CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年06月 | Main | 2015年08月»
幸せのこと [2015年07月21日(Tue)]
今日の朝、テレビの、多分情報番組かなんかだと思いますが、四つの部品みたいなのを組み立てると、あっと言う間に、お掃除ロボットみたいなのができちゃうってのをやってました。
作ったのは子供で、番組の人が、これどんな風に使いたいですか? の質問には、「ごみが一杯あると所で使いたい。」と、当然の答え。
で、便利でいいですねーえと、スタジオの声。

おぃ・・・、待てよ。
なんか、ちょっと違和感。

今の世の中って、幸せじゃないとアカンでしょうみたいな大合唱が行われているような。
癒されましょうぉぉぉ、みたいな。
こうすれば心が安定する。
ああすれば、人との付き合い方がうまくなるみたいな。

こうこうこうして、ああこうああして、あんなんして、こんなんして、そんでもって、幸せになりましょうぉぉぉぉぉぉ、って。

幸せじゃないとだめなのかな?
なんかの調査で、すべてを手に入れて幸せになると、今度はそれを失うんじゃないかって、幸せ感がすぐに失われる。
30%うまくいかないことがある、70%くらいの幸せ感が、一番幸せと感じるパーセントらしい。

幸せを求める今の風潮は、なんか違和感がある。
それ、利己的って言っちゃだめなのかな?
幸せじゃないとダメなのかな。
ひきこもりの問題も、不登校の問題も、ニートの問題も。
そのままじゃ、だめなのかな?

何かが足りない、今に満足していない。
そんなところから、色んな新しいもんが生まれてくるんじゃないかな?
物のことじゃない。
形にならない、精神的なことの話。

わ・た・く・し、へそ曲がりにつき、
みんなが右ぃぃぃって言うと、左を向きたくなる。
ひきこもりも不登校もニートも、みんなオッケー。
そのままでいいじゃない。
かじれる間は、親のすねかじって。
そんで、動きたくなったら、サポステのような団体にヘルプミー。

大丈夫、大丈夫。
ゆっくり、ゆっくり。
あせらない、あわてない、あきらめない。
でぇぇぇぇぇすぅぅぅぅぅ。


7月4日(土)「七夕集会」を行いました!(14名参加) [2015年07月07日(Tue)]

七夕集会A.JPG


七夕集会@.JPG


七夕集会B.JPG

 七夕集会D.JPG

 七夕集会C.JPG

[活動内容]
 ・七夕飾り作り、飾り付け
 ・短冊に願いごとを書き、笹に結ぶ
 ・「天の川ゼリー」作り
 ・歓談
 
  みなさんの短冊には「無職脱出!」や「就職できますように!」
「資格試験合格!」など、ポジティブな内容が書かれていました。

また、「このような日本の昔から伝わる行事を仲間と一緒におこなうことができて、風情や季節感を感じてよかったです」と感想を述べていた参加者さんもいました。

 確かに日本人は、古来より年中行事を通して季節を感じ、感性を高めてきました。そして、自然の恵みに感謝し、あるいは「自分の力を超えたもの」への畏敬の念を抱き、「あやかりたい」という思いや「お陰様で」という“他力”の存在を認識してきました。

 ですから、願いごとをかけることは大変奥ゆかしく、崇高なことであると思います。しかし、願うだけで「棚ぼた」的にただ待つだけでは幸運はなかなか訪れないのではないでしょうか。

アメリカの心理学者クランボルツは「計画された偶発性理論」の中で、「必然的偶然」という言葉を遣っています。一見偶然と思えるようなことでも、日頃から神経を研ぎ澄ませたり、行動したりしているうちにヒントとなるようなインスピレーションがひらめくことがあります。

 このように、偶然を意図的・計画的にステップアップの機会へと変えていけるといいですね。(文責:N.K)
コミュニケーションセミナー実施しました。 [2015年07月06日(Mon)]
6/27(土)臨床心理士の佐藤隆也先生をお招きして
「ストレス解消」についてのコミュニケーションセミナーを行いました。

臨床心理士セミナー写真.jpg

ストレス解消のワークの内容は盛りだくさんで、
大笑いしたり、体を動かしたり、2時間あっという間のセミナーでした。

参加者の皆さんからは
「勉強になった」
「自分の考え方のくせに気づいた」
などの感想がありました。

今後もこのようなセミナーを開催いたしますので、
興味のある方は是非ご参加ください。