島古墳
 出雲平野の北側にある上島(あげしま)古墳は、6世紀前半に造られた小形円墳(径約15m)、または前方後円墳です。その内部には、家形石棺と竪穴式石室が横並びに埋められた珍しい古墳です。石棺の中には一体分の人骨が残っていましたが、人骨はそのまま埋められ、発見当時の写真と図面がその事実を今に伝えています。男性?女性?どちらが埋葬されたのでしょうか?
 遺体の右側には護拳帯金具(ごけんたいかなぐ…柄部の飾り)が付く大刀がありました。一方、石室内には、金ピカの馬具などが入れられ、遺体は埋葬されなかったようです。

上島古墳家形石棺内部(小).jpg

上島古墳石棺内部の人骨



 これまでは須恵器と鉄鏃(てつぞく)のみの展示でしたが、今回のリニューアルで、大刀の護拳帯金具金銅装の馬具を新たに展示しました。これらは銹(さび)ついていますが、当時は、黄金色に輝いて、人々を魅了していたことでしょう。

上島古墳展示.jpg

上島古墳出土の護拳帯金具


上島古墳馬具展示.JPG

上島古墳出土の金銅装馬具と鉄鏃、須惠器



2 妙蓮寺山古墳
 出雲平野の南西側にある妙蓮寺山(みょうれんじやま)古墳は、6世紀後半に造られた中形の前方後円墳(全長49m)です。出雲市駅の近くにある全長約92mの大形前方後円墳の今市大念古墳と同じ頃の古墳です。この古墳には、石室の中に石棺が設置されていました。
 この石室内からは金銅装の馬具や鉄斧など出土しています。馬のお尻を飾る雲珠(うず)杏葉(ぎょうよう)…写真手前の他、足を置くための鐙(あぶみ)の金具(写真中央)も出土しています。今回、新たにこれらの馬具を展示しました。
 鉄斧は20pを超える巨大な斧です(写真奥)。大きな木を切り倒していたのでしょうか?あるいは、儀礼用なのでしょうか?

妙蓮寺山古墳馬具展示.JPG

妙蓮寺山古墳の馬具と鉄斧



3 築山古墳群
 出雲平野の南側にある築山古墳群は、6世紀後半に造られた大形円墳の上塩冶築山古墳(径46m)と、その周辺の中形や小形の円墳からなる古墳群です。今回のリニューアルでは、上塩冶築山古墳から出土した金銅冠の復元品を作成し展示しています。


冠ジョン2-2.jpg

上塩冶築山古墳出土の金銅冠の復元品
(かぶって動くと歩遥が揺れ、キラキラ輝きます。)


 また、小形の3号墳から出土した銅製の椀(写真左)や和風の大刀の柄部の飾り(ねじり環頭)や、小形の4号墳から出土した金銅装馬具などを新たに展示しました。
 特にねじり環頭(写真中央)は、上塩冶築山古墳のものよりも長さが3p長い9pもあり、巨大な大刀が副葬されていたと推測できます。

築山古墳群展示_1.JPG

築山1〜4号墳の出土品



4 上塩冶横穴墓群

 上塩冶横穴墓群は、築山古墳群の南側の丘陵に造られた県内最大規模の横穴墓群です。古墳からは金メッキされ豪華な金銅装馬具が出土しますが、この横穴墓からは、金銅装はなく鉄製の馬具(写真奥)が出土します。埋葬方法に加え、副葬品にも格差があったようです。
 ただ、横穴墓からも特殊なものも出土しています。それは、歩遥(ほよう)で(写真手前右)、権力者しか持てない冠や履(くつ)につく飾りです。どうやって、入手したのでしょうか?

上塩冶横穴墓群展示.JPG

 
 古墳時代後期の出雲平野の古墳からは、大刀や馬具など豪華な副葬品が多く出土しています。当館の常設展では、今回紹介したものの他に、上塩冶築山古墳(重要文化財)や国富中村古墳の金銅装の大刀や馬具も展示しています。この機会に出雲平野の古墳時代後期の豪華な副葬品をぜひご覧ください。

文章:学芸員 坂本 豊治


 この機会にぜひ、リニューアルした常設展をご覧ください!みなさんのご来館をお待ちしています♪


参考サイト
博物館ホームページ

〜おうちで弥生の森ミュージアム!〜
第1回 マスコットキャラクター「よすみちゃん」
第2回 春季企画展「『日本書紀』1300年記念 硯から見た古代の出雲」
第3回 常設展リニューアル その1「縄文時代の土器・石器」
第4回 ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡
第5回 速報展「1/80の調査 ―史跡鰐淵寺境内の調査から―」
第6回 常設展リニューアル その2「弥生時代」
第8回 常設展リニューアル その4「猪目洞窟(いのめどうくつ)遺跡の人骨」
第9回 常設展リニューアル その5「史跡 鰐淵寺境内」
〜みんなの「ぬりえ」紹介 その5〜 [2020年06月01日(Mon)]

 開館10周年をおうちでお祝いする企画「「ぬりえ」で祝おう10周年!」に参加してくれたみんなの「ぬりえ」を紹介します!


@.JPG

A.JPG

B.JPG


 すてきな「ぬりえ」をありがとうございました☆
 
 「ぬりえ」は、2021年3月31日(水)まで募集しています。開館10周年をみんなで一緒に盛り上げていきましょう!たくさんの応募をお待ちしています♪

 詳しくは、博物館ホームページの「おうちミュージアム」をご覧ください!

「おうちミュージアム」のありか.jpg



参考サイト
博物館ホームページ