CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«〜みんなの「ぬりえ」紹介 その5〜 | Main | 〜大津小学校「古代体験学習」の博物館・西谷墳墓群見学!〜»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜おうちで弥生の森ミュージアム!第7回 常設展リニューアル その3「古墳時代後期」〜 [2020年06月03日(Wed)]

 おうちで弥生の森ミュージアム!
 出雲弥生の森博物館を紹介していきます。おうちでのんびりゆったり、博物館を楽しんでください♪
 さて、今回紹介するのは、リニューアルした常設展その3「古墳時代後期」です。


 出雲市内には、古墳時代後期(6〜7世紀)にかけて多くの古墳が造られます。墓である古墳は、埋葬される人(被葬者)の権力によって、規模や埋葬方法、副葬品が異なります。今回のリニューアルでは、古墳の規模、石室の規模、石棺の規模をパネルにまとめ、各古墳の被葬者の力や、古墳造りの変化について示しました。ここでは、古墳の規模のパネルを紹介しましょう。
 市内の古墳の規模には、大形・中形・小形があり、3段階の階層があることがわかります。また、6世紀には大形古墳が造られますが、7世紀になると古墳の規模がどんどん小さくなって、7世紀後半には小形の古墳しか造られなくなります。大規模な墓づくりに力を注いでいた古墳時代が大きく変化し、新たな時代へ向かっていることが読み取れます。


白04.出雲西部における主墳丘規模(上島追加).jpg

クッリクすると大きくなります!



1 上島古墳
 出雲平野の北側にある上島(あげしま)古墳は、6世紀前半に造られた小形円墳(径約15m)、または前方後円墳です。その内部には、家形石棺と竪穴式石室が横並びに埋められた珍しい古墳です。石棺の中には一体分の人骨が残っていましたが、人骨はそのまま埋められ、発見当時の写真と図面がその事実を今に伝えています。男性?女性?どちらが埋葬されたのでしょうか?
 遺体の右側には護拳帯金具(ごけんたいかなぐ…柄部の飾り)が付く大刀がありました。一方、石室内には、金ピカの馬具などが入れられ、遺体は埋葬されなかったようです。

上島古墳家形石棺内部(小).jpg

上島古墳石棺内部の人骨



 これまでは須恵器と鉄鏃(てつぞく)のみの展示でしたが、今回のリニューアルで、大刀の護拳帯金具金銅装の馬具を新たに展示しました。これらは銹(さび)ついていますが、当時は、黄金色に輝いて、人々を魅了していたことでしょう。

上島古墳展示.jpg

上島古墳出土の護拳帯金具


上島古墳馬具展示.JPG

上島古墳出土の金銅装馬具と鉄鏃、須惠器



2 妙蓮寺山古墳
 出雲平野の南西側にある妙蓮寺山(みょうれんじやま)古墳は、6世紀後半に造られた中形の前方後円墳(全長49m)です。出雲市駅の近くにある全長約92mの大形前方後円墳の今市大念古墳と同じ頃の古墳です。この古墳には、石室の中に石棺が設置されていました。
 この石室内からは金銅装の馬具や鉄斧など出土しています。馬のお尻を飾る雲珠(うず)杏葉(ぎょうよう)…写真手前の他、足を置くための鐙(あぶみ)の金具(写真中央)も出土しています。今回、新たにこれらの馬具を展示しました。
 鉄斧は20pを超える巨大な斧です(写真奥)。大きな木を切り倒していたのでしょうか?あるいは、儀礼用なのでしょうか?

妙蓮寺山古墳馬具展示.JPG

妙蓮寺山古墳の馬具と鉄斧



3 築山古墳群
 出雲平野の南側にある築山古墳群は、6世紀後半に造られた大形円墳の上塩冶築山古墳(径46m)と、その周辺の中形や小形の円墳からなる古墳群です。今回のリニューアルでは、上塩冶築山古墳から出土した金銅冠の復元品を作成し展示しています。


冠ジョン2-2.jpg

上塩冶築山古墳出土の金銅冠の復元品
(かぶって動くと歩遥が揺れ、キラキラ輝きます。)


 また、小形の3号墳から出土した銅製の椀(写真左)や和風の大刀の柄部の飾り(ねじり環頭)や、小形の4号墳から出土した金銅装馬具などを新たに展示しました。
 特にねじり環頭(写真中央)は、上塩冶築山古墳のものよりも長さが3p長い9pもあり、巨大な大刀が副葬されていたと推測できます。

築山古墳群展示_1.JPG

築山1〜4号墳の出土品



4 上塩冶横穴墓群

 上塩冶横穴墓群は、築山古墳群の南側の丘陵に造られた県内最大規模の横穴墓群です。古墳からは金メッキされ豪華な金銅装馬具が出土しますが、この横穴墓からは、金銅装はなく鉄製の馬具(写真奥)が出土します。埋葬方法に加え、副葬品にも格差があったようです。
 ただ、横穴墓からも特殊なものも出土しています。それは、歩遥(ほよう)で(写真手前右)、権力者しか持てない冠や履(くつ)につく飾りです。どうやって、入手したのでしょうか?

上塩冶横穴墓群展示.JPG

 
 古墳時代後期の出雲平野の古墳からは、大刀や馬具など豪華な副葬品が多く出土しています。当館の常設展では、今回紹介したものの他に、上塩冶築山古墳(重要文化財)や国富中村古墳の金銅装の大刀や馬具も展示しています。この機会に出雲平野の古墳時代後期の豪華な副葬品をぜひご覧ください。

文章:学芸員 坂本 豊治


 この機会にぜひ、リニューアルした常設展をご覧ください!みなさんのご来館をお待ちしています♪


参考サイト
博物館ホームページ

〜おうちで弥生の森ミュージアム!〜
第1回 マスコットキャラクター「よすみちゃん」
第2回 春季企画展「『日本書紀』1300年記念 硯から見た古代の出雲」
第3回 常設展リニューアル その1「縄文時代の土器・石器」
第4回 ギャラリー展「田儀櫻井家のたたら製鉄 その1 宮本鍛冶山内遺跡
第5回 速報展「1/80の調査 ―史跡鰐淵寺境内の調査から―」
第6回 常設展リニューアル その2「弥生時代」
第8回 常設展リニューアル その4「猪目洞窟(いのめどうくつ)遺跡の人骨」
第9回 常設展リニューアル その5「史跡 鰐淵寺境内」