CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年05月 | Main | 2016年07月»
自分を信じること [2016年06月22日(Wed)]
よく、聞きませんか?「自分を信じよう。」って、言葉。
あたしゃ、自分に自信がないので、自分を信じようって言われてもなーあって、感じです。
(ちびっと、不真面目ですいません。)

でも、自分を信じる物語を最近聞きました。
格闘技系、ある県のインターハイ予選でのお話し。
中学生から鳴り物入りでその部活の入部したAさん、高校に入ってからは目が出ず、監督からは「お前、なんで弱いんだ。やめちぃまえ。」と罵声をあびる毎日。
それでも、腐ることなく練習を続け、高校3年生になったこの大会。
Aさん、個人戦では、周囲の予想通りの準々決勝で敗退。

で、迎えた翌日の団体戦。
準決勝まで、Aさんのチームは勝ち進みましたが、その相手は、優勝候補本命のチーム、しかも大将は前日の個人戦優勝者、つまり県のチャンピオン。
で、試合は進み、大将Aさんの出番。
それまでの経過。
●○●引分けの1−2、しかも相手に内容で大きく引き離され、勝っても僅差ではチーム戦敗退という絶対絶命。

ところで、高校入学後成績を残せないAさんは、ふがいない自分に腹を立て、2年生になってから練習終了後帰宅してから個人コーチにつき、猛練習を重ねていた。
そのコーチが、前日の個人戦を観戦したところ、あれ、A、結構やれるぞ、これなら、個人戦だって勝てるかもしれないと思い、Aさんに声をかける。
「A、俺、会場で他校の選手の様子を見たら、お前、結構やれるって思ったぞ、自分だって自分を信じていないかもしれないけど、やれる。自分を信じてやってみろ。」と。

個人戦終了後、コーチはまたAさんに声をかける。
「お前、自分を信じてたか?信じてなかったろう。見てたら分かるんだ。明日は、お前がキーになる場面が来るような気がする。やってみろ、自分を信じて、やってみるんだ。」

準決勝のその試合、誰もが予想しなかった大逆転劇。
Aさんが、県のチャンピオンを大差で破り、逆転の勝利を呼び込む。
チームのみんな、応援の父兄、監督までもが大号泣。
決勝戦は、あっというまの3連勝で、早々と優勝決定。
大将のAさん、その決勝戦中も涙が止まらない。

その日、その翌日もお母さんとAさん、涙がとまらなかったそうです。
2年生からの1年間、週3日、学校から帰り、9時から12時までの練習。
休んだのは、インフルエンザの1日と遠征試合の1日、たった2日だったそうです。

「自分を信じること」

とっても素敵なノンフィクションのお話でした。
派遣のこと [2016年06月20日(Mon)]
このところハローワークに行くと、道路の際に一人、または数人が立っている人が目立ちます。
この人たち、ほとんどが派遣会社の人たち。(たまに、保険会社の人もいるらしい。)
これは、雇用情勢好転し、派遣に登録する人が少なりなり、特に若い人が少なくなり、ハローワークの前で網をはっているってことらしい。

この人たち、もう、はっきりしてる。
若い人にしか、声掛けない。

やりたい仕事がわからないなら、いろいろ経験してからやりたい仕事探したら。
とか、で、派遣に登録。
もちろん、派遣の働き方が好きな方もいらっしゃるだろうし、人それぞれだと思います。
でも、今の日本では正規雇用と非正規雇用では、どうちがうか?
その資料が、ハローワークにあります。
もちろん、サポステにもあるので、是非一度、目を通してみてください。

雨が少ないと言われている、今日この頃。
必ず成功する雨乞いの祈祷師のお話しです。

この祈祷師は、雨乞いの踊りを踊ります。ハイヤーアァァァ、タクシーィィィと。
で、二日目もこの雨乞いの踊りを踊ります。
三日目。
四日目。
五日目。
六日目。
・・・
・・・
・・・
・・・
ずっと続けます。

そうすると、必ずいつか、雨が降ります。

この祈祷師は、雨が降るまで、雨乞いの踊りを踊り続けます。
あきらめないで、踊り続けます。
だから、雨乞い確率100%。

うーーーーーーん、深い話だぁぁぁ。(笑)
きっと、私は、途中で、雨乞いをやめる理由を探します。
もう、6日目だからとか。
疲れたとか。
なんだとか。

あきらめなければ。
やり続ければ。
きっと、できる。

とととと、でも、何をやるって決めるかは重要。
老年の私が、オリンピックの100Mにでる。
でるまで、やる。
これ、あかん。
宇宙飛行士になる。
これも、あかん。

ちゃんと考えて、やればできることなら、できるってこと。(← なんか、普通ぅぅぅ)
(・ ・)



