CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«セクシィーな人参 | Main | 六月の鹿»
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
笹ちゃん
西わらび (06/13) 山内翼
うどとそら豆のキッシュ (05/24) ウェストランド
8月15日満席です (08/15) みねちゃん
ジャスト75 (08/11) 埼玉在住 坂本
盛農米 (08/08) Ritsuko Westlund
サーターアンダギー (08/14) ヒロ&マユ
おでん専用日本酒届きました (12/02) ヒロ&マユ
土佐しらぎく (07/05) ヒロ&マユ日記
土佐しらぎく (06/29) お泊りたろー
シアントロー (03/13)
月別アーカイブ
干し葉 [2012年01月26日(Thu)]

干し葉

昨夜は盛岡は本当に冷え込み
明け方の気温はマイナス11度。

北海道や東北地方の一部では
寒いときにシバ レルといいます。

これはきっと痺れる(しびれる)から
来ているんだろうなと実感できる寒さでした。

さて、このように寒い北国には
長い冬を乗り切るための
知恵がたくさんあります。

干し葉もそのひとつ。


大根や蕪の刻んだ葉を
茹でてから凍らせたものです。

野菜が不足する時期のビタミンや
ミネラル補給のために大切な食材となります。


そのまま味噌汁やおじやに入れると
じんわりとした甘さと
お日様を吸い込んだような干草の香りが
やけに郷愁を誘います。

味噌汁には熟成した、いわゆる田舎味噌や
しっかりと大豆の味がする
豆味噌がお勧めです。

上品な西京味噌はちょっと違和感があります。

具はシンプルに固めの木綿豆腐。

干し葉入りのおじやは
干し葉の味噌汁に白いご飯を加えるだけ。

家庭のお父さんでも簡単です。

その上食卓に出す前に
おやじのおじやだよー
の一言でひなびたおじやも
華やかな逸品になること間違いありません。



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント