CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年04月 | Main | 2020年06月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜おうちで弥生の森ミュージアム! 第6回 常設展リニューアル その2「弥生時代」 〜 [2020年05月27日(Wed)]

 おうちで弥生の森ミュージアム!
 出雲弥生の森博物館を紹介していきます。おうちでのんびりゆったり、博物館を楽しんでください。
 さて、今回紹介するのは、リニューアルした常設展です。


1 王の証…ガラス勾玉
 常設展示室に入って最初に目に入ってくるのは、西谷3号墓から出土した2つのガラス勾玉です。これらは、当館のメイン展示物です。鮮やかなコバルトブルーの勾玉は、1800年経った今も当時と変わらぬ輝きを保ち、来館者を迎えます。
 今回のリニューアルでは、女王の頭部右側からガラス勾玉が出土した様子を展示しました。これらは、200点近いガラス小玉や管玉と一緒に木箱に入れられ、女王の遺体のそばにそえられていました。これらのガラス製アクセサリーは、日本で同じものはなく、中国や朝鮮半島で作られ輸入された珍しいものです。出雲王の装飾品にふさわしい品々です。

常設展リニューアル_1.jpg

右側はガラス勾玉の出土の様子(勾玉はレプリカ)



2 出雲王の外交…筑紫から吉備
 初代出雲王が埋葬された西谷3号墓には、吉備(岡山県)から運ばれた土器や丹後や越(北陸地方)の特徴をもつ土器が出土しています。このことから、これらの地域との政治的なつながり(外交)があったと推測されています。
 今回のリニューアルでは、3代目の出雲王が眠る西谷4号墓から出土した筑紫(九州北部)周防・安芸(西部瀬戸内)の特徴をもつ土器を展示しました。西谷4号墓からは吉備の土器も出土していて、3代目出雲王は筑紫から吉備にかけての勢力とのつながりをもちながら、出雲をまとめていたのでしょう。

常設展リニューアル_2.jpg

西谷4号墓出土の九州北部系(左)と西部瀬戸内系(右2点)の土器



3 出雲平野の特産?…漆
 漆(うるし)の名は「うるわしい」から転じたとされ、その黒く輝く美しさは今も昔も日本の美を代表するものの一つです。弥生時代の出雲平野でも、漆を使った製品や道具が出土しています。その中の漆生産・塗布にかかわる道具を紹介します。
 写真にある高さおよそ10pの小形土器の中には、漆が付着していました。これは、漆を採集したり貯蔵したりした専用の土器と推測されます。
 この漆を入れた専用の土器は、弥生時代後期の矢野遺跡や中野清水遺跡、下古志遺跡から出土しています。他地域での出土例は多くありません。これらの土器に蓄えた漆を土器や木製品などに塗っていたことでしょう。
 漆は、10年育てた一本の木から300g程度しか採取できません。たくさん採取するには、木を栽培し、計画的に管理する必要があります。専用土器の存在は、弥生時代の出雲平野で漆の木を栽培管理し、漆を採取していたことを教えてくれます。漆を特産にしていたのかもしれません。


常設展リニューアル_3漆の容器(立っているのが下古志遺跡、寝かしてあるのが矢野遺跡出土).jpg



4 石と鉄のオノの共存
 オノ(斧)は、木製の柄の先に刃のついた石や鉄を装着して、木を伐採したり、加工したりする道具です。石のオノのうち、厚みがあり重いものは伐採用、厚みが薄く小形の軽いものは木の表面を整える加工用で、出雲平野では縄文時代から使われています。
 約2000年前の弥生時代中期、出雲平野にも鉄のオノが出土するようになります。石よりも鉄のほうがすばやく木を伐採できますが、すぐに石から鉄に置き換わるわけではありません。弥生時代中期後半の出雲市杉沢U遺跡では伐採用、加工用それぞれの石のオノと同時に鉄のオノも使われていました。その後、後期にも伐採用の石のオノは使われ続け、古墳時代には使われなくなります。石と鉄の道具は、用途に合わせ使い分けされ、共存し、徐々に石から鉄へ置き換わっていくのです。


常設展リニューアル_4.jpg

杉沢U遺跡の石と鉄のオノの共存



5 ムラの鏡とガラス小玉
 出雲平野の弥生青銅器と言えば、荒神谷遺跡が有名です。市内でその他、銅鏃(どうぞく・青銅製の矢じり)や銭貨が出土する程度でしたが、2017年に白枝荒神遺跡から中国で作られた青銅鏡が出土しました。弥生時代の鏡としては、出雲市内初の出土例です。故意に割られていますが、元は直径約15pで、1世紀後半以降に中国(漢)で作られた内行花文鏡(ないこうかもんきょう)と考えられます。出雲王が活躍していた頃に入手したものでしょう。
 
