CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«1月20日お席空いています | Main | ニシンの卵と白子»
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
sasayan
なつかしいぞ!明大前 (02/17) 笹ちゃん
西わらび (06/13) 山内翼
うどとそら豆のキッシュ (05/24) ウェストランド
8月15日満席です (08/15) みねちゃん
ジャスト75 (08/11) 埼玉在住 坂本
盛農米 (08/08) Ritsuko Westlund
サーターアンダギー (08/14) ヒロ&マユ
おでん専用日本酒届きました (12/02) ヒロ&マユ
土佐しらぎく (07/05) ヒロ&マユ日記
土佐しらぎく (06/29)
月別アーカイブ
中国のみち [2022年01月20日(Thu)]

中国のみちの40年後

蘇州、杭州から四川、雲南へ。
さらには福建へと司馬遼太郎が
巡る中国の旅。あれから40年。
今の中国を観たら氏はあの白髪を
逆立てんばかりに驚愕したであろう
ことは容易に想像できるほど
中国は変貌を遂げています。
ちなみに彼が中国に滞在した
1982年前後中国のGDPは
284億ドルでした。
一方日本は1157億ドルです。
また国民一人当たりの購買力を示す
GDPは中国が396ドルに対して
日本は11283ドルと
経済的には日本が圧倒的に優越していました。
ところが40年後日本のGDPが
5兆1000億ドルに拡大しているものの
中国のそれは16兆8000億ドルと
実に590倍も拡大しているのです。
また一人当たりの購買力も日本は4
4934ドルと4倍ほど増加している
一方中国人の購買力は19090ドルと
こちらもおよそ50倍の増加です。
さて追う中国追われる日本となった
現在司馬遼太郎が願ったような
両国の間に平和が訪れるのでしょうか。
緊張が続くだけに心配です。
IMG_1973.jpg
IMG_1972.jpg

IMG_1937.jpg
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント