CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«〜ギャラリートークを開催します!〜 | Main | 〜夏季企画展「ふるさと今昔物語その2 −多伎町・湖陵町ー」を開催します!〜»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
〜平成30年度 第2回職員リレー講座を開催しました!〜 [2018年07月06日(Fri)]

 職員リレー講座は、出雲市の文化財の歴史、最新の発掘調査について、文化財課の職員がわかりやすく紹介する講座です。

 第2回は、6月30日(土)に「平成29年度 市内発掘調査報告」と題して、市内4ケ所の調査成果について、調査を担当した4人の職員(埋蔵文化財係)が報告しました。
職員リレー講座 2.png
【講座の様子】

 まず初めに、白枝町にある「白枝荒神遺跡」の調査について発表しました。弥生時代の人々の生活跡や、貴重な舶載品である中国鏡やガラス玉の発見について報告し、白枝荒神遺跡が重要な交易拠点となるムラであったことを解説しました。
中国鏡.png
【中国鏡(内行花文鏡)】

 次に、塩冶町にある「高西遺跡」の調査について発表しました。弥生時代から古墳時代に利用された溝や当時の人々の足跡、古代の転用硯や中世の荷札木簡の発見などについて報告し、各時代における遺跡の特徴について解説しました。
高西遺跡(塩冶町)発掘の様子 2.jpg
【高西遺跡の溝の中の足跡】

 続いて、「史跡鰐淵寺境内」の調査について発表しました。根本堂の隣に、戦国時代から江戸時代に存在した護摩堂跡を確認しました。瓦・土器・銅製品などが捨てられた土坑の発見などについて報告し、鰐淵寺の歴史についても解説しました。
職員リレー講座 鰐淵寺.jpg
【護摩堂跡(東から)】

 最後に、「出雲大社境内遺跡」の調査について発表しました。16〜17世紀ごろの池や溜桝、祈祷札、経石などの発見について報告し、仏教色が強かった時代の出雲大社境内の様子について解説しました。
溜桝.jpg
【溜桝(南から)】

 職員リレー講座はこの後・・・
  第3回 9月1日(土)14:00〜16:00
   「出雲弥生の森博物館本 出雲国風土記の系譜」
    講 師 橋 周(専門学芸員)
    受講料 300円
 と続きます。

 引き続き、受講者募集中です!
 受講申込みは、出雲弥生の森博物館ホームページをご確認ください。

 みなさまのご来館をお待ちしています。