CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

(特非)いわてGINGA-NET公式ブログ

2011年夏にスタートした、学生ボランティアによる岩手県被災地での復興支援プロジェクト「いわてGINGA−NETプロジェクト」。これまでのべ1万6千人以上が全国から参画し、応急仮設住宅を中心としたコミュニティ支援などを行っています。災害発生時における学生ボランティアの滞在拠点整備・運営、若者のマンパワーと地域のニーズをつなぐ仕組みとして継続しています。
公式ブログでは、そうした日々の活動の様子を発信しています。
特定非営利活動法人いわてGINGAーNET

いわてGINGAーNET公式ページ


全国から岩手に到着! 春銀河2012スタート(3月13日) [2012年03月14日(Wed)]
今日の朝8時過ぎ、京都、愛知、東京を経由したバスが、住田町五葉地区公民館に到着しました。
到着した学生は全部で37名。
一番遠い人で山口県や高知県から来てくれました。

今日から「いわてGINGA-NET」の活動、「春銀河2012」がスタートしました。
いわてGINGA-NETはこれまで、全国の学生の夏休み・冬休みに合わせて、岩手の沿岸被災地の支援活動に取り組んできました。
活動は、仮設住宅に設置された談話室での「お茶っこサロン」がメインです。
お話を通して安らいでもらったり、子どもたちとおもいっきり遊んだり…
発見した地域の困りごとを災害ボランティアセンターに報告するという役割も担っています。


今日は到着日。
オリエンテーション、現地視察、活動時のグループ作り、活動の準備の1日でした。



IMG_7346.JPG


バスから降り、体育館に荷物を運びます。









IMG_7349.JPG

スタッフのおばっちゃんによる、今日の日程と公民館の使い方の確認。
今回も張り切ってます!









CIMG0017.JPG



今回は、釜石市生活ご安心センター(以前の災害
ボランティアセンター)、大槌町災害ボランティ
アセンターにご協力をいただき、現地の様子や最
近のニーズをお聞きしました。










CIMG0019.JPG



GINGA-NETの活動に初めて参加した人も半数近
くいるため、これまでの現地の様子を含めて状況
を聞き取りました。
写真は、大槌町の災害ボラセンです。










CIMG0033.JPG


夕方、お風呂に入ってからの五葉公民館。
ボスやっこによるオリエンテーション・
グループ分け。









CIMG0028.JPG




グループに分かれました。
みんな、青い「銀河ビブス」似合ってるぜ!

早くもグループごとに打ち解けて話していました。









いただきま〜す!IMG_7410.JPG











この片づけ方こそ、GINGAクオリティ!!CIMG0037.JPG


















その後は、グループごとに次の日の準備をしました。

IMG_7400.JPG





明日は大槌町からあったボランティアのオファーに応えるべく、ウメがコーディネート!
彼は先日岩手日報にも大きく取り上げられた、大槌出身の1年生。
GINGA初参加ながら、早くも活躍しています。

IMG_7394.JPG




そんなこんなで23時にはしっかり消灯。
参加男子の8割は、体育館で布団&寝袋で寝ることにしていました…
なんでも、体育館で寝ないとGINGAを感じられないんだとか(笑)
体調管理にだけは厳しく言っておきました!


明日からいよいよ、仮設住宅に出向いてのお茶っこサロン。
夏、冬からの良い関係性を生かして、元気に活動していきましょうね!



コメント