CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«〜市民ギャラリー「ダンボールクラフト作品で巡る“神在月”出雲路の文化財」を開催します!〜 | Main | 〜大津小学校「平和学習」に博物館職員が講師として参加しました!〜»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
〜特別展関連講演会Aを開催しました!〜 [2020年11月20日(Fri)]

 11月7日(土)、好評開催中の開館10周年記念特別展「出雲・上塩冶築山古墳とその時代」の関連講演会Aを開催しました。
 
 今回は、奈良文化財研究所の田村朋子氏をお招きし、「上塩冶築山古墳のガラス玉はどこからきたのか ―科学分析でわかる古代ガラスの産地と流通―」と題し、講演していただきました。
 田村氏は、日本列島の遺跡から出土する古代ガラスについて、考古学の手法(形態と製作技法)と自然科学分析(材質調査)を合わせた調査をされています。その結果、ガラス玉の産地流通経路(ガラスロード)がわかってきたようです。
 上塩冶築山古墳のガラス玉も調査され、インドや中央アジア、メソポタミアなどいくつかの地域で作られたものと指摘されました。そして、ユーラシア大陸の内陸(陸路)を通り、中国右矢印1韓国右矢印1日本(ヤマト)に運ばれ、最終的に出雲の上塩冶築山古墳に副葬されたとまとめられました。
 田村氏の講演により、大陸から輸入された弥生〜古墳時代のガラス製品の流通経路がわかってきました。今後、これまで検討が進んでいた土器や鉄器に加えて、ガラス製品の流通を踏まえて、古代出雲の交流の実態が明らかになっていくでしょう。
 講演会には40名が参加され、熱心に聴講されました。



講演会のようす.JPG