 島根県内の最古のガラス製品といえば、弥生時代後期前半(1900年前)に造られた邑南町の順庵原1号墓の出土品でした。2013年に中期後半(2000年前)の出雲市の杉沢U遺跡の住居跡からガラス小玉が出土しました。これが、現在、県内最古のガラス製品となりました。
 これらは、墓からではなくムラから出土した資料です。貴重な品々がムラでも使われていたことがわかります。

常設展リニューアル_5.jpg

青銅鏡とガラス小玉


文章:学芸員 坂本 豊治


 この機会にぜひ、リニューアルした常設展をご覧ください!みなさんのご来館をお待ちしています♪


参考サイト
博物館ホームページ

〜おうちで弥生の森ミュージアム!〜
第1回 マスコットキャラクター「よすみちゃん」
第2回 春季企画展「『日本書紀』1300年記念 硯から見た古代の出雲」
第3回 常設展リニューアル その1「縄文時代の土器・石器」
第4回 ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡
第5回 速報展「1/80の調査 ―史跡鰐淵寺境内の調査から―」
第7回 常設展リニューアル その3「古墳時代後期」
第8回 常設展リニューアル その4「猪目洞窟(いのめどうくつ)遺跡の人骨」
第9回 常設展リニューアル その5「史跡 鰐淵寺境内」

〜みんなの「ぬりえ」紹介 その4〜 [2020年05月27日(Wed)]

 開館10周年をおうちでお祝いする企画「「ぬりえ」で祝おう10周年!」に参加してくれたみんなの「ぬりえ」を紹介します!


梶谷さんキッズ.JPG

吾郷さんキッズ.JPG

伊藤さんキッズ.JPG


 「ぬりえ」は期間を延長して、2021年3月31日(水)まで募集しています。開館10周年をみんなで一緒に盛り上げていきましょう!たくさんの応募をお待ちしています♪


 詳しくは、博物館ホームページの「おうちミュージアム」をご覧ください!

「おうちミュージアム」のありか.jpg



参考サイト
博物館ホームページ
〜ギャラリートーク(6月6日)の中止について〜 [2020年05月25日(Mon)]

 出雲弥生の森博物館で開催を予定していた次のギャラリートークは、新型コロナウイルス感染症予防のため中止とします。

 6月6日(土)
  ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡」のギャラリートーク


参考サイト
博物館ホームページ
〜おうちで弥生の森ミュージアム! 第5回 速報展「1/80の調査 ―史跡鰐淵寺境内の調査から―」〜 [2020年05月20日(Wed)]

 おうちで弥生の森ミュージアム!
 出雲弥生の森博物館を紹介していきます。おうちでのんびりゆったり、博物館を楽しんで
くださいね♪
 さて、今回紹介するのは、速報展「1/80の調査 ―史跡鰐淵寺境内の調査から―」です。展示場所は、博物館1階ミュージアムショップの隣です。

展示のようす.jpg



 今回の速報展は、2019(令和元)年度に史跡鰐淵寺境内(しせきがくえんじけいだい)で実施した、本覚坊跡(ほんかくぼうあと)の発掘調査成果を紹介しています。
 本覚坊跡は、最大80坊余あったとされる鰐淵寺の諸坊の中でも、もっとも古い僧坊のひとつと考えられています。
 根本堂(こんぽんどう)の東側にあり、東を開山堂(かいさんどう)、西を和多坊跡(わたぼうあと)、北を念仏堂跡に囲まれた場所にあります。

本覚坊跡の場所.jpg

本覚坊跡の場所(クリックすると大きくなります!)


 調査開始前は、倒木や草木がおいしげり、足を踏み入れるのもためらわれるような場所でした。それらを片づけて、跡地を見渡せるようにしてから調査を開始しました。
 地表を掘ると、僧坊(お坊さんの住まい)が同じ場所で何度も再建された痕跡が見つかりました。また、出土遺物も9・10世紀(古代)から19世紀(明治・大正時代)頃までの、千年にわたる品々が見つかりました。
 今回は、展示品の中から、特に興味深い遺物3点を紹介します。


1 戦国時代の軒平瓦


軒平瓦.JPG


 黒色の本瓦の軒平瓦(のきひらがわら)です。文様の中央に、玉ねぎのような宝珠紋(ほうじゅもん)が表現されています。宝珠とは「頭がとがった球形、火炎が燃え上がっている形をした玉」です。それを平面にデザイン化したものが宝珠紋です。身近なところでは、松江大橋の欄干に銅製の宝珠が取り付けられています。
 また、宝珠紋の左右に配置される唐草紋(からくさもん)は、初めの巻きが下向きです。この形は、鰐淵寺境内で今まで見つかっていなかったデザインです。


2 明治・大正時代の石州瓦(赤瓦)

