CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

(特非)いわてGINGA-NET公式ブログ

2011年夏にスタートした、学生ボランティアによる岩手県被災地での復興支援プロジェクト「いわてGINGA−NETプロジェクト」。これまでのべ1万6千人以上が全国から参画し、応急仮設住宅を中心としたコミュニティ支援などを行っています。災害発生時における学生ボランティアの滞在拠点整備・運営、若者のマンパワーと地域のニーズをつなぐ仕組みとして継続しています。
公式ブログでは、そうした日々の活動の様子を発信しています。
特定非営利活動法人いわてGINGAーNET

いわてGINGAーNET公式ページ


夏銀河2014第3期 参加学生の声 [2014年10月01日(Wed)]
★小笠原 果美さん(学生キャスト:2期、3期前半)
「いわての魅力を伝える」
今回私は、夏銀河2014に2期と3期前半の3週間、キャストとして参加させていただきました。今回のプロジェクトで感じた「いわての魅力」は、「また会いたいと思わせる人の温かさ」でした。どうやったらまた会いたいと思わせるのか、一言で表すのは難しいと思います。ただ、「来てくれてありがとう。」や「一緒に遊んでくれてありがとう。」のように、感謝の気持ちを素直に伝える事が、実は普段私達にはなかなか出来ていないことで、今回出会った方々がしていたことではないかと感じました。

この人の温かさという魅力を言葉で伝えるのはとても難しいです。いわての魅力をいかに相手が素晴らしいと思うように伝えられるか。岩手県の大学生として、魅力的に伝えるという事がもっと身に付けなくてはならない力だと感じました。夏銀河2014で学んだ“伝える事”の難しさと大切さを忘れずに、いわての魅力をどんどん見つけ、発信し続けたいと思います。
小笠原.JPG

★小林 ​加奈さん
今回、夏銀河に参加し、岩手県の現状を知ることができました。私が一番驚いたことは、復興が進んでいるところと進んでいないところの差が激しいことでした。
家が建ち始めたところがあれば、まだまだ盛土をしなくてはいけないところもあり、また仮設住宅で暮らし続けなくてはいけない人もいて、まだまだ復興を進める必要があると感じました。
また、私は遊び・学びチームとして、岩手県沿岸部の大船渡市や宮古市などの仮設住宅で遊び企画を行いました。初めて被災地の子供たちと関わりましたが、子供たちはとても元気そうでした。しかし、ゲームをしていることが多く、外で遊ぶ機会が少ないことを知り、安全な遊び場所が少ない子供たちの居場所づくりが必要だと、改めて感じました。
復興はまだまだ進めていかないといけないので、今回学んだことをまずは自分の周りの人に伝えていこうと思います。
小林.jpg

★於久​ 拓哉さん
人生はじめて参加したボランティア活動。話すと長くなりますが、まずは参加した動機を。初めは「被災地の現状を知る」という目的で参加を希望しました。震災は日本人として知っておくべきことだと認識していたからです。英語教育を研究する者として「なんで英語をやるか?」といったテーマはすべての教員に考えて欲しいことです。その上で、私の1つの答えは「英語を学ぶことで、自分自身を見つめ直すことができる」ということです。英語なんてアメリカの子どもでも話せます。話す内容、コンテンツが重要なのです。英語で何を伝えるか、それは自分のことです。自分の住む街、大きくいえば日本という国。まずは、自分が気付いていなかった魅力を知る、そしてその魅力を伝える…、そんな英
語教育を目指しています。今回、夏銀河に参加したことで、その地域の歴史、文化、自然などなど、あらゆる魅力を知ることができました。今度もいろんな土地の魅力を知って、魅力を伝えていきたいなと思います。

写真は、帰りの新花巻空港でのみやざきメンバーです。
たくさんのステキな出会いがありました。
ありがとうございました。
於久​.jpg

★須藤 百加さん
GINGA-NETに参加して初めて東北、岩手に行きました。復興の現状を見て考えることはもちろんですが、テーマであった岩手の魅力をたくさん発見することができました。

