CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«上塩冶築山古墳 出雲の文化財〜Part8〜 | Main | 発掘速報展の展示内容が替わります!»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
来原岩樋 出雲の文化財〜Part9〜 [2010年06月21日(Mon)]

 博物館キラキラの近くには、来原岩樋クローバーという岩山をくり抜いて汗作った水のトンネルがあります笑顔

 この岩樋キラキラ実は元禄13(1700)年に松江藩音量によって開削されたものですはさみ岩樋キラキラを伝って斐伊川泳ぐから得た水は、今でも農業用水汗に使われています。また昔花火は、水運ボートにより物資輸送プレゼント>や人の交通走るにも利用されていたようです音符


 出雲市・比布智神社の宮家春日家キラキラに伝わる文書メモの中には、平田の商人お金小村和四郎重義ウインクという人物が、慶応2(1866)年に風土記社キラキラを参詣した旅日記足跡が残っているのですが、その旅日記足跡の中にも、ここから舟ボートに乗ったことが記されていますメモ

興味のある方は・・・
 関 和彦著
『古代出雲への旅 幕末の旅日記から原風景を読む』
           中公新書

        をご覧くださいびっくり

 現在、来原岩樋キラキラ周辺は、岩樋公園音符として市民の憩いの場クローバーとなっています。博物館キラキラに寄られたおりには、こちらの方へも脚走るを運んでみてはびっくりはてな