集中訓練プログラムが始まりました。 [2016年06月07日(Tue)]
いよいよ本日、6月7日、働く力をつける為の集中訓練プログラムが始まりました。
今回の参加者さんは、男性4名、女性2名の計6名です。
去年の男性5名、女性5名の参加者さんと比べると、人数がちょっぴり少ないですが、でも、今回の参加者さん、フランス、イタリア、あめーーーりか、カナダ、ドイツ、日本と一人として同じ地域の方がいらっしゃらないという素晴らしいメンバーです。
(はいはい、フランスにイタリア、どこだよ) ← つっこみをいれるのも疲れるかも (^^)
(しかも、あめーーーりかって、アメリカにはなんか含むもんがあるんかぃぃぃ。)

いつも集中訓練プログラムをやって思うことは、参加者の皆さんがうちに秘めた、本人も知らない力があるんだなってことです。
人には、他人も知らない、自分も知らない、隠れた自分があるそうです。
その隠されていた自分が発揮できるかできないか、それは、もう、運にかかっているそうです。
運がいいか、悪いか?

麻雀の神様ともいえる、負け知らずの桜井 章一さんは言います。
「運は、自分の運を支配するのは、神様でも他人でもありません。
運の流れを作っていくのは自分なんだ、 という気持ちを持つことです。
運が悪ければ、 それを自覚して修正する努力を すればいいのです。」
つまり、運は自分で呼び込むことができると言うのです。
麻雀という、一見、偶然に左右されそうなゲームなのに、その言葉。

運が自分でつかむことができる。

そうです、集中訓練プログラムに参加される人は、まず、その前提からして違うのです。
いいから、やってみたらと薦められます。
ある人は、はい、やってみます。
ある人は、だって、でも、しかしと、断る理由を探します。

この、はい、やってみますと言った人が、参加者さん。
そして、学ぼうとする姿勢から、素直に、講師の皆さんからこれがいいよと薦められたことを実践する。
そうして、運が変わっていく。

今までの、皆さんが、そうでした。
そう、今回の皆さんだってそうなります。
グループの力が皆さんにパワーを与えてくれます。
おめでとう、運がよくなりましたーあ。(いい結果をさきに言うことで、そうなるそうです。)





5/28(土)コミュニケーションタイム活動報告 [2016年06月02日(Thu)]
テーマ「中古洗濯機 商品化大作戦!」

今回のコミュニケーションタイムでは、次のような課題についてグループごとに話し合い、全体に発表していただきました。

〔 課 題 〕
我が社では売れ残っている中古洗濯機が1万台あります。
これを商品化する方法をグループごとに考案し、プレゼンし合いましょう。
プレゼンの際に使うPR用のポスターも作成してください。
全部のグループのプレゼンが終了したら、どの方法が最も売り上げにつながりそうか投票して決定します。
(※中古洗濯機がまだ機能するかどうかは各グループで決めてよい。)

5月28日写真1.jpg

5月28日写真2.JPG 5月28日写真3.JPG 5月28日写真4.JPG

どのグループもとりあえず洗濯機としての用途でアイディアを出してくれたようです。
あるグループは売り込みのターゲットを新入学の学生、油汚れの多い工場や車の整備士さん、野菜農家さんなどに設定したり、あるグループはどれでも均一セールにしたり学割をつけたりしてお得感をアピールしたり、また、あるグループは他の中古家電とセット価格にしたり旅行クーポンが当たるなどワクワク感をプレミアムにしたりなど、みなさん知恵を出し合って素晴らしいアイディアを考えてくれました。 

実は、このテーマのねらいは、創造的思考を活性化し、他者(客)の視点から物事をとらえ、斬新な解決策を考えるエクササイズとして取り上げました。
前回は「ステレオタイプ」について話し合いました。ステレオタイプとは、固定化したイメージや概念のことで、文化的な背景の中で伝えられてきたものですが、時としてそれらの一般化のしすぎが反復されていくうちに、先入観や偏見につながることもあります。

これからの社会を担う若者のみなさんには、伝統として伝え続けていく普遍的な価値をもつものを大切にし、一方で、「思考の柔軟性」や「発想の斬新さ」もぜひ養っていってほしいと思っています。