初対面でもそんな気を感じさせないフレンドリーさ、どこにいっても素晴らしいおもてなしで迎えてくれること、家族や地域の繋がりから人の温かさを感じました。また、海や山の幸が豊富で新鮮なまま食べられたことから素材の良さ、祭りに参加させていただいたり、虎舞を見たりして伝統的な文化が継承されていることを知ることができました。さらに海と山の自然が豊かでした。まだまだあると思うので、また岩手に行って発見したいです。岩手だけでなく日本のことをもっと好きになりたいと感じました。今回学んだことをたくさんの人に発信していきたいです。
須藤.jpg

★佐藤 万莉さん(学生キャスト)
 夏銀河では人と人とのつながりのあたたかさ、強さを感じました。
 一週間住み慣れない土地で生活しながらの活動は想像以上に辛く、「一週間ちゃんと生活できるかな」と不安だらけなままの参加者の受け入れ、フィールドワーク。しかし、不安というマイナスな感情からのスタートだったからこそ、たくさんのことを吸収できたように感じます。毎晩行われた振り返りの時間は自分たちがインプットしたことをみんなで共有し考えることができた貴重な時間でした。夏銀河から帰ってきたこれからは、防災に対して知識も関心もあまりない私の地元で、学んできたことをアウトプットできるような活動をしたいと考えています。
 短期間でもそれ以上のものを得られる不思議な力の夏銀河。最高な夏になりました!!
佐藤.JPG

★山本 真琴さん(学生キャスト)
私は、夏銀河3期にキャストという立場で一週間参加させて頂きました。
この一週間は学ぶことが多く、とても充実していました。
私は、生まれも育ちも岩手です。そんな自分には気づくことができなかった岩手の
魅力というものを、今回銀河に参加していたみんなや、活動で出会った方々のおかげで新たに知ることができました。
今後は、今回新たに気づくことができた岩手の魅力、今まで知っていた岩手の魅力、これからも変化していく岩手の魅力を発信し続けていきたいです。そのためには、より多くの方々と関わり、多くのことを吸収し、どうしたらいいのかを考えていきたいです。
まだまだ知らないことがたくさんあり、未熟ですが、自分なりに考えて活動していきたいです。
今回初めて銀河に参加して、県外やアメリカなど多くの人たちと大好きな岩手で
出会うことができて嬉しかったです。
みんなと過ごした一週間は、私の大切な宝物です。
ありがとうございました。
山本.jpg
夏銀河2014第2期 参加学生の声 [2014年10月01日(Wed)]
★岩脇​ 翔斗さん(学生キャスト)
参加前は初参加ということもあり、緊張していました。他県の方とコミュニケーションがとれるのか、キャストとしておもてなしをすることができるのかと考えていました。ですが、参加してみると楽しく関わることができ、ありのままの自分も表現することができました。
私は岩手県民で被災者ですが、知らないことが多いと気付かされたのが活動日でした。山田周生さんの活動は知りませんでした。被災地出身でもないのに、現地に残り活動しているとのことですばらしいとかんじました。自分にも何かできることはないのかと真剣に考えさせられました。
私でさえ、プロジェクトの概要や山田さんの話を聞いて心を動かされました。私以外でも知らない人は多いと思われます。知れば活動してみようと考える人もいるかもしれません。私自身も発信源となり、多くの活動を多くの人と共有出来るように活動していきたいと思います。
岩脇.jpg

★藤井 亜衣さん
「銀河の活動での素敵な出会い。」
こんにちは!まず初めに、夏銀河2014第2期に参加させていただき本当にありがとうごさいました!
わたしは、高校生の時からずっと、実際に被災地に自分の足で訪れてどういう状態なのかを知り、何か少しでも被災地の方々の力になりたいなという想いがありました。それを実現したく今回の銀河に参加しました。実際にボランティア活動として行ったことの中で特に印象に残っているのが、菜の花プロジェクトの活動です。代表の山田さんは本当に活動に対する強い想いと希望を持っておられ、ものすごく刺激を受けました。菜の花プロジェクトは自然のエネルギーを使って、まだまだ先の未来の世界までもが豊かになるようにと考え、取り組んでおられました。今、震災が起きて3年が経ちましたが、まだまだ復興には時間がかかると思います。そんな中で、わたしもそうでしたが、今すぐ結果が出るように何か役にたちたい と考えて動くことをイメージする人が多いのではないでしょうか? 山田さんはそうではなく、目の前のことだけじゃなくて、1000年先まで見据えた活動に意味があるということを言っておられました。なるほどなと思いました。そしてその考え方っていいなと思い、もっと視野を広く持ってボランティアをしたい!とその時からわたしも思うようになりました。また、山田さんは世界一周や日本横断などを経験しておられる方で、今思っていることや叶えたいことに対して、難しいことでも勇気を持って一歩踏み出すことの大切さも教えてくださいました。"出来る出来ない" じゃなく、"やるかやらない" かが大事というのが改めてわかった気がしました。この菜の花プロジェクトがこの先もずっと、もっと多くの場所で行われていくことを願いたいです。
銀河に参加して、本当に沢山の出会いがありました。全ての方々との出会いを大切にして、これからも繋がっていきたいと心から思いました。
素敵な時間をありがとうごさいました!また絶対に会いましょう。
藤井.jpeg