赤色の軒平瓦.jpg


 石見地方で作られた、赤瓦の桟瓦(さんがわら)の軒平瓦です。文様の中心には、ひらがなの「か」、または、カタカナの「カ」がみえます。
 これを最初に調査で見つけたときは、鰐淵寺の「が」にちなんだ「か・カ」の文様をつかった、こだわりの瓦かと思いました。しかし、類例を調べてみると、江津市にある石州瓦の窯元の一つが、この「か・カ」を一般販売用の瓦に使っていることがわかりました。てっきり特注品かと思っていましたが、どうも違うようです。


3 昔のカイロ(温石)

昔のかいろ.jpg


 温石は、「おんじゃく」と読みます。石製で、手のひらサイズのものです。形は、台形で湾曲していて、中央に穴があいています。
 使い方は、囲炉裏などの熱した灰の中に入れて、石自体を温めます。温まったら、中央の穴に火箸などを差し込み、取り上げて、布にくるんで使います。
 今の懐炉(カイロ)の祖先にあたるものです。本覚坊のお坊さんが、冬の寒さを耐えるため、愛用していた物ではないでしょうか。
 このように、速報展ではちょっと面白いものも展示していますので、ぜひ、実物をご覧いただきたいと思います。

文章:発掘調査員 原 俊二



 速報展「1/80の調査 ―史跡鰐淵寺境内の調査から―」は、7月20日(月)まで開催しています。みなさんのご来館をお待ちしています♪


参考サイト
博物館ホームページ
国史跡鰐淵寺境内のご紹介(出雲市役所HP)

〜おうちで弥生の森ミュージアム!〜
第1回 マスコットキャラクター「よすみちゃん」
第2回 春季企画展「『日本書紀』1300年記念 硯から見た古代の出雲」
第3回 常設展リニューアル その1「縄文時代の土器・石器」
第4回 ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡
第6回 常設展リニューアル その2「弥生時代」
第7回 常設展リニューアル その3「古墳時代後期」

第8回 常設展リニューアル その4「猪目洞窟(いのめどうくつ)遺跡の人骨」
第9回 常設展リニューアル その5「史跡 鰐淵寺境内」

〜常設展がリニューアルオープンしました!〜 [2020年05月18日(Mon)]

 開館10周年を記念して、常設展のリニューアルを行いました。展示は、本日からご覧いただくことができます!
 みなさんのご来館を、心からお待ちしています☆

ポスター.png

クリックすると大きくなります!



 また、常設展リニューアルをおうち楽しめる記事を掲載中です!
 ・ 常設展リニューアル その1「縄文時代の土器・石器」(おうちで弥生の森ミュージアム! 第3回)
 ・ 常設展リニューアルその2「弥生時代」 (おうちで弥生の森ミュージアム! 第6回)
 ・ 常設展リニューアルその3「古墳時代後期」 (おうちで弥生の森ミュージアム! 第7回)


 こちらも、ぜひご覧ください♪


参考サイト
博物館ホームページ

〜5月18日(月)からの開館に伴うお知らせ〜 [2020年05月17日(Sun)]

 出雲弥生の森博物館は、5月18日(月)から開館します。
 開館に伴い、当面の間、下記のとおり対応させていただきます。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 【来館者のみなさまへのおねがい】
  ・マスクの着用
  ・手指の消毒
   ※博物館入口に手指消毒液を設置しています
  また、発熱喉の痛みなどの症状がある方は、来館をご遠慮いただいております

 【休止中の設備等】
  ・体験コーナー
  ・図書情報コーナー
  ・ものづくり体験
  ・キャラクター探し
  ・博物館、史跡公園のガイド(案内)
   ※学校の授業の一環で希望される場合は、事前にご相談ください

参考サイト
博物館ホームページa>
〜みんなの「ぬりえ」紹介 その3〜 [2020年05月17日(Sun)]

 開館10周年をおうちでお祝いする企画「「ぬりえ」で祝おう10周年!」に参加してくれたみんなの「ぬりえ」を紹介します!


P5154268.JPG

P5154269.JPG

P5154267.JPG



 「ぬりえ」は5月30日(土)まで募集しています。詳細は、博物館ホームページの「おうちミュージアム」をご覧ください♪

「おうちミュージアム」のありか.jpg


参考サイト
博物館ホームページ
〜おうちで弥生の森ミュージアム! 第4回 ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡」〜 [2020年05月13日(Wed)]

 おうちで弥生の森ミュージアム!
 出雲弥生の森博物館を紹介していきます。おうちでのんびりゆったり、博物館を楽しんでくださいね♪
 さて、今回紹介するのは、ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡」です。


