CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 講座・講演会 | Main | 企画展»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡」を開催します!〜 [2020年02月19日(Wed)]

 たたら製鉄とは、砂鉄と木炭を原料とした日本古来の製鉄法です。江戸時代には松江藩の主要産業として盛んに行われました。
 たたらと言えば奥出雲のイメージがあります。しかし、現在の出雲市内にもたたら製鉄を行っていた“鉄師”がいました。多伎町奥田儀を拠点としていた“田儀櫻井家”です。
彼らが製鉄を営んでいた跡は「田儀櫻井家たたら製鉄遺跡」として、現在4か所が国の史跡に指定されています。
 今回の展示では、その本拠地があった「宮本鍛冶山内遺跡」を中心に、田儀櫻井家の歴史を紹介します。


宮本鍛冶山内遺跡・大鍛冶場跡.JPG

宮本鍛冶山内遺跡・大鍛冶場跡


田儀櫻井家の菩提寺・智光院.jpg

田儀櫻井家の菩提寺(ぼだいじ)・智光院(ちこういん)



【会 期】
  2月26日(水)〜6月29日(月)

【ギャラリートーク】

  日 時:2月29日(土)、6月6日(土)
      いずれも10:00から開催します。
  その他:展示の見どころを、担当職員が分かりやすく解説します。
      事前の申込みは不要です。


参考サイト
博物館ホームページ
〜ギャラリー展「出雲の赤 古墳時代編」を開催します!〜 [2019年11月21日(Thu)]

 出雲の赤といえば、日本遺産に認定されている日本海に沈む夕日を思い浮かべる人も多いことでしょう。強い神秘的なエネルギーをもつ太陽が発する「赤」という色に、人々は特別な感情を持つのかもしれません。
 2019(令和元)年の夏に当館で開催した「出雲の赤 ―縄文・弥生時代編―」では、埋葬儀礼において水銀朱がとても重要なアイテムであることを紹介しました。
 古墳時代の人たちは、死者の魂を鎮めるため遺体に赤色顔料をまいたり、そなえたりしています。また、棺も真っ赤に塗られています。これらを紹介し、古墳時代を生きた出雲の人々の「赤」に込めた願いに迫ります。


赤色顔料を納めて死者にそなえた土器(出雲市祝廻横穴墓、7世紀).jpg

赤色顔料を納めて死者にそなえた土器
(出雲市祝廻(いわいざこ)横穴墓、7世紀)



【開催期間】
 11月27日(水)〜2月24日(月・振休)

【関連講演会】
  演 題:古墳時代の赤色顔料
  講 師:志賀 智史 氏(九州国立博物館)
  日 時:2月11日(火・祝)14:00〜16:00
  会 場:出雲弥生の森博物館
  受講料:無料
  その他:事前にお申し込みください。
       TEL:0853−25−1841
       FAX:0853−21−6617
       しまね電子申請サービス

【ギャラリートーク】
  日 時:12月21日(土)、1月25日(土)
      いずれも10:00から開催します。
  その他:展示の見どころを、担当学芸員が分かりやすく解説します。
      事前の申込みは不要です。


チラシ.jpg

チラシ



参考サイト
博物館ホームページ

〜ギャラリー展「没後180年 西山砂保 ー出雲の近代医学の先駆けー」を開催します! [2019年08月23日(Fri)]

 江戸時代の終わりごろ、ここ出雲に「西山 砂保(にしやま すなほ)」という名医がいました。
 砂保は神門郡荻原村(今の出雲市荻杼町)の出身で、和歌山の華岡青洲(はなおかせいしゅう)から麻酔や外科手術を、長崎に来たシーボルトから西洋医学を学びました。そして最新の医学で、出雲の人びとを救ったのです!それとともに、砂保の影響を受けて多くの医者が華岡家へ入門し、華岡流の外科医術が普及していきました☆
 今年は、砂保が亡くなってから180年目にあたります。今回の展示では、出雲の近代医学の先駆けとも言える砂保の足跡をたどります♪
※本展示は、卜部忠治氏のご理解ご協力のもと、開催するものです。


西山砂保肖像.jpg

西山砂保 肖像画(松村憲樹氏蔵)



【開催期間】
  8月28日(水)〜11月25日(月)

【ギャラリートーク】
  日 時:9月1日(日)、10月20日(日)
      いずれも10:00から開催します!
  その他:事前の申込みは、不要です。
      展示の見どころを、担当学芸員が分かりやすく解説します♪
〜ギャラリートークを開催しました!〜 [2019年06月24日(Mon)]

 6月22日(土)10:00から、ギャラリー展「出雲の赤−縄文・弥生時代編−」のギャラリートークを開催しました♪


 今回のギャラリートークは、6名の方が参加されました。

ギャラリートーク1.JPG


 縄文・弥生時代の「赤」には、ベンガラと水銀朱があること、それらの見分け方、使われ方などを、出土品を見ながら解説しました☆

ギャラリートーク2.JPG


 参加者から、「赤」の製造方法、産地、価格になど、パネルごとに質問があり、対話しながらのトークとなりました!

 出雲市西谷3号墓には、貴重な水銀朱が30s近くも使われていたことに、びっくりしておられました♪

ギャラリートーク3.JPG



 ギャラリートークは、7月21日(日)8月18日(日)にも開催します。
 時間はいずれも10:00から、申込みは不要です。

 ぜひお越しください♪


 また、関連講座も開催されます。こちらもぜひ、ご参加ください!

 ◆ギャラリー展(出雲の赤−縄文・弥生時代編−)関連講座◆

  日 時:7月7日(日)14:00〜16:00
  演 題:「水銀朱の調達と利用
       −西谷3号墓・上天神遺跡(香川県)・若杉山遺跡(徳島県)から考える−」
  講 師:大久保 徹也 氏(徳島文理大学教授)
  受講料:無料
  その他:事前申込みが必要です。
       TEL:0853−25−1841
       FAX:0853−21−6617


参考サイト
ギャラリー展「出雲の赤−縄文・弥生時代編−」を開催します!
出雲弥生の森博物館ホームページ

〜ギャラリー展「出雲の赤−縄文・弥生時代編−」を開催します!〜 [2019年05月24日(Fri)]

 出雲の赤といえば、日本海に沈む夕日やたたら製鉄の炎を思い浮かべる人も多いことでしょう。強い神秘的なエネルギーをもつ太陽や炎、それらが発する「」という色に、人びとは同じ効果を感じてきました!
 はるか昔から、出雲でも大切なモノに「」(赤色顔料)を塗り、儀礼を行ってきました。
 今回の展示では、出雲市内の縄文・弥生時代の資料を中心に、当時の人たちが「」をどのように使ってきたのかを紹介します♪

縄文土器に塗られた赤(出雲市京田遺跡).jpg

縄文土器に塗られた赤(出雲市京田遺跡)



【開催期間】
  2019年5月29日(水)〜8月26日(月)

【関連講座】
  演 題:「水銀朱の調達と利用−西谷3号墓・上天神遺跡(香川県)・若杉山遺跡(徳島県)から考える−」
  日 時:7月7日(日)14:00〜16:00
  講 師:大久保徹也氏(徳島文理大学教授)
  会 場:出雲弥生の森博物館 たいけん学習室
  受講料:無料
  その他:事前申し込みが必要です。
      TEL:0853−25−1841
      FAX:0853−21−6617
 
【ギャラリートーク】
  6月22日(土)、7月21日(日)、8月18日(日)
  いずれも10:00〜


チラシ.jpg
チラシ


参考サイト
出雲弥生の森博物館ホームページ