★丸茂 歩基さん
みなさん、ほんとうにありがとうございました! また皆さんに再び出会えたことを感謝しています。
これからもずっといわて銀河ネットプロジェクトのリピーターとしてこれからも参加していきたいなと思いました。

今回のいわて銀河ネットの全体の大きなテーマが岩手の魅力についてということで、岩手の魅力を発見して、発信していこうと
考えて、今回はどのようなニーズがあり、その過程をしっかり学んで、すてきな出会いを楽しみにして今回のいわて銀河ネットに参加しました。
私はこのいわて銀河ネットに参加して今回で4回目の参加でした。2週間は長いようで短い感じがしました。しかし、自分の中では少し余裕がありました。経験者として、これからは初めての人にどのように説明していけばよいのか、しっかりと後輩や1年生につないでいきたいなと考えています。

活動全体を通して、今回は振り返ってみると、岩手県の自然の魅力を新たに発見することができました。菜の花プロジェクトと両石で活動することで、菜の花の種を脱穀することや、それをさらに種と小さなゴミにわけるために唐箕を行ったり、菜の花の種を実際にさわってみて、種植えをしました。菜の花を育てる過程をみて、菜の花のような花や植物や樹木は人間に育てていくことが必要であり、人の手が加わることでさらに菜の花や樹木がキレイになっていくのだなと感じました。また、菜の花の種を植えるときに土を触ったり、土の匂いや空気を身体全体で感じることができました。
両石のほうでは、昆布やワカメがとれたり、みんなで食べたシューリ貝などは、ミネラルをたくさん含んだ美しい海があるからこそ、自分たちは美味しいものをいつも食べることができるのだなと改めて感じました。

その昆布やワカメを育てている漁師さんの想いを届けにいく必要があるのだなと改めて感じました。
また、山田町でシーカヤックを行ったときは、間近で海とふれあい、アマモをみたり、クラゲの大群におおわれたり、すべては自然環境のバランスが保たれているのではないかなと思いました。

岩手県の魅力を発見できたかなと改めて感じました。この豊かな自然があるからこそ、私たちの人間と自然は共存していく必要があり、お互いに影響し合っているのであるのだなと考えています。たくさん美味しいものがあることも自然があるからであると思います。
私は、この岩手県の魅力の一つの自然をさらにいろいろな人に伝えていきたいと考えています。

また、岩手県の温かい人たちも魅力だと思います。
地域の人たちと話をしていて、自分たち学生を話の中に入れてくださったり、気軽に話しかけてくれました。また、再びの出会いもありました。また来てねとか、遊びに来てね、ありがとうと言ってくださり、このような地域の人たちと学生たちがつながっていき、また会いにいきたい人がいることも岩手県の魅力であり、いわて銀河ネットの良さだと感じました。

岩手県の魅力をさらに発見し、それを発信していきます。
八重樫さん、いわて銀河ネットのみなさん、事務局のみなさん、ほんとうにありがとうございました!!
またこれからもよろしくお願いします。
この出会いに感謝しています。
岩手県、いわて銀河ネットは自分にとっての
最高の居場所です。
丸茂.JPG

