CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«〜4館をめぐる夏のクイズスタンプラリー 開催期間残りわずか!!〜 | Main | 〜夏季企画展関連講演会「塩冶氏と中世出雲」を開催しました〜»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜出雲の無形文化財〜その4 『須佐神社の念仏踊り』 [2016年08月24日(Wed)]

 こんにちはわーい(嬉しい顔) 無形文化財担当の柳楽です。
 お盆を過ぎましたがまだまだ暑さ晴れが厳しいですね。暑いのが苦手あせあせ(飛び散る汗)な私はもう秋が待ち遠しいです!

 さて、今回も出雲市の無形文化財である伝統芸能の一つをご紹介したいと思います。
 今回はこれです!
 ↓ (どんexclamation×2
01念仏踊り.jpg

 佐田町須佐地区に伝わる県指定文化財「須佐神社の念仏踊り」(昭和36年6月13日指定)です。
 
 毎年お盆の8月15日に須佐神社で行われる切明(きりあけ)神事で奉納されています。

 須佐神社といえば、「須佐之男命(すさのおのみこと)」の御魂を祀り、『出雲国風土記』にも登場する由緒ある神社で、現在はパワースポットぴかぴか(新しい)としても全国的に注目目を集めていますね。

 ここで行われる念仏踊りは、出雲阿国が出雲大社造営の勧進のため、諸国で踊った「念仏踊り」の原型であるとも伝えられています。前回ご紹介した「荒茅盆踊り」は、阿国の念仏踊りに由来すると言われていますので、盆踊りのルーツってところでしょうか。

 この念仏踊りは、私も見たことがないので、先日須佐神社へ行くつもりだったのですが、あいにく夏風邪でダウンバッド(下向き矢印)し、お盆はずっと病床で行くことができませんでした。残念…もうやだ〜(悲しい顔)

 本来は現地の雰囲気なども含めてお伝えしたかったのですが、そんな事情もありまして今回は以前に撮影されたビデオ映画を見てご紹介します。

 念仏踊りは、写真にあるように境内に大宮花と呼ばれる紙で作った神事花を2本立て、その周囲を浴衣の着流しに花笠をかぶった踊り手が、鉦(かね)や太鼓を打ちながら、念仏のような文言を唱えて踊ります。実際は厳かな感じで「踊り」というようりは「舞」といった雰囲気ですね。

02念仏踊り.jpg
【太鼓1人、鼓2人、鉦3人、笛1人の7人で構成】

 踊りの後半になると、少しテンポるんるんをつけて、「なーまみどーや」(南無阿弥陀仏が転じた文言)と歌いながら踊ります。ここらへんは盆踊りにも通じる感じがします。

03念仏踊り.jpg
【円陣から子役3人を成人役3人(鉦)が囲む陣形へ】


 やがて大宮花の「花回し」が始まります。↓
04念仏踊り.jpg
【花を倒さないよう懸命に踏ん張る担ぎ手】
 
 花が倒れると見物の人々が花を取りに駆け寄ります。危険を顧みずフライング気味にダッシュダッシュ(走り出すさま)してゲットする地元のおばちゃんはさすがですねexclamation
 この花を持ち帰ると1年健康に過ごせるといい、また田畑の虫除けに効くぴかぴか(新しい)とも言われているそうです。
05念仏踊り.jpg
【花を奪い合う見物の人々】

 来年こそは見に行って花を持って帰りたいと思いますパンチ

 今後も出雲の無形文化財を素人目線でゆる〜く紹介していきます。
 次回は斐川町坂田地区の『土手町神楽』の予定です。お楽しみに!
コメントする
コメント