CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年04月 | Main | 2016年06月»
読売新聞への投書 [2016年05月26日(Thu)]
先日、読売新聞の人生相談コーナーにこんな記事が載りました。
「20代に働かない若者の父です。どうしたら、働くようになりますか?」という悩み相談です。
その父親の話を要約すると。
「学校を出ても働かないので、妻の父の経営している会社に働きに行かせた、すると、何日かして泣いて帰ってくるようになり、やがてやめてしまった。その後、働くように言うと、ハローワークには行っているようだが、いっこうに働く様子がない。どうしたらいいか?」

回答者は、弁護士さん。その回答も要約します。
「もしかして、お小遣いとかをあげてますか?甘やかしている。それが、息子さんの自立を妨げているようです。本人は何を考えているのでしょうね?一度、どう考えているのか、じっくり話し合ってください。期限を決めて、自立するようにしてください。」

これを読んで、もう頭来て、思わす、読売新聞の「人生案内」係御中で、手紙を書きました。
「働かないんじゃない、働きたいのに、どうしたらいいかわからない。
その証拠に、おじいちゃんの会社に行っているし、ハローワークにも行っている。
本人自身が、混乱しているのに、話し合いなんていうけど、これ、たんに詰問するだけ。
本人を責めるだけ。
期限なんか、本人が一番早く、明日にも働きたい。
だけど、できない、だから、苦しむ。
回答者のアドバイス通りしたら、間違いなく、さらに親子関係は悪くなる。
このような形で、親子関係が壊れ、最悪の場合、事件を起こす。」

世間は、若者の働くことへの苦悩に理解なく、個人を問題のあるものとして、責める。
親も悪いと言って、責める。
結局、この問題は、個人の問題、家庭の問題として、一件落着。

この弁護士先生。
もし、家庭に問題がないとしたら、たんに運がいいだけ。
問題が起きたら、お子さんとの関係はすぐに最悪な状態に突入まちがいなし。
だって、他人の苦しみへの配慮がないもん。

でも、若者の働くことへの意見は、きっとこれが世間の代表的なもの。
つらいわーあ。
現代日本の社会問題なのに、こうして、個人の問題と収束。

サポステは、戦います。
若者の味方をします。
応援します。

がんばれぇぇぇぇぇ、そして、がんばるなぁぁぁぁぁ。

冒険の旅 [2016年05月21日(Sat)]
いつ頃からだろう??
若者が冒険をしなくなったのは。
冒険と言っても、重装備を背負って、南極大陸に行きますというような、文字通りの冒険というのではなく、日常のちょっとした冒険の話。

例えば、もらったお年玉を握りしめて、東京のプロモデルやさんに子供たちだけで出かけるとか、自転車で遠くの海に行くとかいうやつ。

今は、そんなの危ないということで、小学校の行き帰りでさえ、集団登校、集団下校。
古来、子どもってのは、大人の言うことをきかず、道草をし、よそ見をし、そんななかで、他人とかの関係性や色々なことを学んだりしてきた。

今の学びは、ネットや学校??。
自然や体験から学ぶことがすっかり少なくなったような気がします。

で、冒険の旅。
僕が10代の後半、友人と新宿の、なんで新宿かは忘れましたが、カウンターのお寿司屋さんに行こうという冒険をしようということになりました。
実行日の前の日に、下見に行き、繁華街をウロウロ。
で、ここなら、大丈夫という店を決め、実行日も決めた。

当時、って、いまでもその名残は多少ありますが、カウンター寿司、回らない寿司というと値段は、いくら取られるかわからないという印象。
いわゆる時価って、いうやつ。(お・そ・ろ・し・い)(^^)
僕たちは、実行日当日、ぼられないように、少しでも大人に見られるよう、ブレザーを着用。
今思えば、そんなことしても、どうしようもないんだって思いますが。(笑)
お店の前では、「いくら持ってる。」、「一万円ある。」、「俺も、一万円ある。」、「大丈夫だよな。」、「うん、大丈夫だよ。」とお互いを鼓舞しあい、いざ、冒険の旅に。

何を食べ、いくら払ったのかは、全然覚えていないですが、ドキドキした気持ち、この会話は、40年くらい前の話なのに、しっかり覚えている。

冒険の旅。
今の若者では、きっと、初めての冒険の旅は、就職のような気がします。
初めての冒険。
怖いよなーあ。

サポステは、そんなみんなの応援。
冒険の旅の為の、各種装備、そろってますよんんんんん。
パワースポット [2016年05月14日(Sat)]
5月1日(日曜日)、気合を入れて仙台の慈眼寺というお寺の護摩祈祷に行きました。
護摩祈祷とは、ウィキペディアで調べて下さいませ。
(って、筆者、あんた、わからんのかぃぃぃぃ)(笑)
慈眼寺は、吉野金峯山寺というお寺で修験道の修行をされ、1000日回峰行(かいほうぎょう)という金峯山寺では、1300年ぶり、二人目という過酷な修行を成し遂げられた塩沼亮潤(しおぬまりょうじゅん)阿闍梨(あじゃり)様が開かれたお寺さんです。

阿闍梨様というのは、坊さんの位みたいなやつで、多分サッカーでいうとあのヨハン・クライフ、リオネル・メッシの位に相当するらしい。(サッカーに位なんか、ないぞぉぉぉ)、(メッシは、今の選手で日本のバラエティー番組にも出てくるから何となくサッカー知らない人にも分かるけど、ヨハンなんちゃらは、わからんんん。)  ← (想定内つっこみ)

というわけで、えらーーーーーーいお坊さんのお寺。
そこは、修験道なので、仏事には関係なく、なんでもお願いを聞いてくださる、知る人ぞ知る、日本の偉大なるパワーポイント。
って、それ、マイクロソクトじゃぁぁぁ。
うん???  パワーパッド???
って、それ、バンドエイドぉぉぉぉぉ。

というわけで、偉大なるパワースポットにお願いをしてきました。
何のお願いかは、ひ・み・ちゅぅぅぅ。(^^)
ほんでもって、さすが、ゴールデンウイーク、行きはスイスイでしたが、帰りは事故で大渋滞。
せっかちなわだす、速攻で高速をおり、びっしり詰まった一般道に入ってから、あちゃああああああ、こんな時は、高速道路降りちゃ、いかんぞぉぉぉと、失敗してから分かるタイプ。(T T)

塩沼亮潤様、本もたくさん出ています。
そうそう、仙台といえば、牛タン。
あの有名店「利休」で、がっちり腹ごしらえ。
また行こうっと。
仙台。