★三浦 ​春花さん(学生キャスト)
「岩手での出会いに『ありがとう』」
今回、初参戦した夏銀河ではたくさんの出会いがありました。まずは銀河メンバー。全国(または外国)から岩手に来てくれた学生、そして事務局のみなさん。銀河メンバーと寝食を共にして笑ったり、爆笑したり、笑い転げたり。ときには難しいことを考え共有し、悩むこともありました。でも、それも含めて銀河メンバーとの関わりはとても楽しかったです。また「遊び・学び」では、多くの子どもたちと出会いました。「ふわふわ」での遊び企画では、はじけたポップコーンのごとく元気な子どもたちと一緒に遊び、子どもと遊ぶ楽しさを改めて感じました!「学びの部屋」では中学生を対象に学習支援を行い、ゆとり世代を感じさせる勉強内容に戸惑いましたが、共に学ぶ姿勢を私自身が学べて良かったです。今回の銀河での出会いによって私の視野も広がり、また考えも深めることができました。岩手の出会いに感謝しています。ありがとう!
三浦.JPG

★石橋 樹さん
今回は、「岩手の魅力」を探すことがテーマとなっていました。そこで、地域の魅力と言われて私がすぐに思いついたのは、豊かな自然や歴史ある建物など目に見えるものや、おいしい食べ物でした。

地域の魅力として、そこに住む人を持ち出すのは、私にとって違和感あるものでした。その地域に住み続ける人が、他とは違う特色を持っていることはわかりますが、それが私の中で、魅力につながらなかったのです。

しかし、地元を離れ、岩手にて全国の学生たちと長い間生活するなかで、感じたことがありました。それは、私の地元の友人たちとは話のノリが違っていること。そして、地元での会話が懐かしく、帰りたいと思えました。

そして岩手から地元に戻った今、また岩手に行きたいという強い思いがあります。岩手で出会った人たちにもう一度会いたい。帰りたいと思える場所、「故郷」と呼べる場所には、そこに住む人に魅力があるからではないかと、今はそう思います。
石橋.JPG

★阿​部 美穂さん(学生キャスト)
私は参加する前、初参加だし後半からでやっていけるかな、知らない人と1週間の共同生活大丈夫かな等不安が多くありました。しかし、終わってみるとあっという間でしたが、すごく濃く充実した1週間を過ごせました。
この1週間を通じ、素敵で温かな人、自然豊かで楽しい場、多くの初めての体験、美味しい食べ物と出会い、改めて岩手の魅力を五感全てを使って感じ、その中でも私は人の温かさが一番の魅力であると思いました。活動の中だけでなく、お風呂や道端で出会った方が皆さん笑顔で「お疲れ様」「また来てね」などと声をかけてくださり、とても心が温まりました。地域の方だけでなく、参加者との交流で自分では見つけられない岩手の魅力を見つけることが出来ました。素敵な出会いと経験に感謝です。
今回キャストとして「おもてなし」というものが全く出来なかったので、知識や能力を身につけて、春や来年また参加したいです。ありがとうございました。
阿部.jpg

★大本 果奈さん
いわて銀河ねっとに参加して、この二週間があっとゆうまで、でもすごく濃い2週間でした。
わたしはこの2週間の中で、成長を感じることができました。初めての、グループディスカッションのとき、なかなか発言できなかったけど、だんだんと自分から自分の意見を言えるようになりました。これは、岩手の魅力をいっぱい知り、知識を高めていったからだなと感じました。わたしが発見した岩手の魅力は、どんなとこにいっても暖かく迎えてくれる人がいるという面で人があたたかいところ、自然いっぱいのところ、この岩手でしか食べることのできないおいしいものがたくさんあるところでした。
また学び、遊びの中で子ども達と関わってみて、年代別の子どもとの関わり方を学びました。遊びの中で、子どもだけでなく、親さんも一緒になって遊んで、たのしかったです。
岩手で感じた魅力を島根に帰って多くの人に伝えていかなければならないと思いました。また自分の地元にも関心をむけて、島根の魅力も発見し、発信していこうと思いました。
2週間生活をみんなとしてみて、別れがとても寂しくて、バスの中でみんなで泣いてました。また会えるといいなってと思います。春銀河もいけるといいなって思ってます!2週間ありがとうございました。
大本.jpg