1 たたら製鉄
 たたら製鉄とは、砂鉄と木炭を原料とした日本古来の製鉄法です。砂鉄の豊富な中国山地はたたら製鉄の中心地で、江戸時代には松江藩が保護・奨励したこともあり、鉄は出雲国を代表する産物として、各地に流通しました。
 たたらと言えば、鉄師(たたらの経営者)の「御三家」と称された奥出雲の田部家・絲原家・櫻井家が有名ですが、現在の出雲市多伎町を拠点に製鉄を行っていたのが、田儀櫻井家(たぎさくらいけ)です。

空から見た宮本鍛冶山内遺跡.jpg

空から見た宮本鍛冶山内遺跡



2 田儀櫻井家の歴史
 田儀櫻井家は、奥出雲仁多の櫻井家(可部屋)の分家で、17世紀中頃、現在の多伎町奥田儀宮本に移り住んで製鉄を行いました。
 18世紀初めには、松江藩が定める鉄師の一つとなり、順調に事業を拡大します。一時は経営難から、藩の管理下で経営を行うこととなりましたが、再び経営が上向くと、出雲国内で一・二を争う産鉄量を誇るほどになりました。
 しかし明治時代に入ると、社会情勢の大きな変化の中で、次第に経営が悪化します。追い討ちをかけるように、本拠地の宮本が大火に見舞われるなどし、ついに1890(明治23)年には経営を断念して、田儀櫻井家は宮本を去ることになりました。

田儀櫻井家関連年表.jpg

田儀櫻井家関連年表(クリックすると大きくなります!)



3 田儀櫻井家の製鉄遺跡
 田儀櫻井家が製鉄を営んだ跡は、現在の多伎町や佐田町、大田市にかけて分布しており、そのうち、宮本鍛冶山内(みやもとかじさんない)遺跡朝日たたら跡越堂(こえどう)たたら跡聖谷(ひじりだに)たたら跡の4箇所が、「田儀櫻井家たたら製鉄遺跡」として国の史跡に指定されています。


田儀櫻井家の製鉄遺跡2.jpg

田儀櫻井家の製鉄遺跡(クリックすると大きくなります!)



4 宮本鍛冶山内遺跡
 「山内」とは、製鉄に従事する人々とその家族が暮らした集落のことで、明治初め頃にはこの宮本山内に170世帯700人もの人が暮らしていたと伝わります。
 田儀櫻井家による経営拠点であったこの遺跡には、製鉄を行うたたら場はありません。しかし、たたら場で作った鉄を加工する大鍛冶場(おおかじば)などの生産施設のほか、田儀櫻井家の本宅製鉄従事者の住居などの生活施設、当主や従事者の墓地や菩提寺である智光院(ちこういん)、製鉄の神を祀る金屋子神社(かなやごじんじゃ)といった信仰に関わる施設などが、山間の狭い範囲にコンパクトにまとまっています。
 この機会にぜひ、現地にも足を運んでいただき、当時の面影を感じていただけたらと思います。

宮本鍛冶山内遺跡の配置図.jpg

宮本鍛冶山内遺跡の配置図(クリックすると大きくなります!)


金屋子神社に納められていた鉄製の亀.JPG

金屋子神社に納められていた鉄製の亀


文章:学芸員 石橋 紘二


 ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡」は、7月27日(月)まで開催しています。5月13日現在、当館は休館中ですが、開館した際にはぜひ、展示を見に来てくださいね!


参考サイト
博物館ホームページ

〜おうちで弥生の森ミュージアム!〜
第1回 マスコットキャラクター「よすみちゃん」
第2回 春季企画展「『日本書紀』1300年記念 硯から見た古代の出雲」
第3回 常設展リニューアル その1「縄文時代の土器・石器」
第5回 速報展「1/80の調査 ―史跡鰐淵寺境内の調査から―」
第6回 常設展リニューアル その2「弥生時代」
第7回 常設展リニューアル その3「古墳時代後期」

第8回 常設展リニューアル その4「猪目洞窟(いのめどうくつ)遺跡の人骨」
第9回 常設展リニューアル その5「史跡 鰐淵寺境内」
〜みんなの「ぬりえ」紹介 その2〜 [2020年05月08日(Fri)]

 開館10周年をおうちでお祝いする企画「「ぬりえ」で祝おう10周年!」に参加してくれたみんなの「ぬりえ」を紹介します!


P5074203.JPG

P5074201.JPG

P5074199.JPG



 「ぬりえ」は5月30日(土)まで募集しています。詳細は、博物館ホームページの「おうちミュージアム」をご覧ください♪

「おうちミュージアム」のありか.jpg


参考サイト
博物館ホームページ
〜休館の延長について〜 [2020年05月07日(Thu)]

 出雲弥生の森博物館は、新型コロナウイルス感染症予防のため、5月17日(日)まで休館を延長します。

参考サイト
博物館ホームページ
| 次へ