★田中 ​優美さん
今回参加させていただいて一番心に残ったのは、人の温かさでした。買い物中やバスで移動している時に地域の方が声を掛けて下さったり、まだ何も力になれるようなことをしていないのに何度も「ありがとう」と言って下さいました。震災の爪痕は大きく景色よりも重機ばかりが目に入ってしまいますが、そんな中でも仮設のお店を開いて笑顔で一生懸命頑張っている方が沢山おられました。みんな温かく強く、私が元気をもらうことばかりでした。また辛い出来事を乗り越えたからこそ他では感じられない温かさが生まれたのだと思いました。私に出来ることは、地元に帰って今の現状を伝えること、それから感謝の気持ちを忘れず人を大切にすることだと思いました。岩手県は寂しいと ころではなく、自然豊かで人も温かいところです。私の地元とは遠く離れていますが、第二の故郷としてまた来たいと思いました。本当にありがとうございました。
三浦.JPG

★松​浦 龍太さん
自分は初めて岩手銀河ネットに参加させていただきました。
参加する前までの被災地としての岩手県というイメージとのギャップを実際に足を運んでみることで感じることができました。確かにまだまだというところはたくさんありました。しかし、人が生活している土地があるのだという当たり前なことが「被災地」という言葉だけでマイナスになってしまっているものが自分の中にあったのだと感じました。
そして今回のボランティア活動で岩手に行くことで学んだことがあります。それはボランティアとはなにかについてです。自分はボランティアとは気持ちも行動も助けるという心づもりで行くものだと思っていました。しかし、振り返りのときに「実際に足を運んで行くことがすでにボランティアになっている」のようなことを聞いたので活動中に自分は今、役に立てているか自分の働きはボランティアとして成り立っているのかという疑問が少し和らぎました。
だからこれからも銀河としてはもちろん個人でも岩手や東北地方に出向いて行きたいと思いました。
そしてこのことから自分の思う岩手の魅力とは何度でも行きたいとおもわせてくれるその土地の人たちの人柄の良さだと思いました。
今回参加することで自分の世界が広がり進むべき道みたいなものが見えた気がしました。本当に参加できてよかったと思いました。
ぜひ次の銀河も参加したいと思います!
ありがとうございました!
松浦.JPG

★柴田 広大さん
「岩手夏銀河2014を振り返って」
災害ボランティアとはどのようなものか分からず最初は不安でした。実際に活動してみた印象は自分にとって役に立つ経験ばかりでした。菜の花を通して塩害を防ぎ、景観をよくする菜の花プロジェクトでは山田さんの自給自足の生活のお話や農業をする楽しさ、苦労を学びました。
両石の漁師、久保さんと活動では、若布、昆布が消費者に届く過程を僕らは担いました。久保さんの思いや被災しても前をむいて頑張る姿がとても印象的でした。震災から3年半が経過し、少しずつですが確かに復興にむけて進んでいると思います。そしてこの銀河の最大の思い出は出会いでした。地域の方々、自然、場所、一緒に参加してくれた学生たち、事務局のみなさん、活動先のみなさんとの出会いは一生の財産です。岩手は人、自然、食べ物、場所全てが魅力あふれるところでした。これからも岩手に関わりたいし、銀河に参加し続けていきたいです。そして経験を伝えていきます。
柴田.jpg

★渡邊 愛友さん
「岩手県で出会った人から得たもの」
岩手県に13日間滞在し、たくさんの人と出会い、被災状況も含めてその時の思いも聞くことができた。フィールドワークの際にガイドさんがおっしゃっていた「コツコツ前に進もうとすれば幸せは必ずやってくる」という言葉が印象に残っている。震災から3年半が経っていても街並みは寂しく、人の心の傷も癒えてない。しかし、職場を失っても必死に前を向く漁業の人や、被災者でありながらも沿岸部に来て私たちと一緒に活動する仲間など、たくさんの人の前向きな姿が見られた。
被災していない私ができることは限界があるが、直接支援として結びつかなくても岩手県を訪れて魅力を発見したり、出会った人から吸収したことを地元へ帰り伝えたりすることはできる。時間の許す限り住民、仲間と交流し、笑い合うことで笑顔の溢れる地域へともっと発展していくだろう。その笑顔の源に少しでも貢献できるように地元でも積極的に活動し、3度目の岩手県に行きたい。
渡邊.jpeg

★尾崎​ なつ美さん
岩手は川が透き通っていたし、空気が綺麗だし、空が広く感じるし、たくさんの果物などの植物が育つし、たくさんの魚介類がいる!自然が与えてくれる恵みを人々がいただきながら生活している!そんな、素敵なところです!
尾崎.jpeg