CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年03月 | Main | 2015年05月»
コミュニケーションタイム4/25(土)実施報告! [2015年04月28日(Tue)]
テーマ「あなたを縛っている縄はどんな縄?」11名参加

 私たち人間は「〜すべき」「〜ねばならない」というような、“縄”に縛られてしまうことが時としてあります。

 本来、これらは「自分のありたい姿」や「願望」など自分の理想や価値観なので適度であれば向上心を触発し、自分を突き動かす原動力となります。

しかし、それが強すぎると、自分をがんじがらめにして身動きが取れなくなってしまいます。

そこで、自分を縛っている縄が「どのようなものか」また「どの程度なのか」を自分自身で把握し、少しでもその“縄”を緩め、生きやすくすることによって生活の質を高めていけるよう「内省(個人)ワーク」と互いにアイディアを出し合う「グループワーク」を行いました。

使用した参考資料:
コミュニケーションの力をつけるEQトレーニング 外島 裕、岸本 智美 著
 
参加者さんからは、
 ・自分についてよく知る機会をもつことは普段から必要だと思った。
 ・自分がいかに自分を縛りつけているかに気づいた。
 ・考え方の視点をちょっと変えると楽になることに気づいた。
などの感想が聞かれました。
 
長年の生活体験や環境などによって形成されてきた「ものの見方や考え方」を変えることは難しいですが、ほんのちょっと弾力性や柔軟性を取り入れると新たな視点が生まれて生き方が楽になるかもしれませんね。
(文責:N.K)

失われていく言葉 [2015年04月24日(Fri)]
言葉って生き物で、時代とともに変遷していくようです。
新しい言葉が生まれてきたり、ある言葉は時代においていかれたりする。
そんな中、使われなくなって、僕がとっても残念に思うこと言葉のなかに、「浅ましい」っていう言葉があります。
「浅ましい」
最近、この言葉が使われることは、とーーーーっても少ないようです、
ましてや、テレビで聞かれなくなって久しいような気がします。
30年前に今の番組を放映したら、アナウンサー、関係者が「あさましい」、「あさましい」の連発になったに違いないと思います。

たとえば、スーパーでの安売りにわれ先に駆け込む人々。
「あさましいぃぃぃぃぃ」
食べ放題で、これでもかこれでもかと食べる人たち。
「あさましぃぃぃぃぃ」
詰め放題とかで、ぱんぱんに詰め込んだ袋を自慢げに見せる人たち。
「あさましぃぃぃぃぃ」

元来、日本人には、あさましいっていう感覚が如実にあって、そんな行動をする人たちを、あさましいことはするなって、注意したと思うんです。
自分ばっかりいいんじゃなくて、売る人も買う人も両方いい、っていう感覚。
消費は美徳なんて感覚、日本にはなかったのに、いつのまに消費は美徳から、お客様は神様なんて、へんな感覚が生まれて、使い捨て文化が生まれる。

マスコミの感覚がなにより洞爺湖。
洞爺湖???
摩周湖????
阿寒湖。
そうそう、あかん。
マスコミの対応があかん。

スーパーさんをちゃんと儲けさせなきゃ。
レストランさんにきちんとして商売をさせなきゃ。

ってわけで、わたくし、食べ放題のお店にはいきません。
って、実は年をとってきて、大食いからふつう食いなってきたというのは、別のお話ぃぃぃ。

あさましいこと、しない人たち。
きっと、いい人で、声が小さい人たちなんだよな。
そんな人が、増えるといいなーあ。




失敗を許さない世界?? [2015年04月18日(Sat)]
昔のカメラ、写真をとってもプリントするまでうまく撮れたかどうかわかりませんでした。
でも、今は?
デジカメで、撮ってその場で確認をする。

レコードの録音、それはそれは大変な作業。
最大の注意を払っても、カセットテープの最後のところで曲が中途半端に録音。
夏には、せっかく苦労してダビングしたテープがのびちゃったりして。
(TT)

お風呂だって、設定温度にすれば、その温度でお湯がわく。
しかも、声付きで、「お湯が沸きました」って、教えてくれる。

昔は、ってもそんなに昔じゃないほんの十年、二十年くらい前は、いまよりも失敗が許された。
写真を失敗しても、録音に失敗しても、お湯を沸かしすぎても、しょうがないねで終わりました。

でも、今は?
失敗しないように、失敗しないようにどんどん変化していく。
そのせいで、どんどん日常生活から失敗が排除されている。

失敗を許さない社会がどんどん作られていく。

それって、いい社会なのかな?
とっても疑問に思います。
失敗からはたくさんもものが学べますよね。

で、少しくらい不便でいいじゃん。
分からないことは、分からないままでいいじゃん。
すぐにスマホ、さっさかやって、分かろうとするのって、どうよ。

人間関係って、機械が入り込めない世界のはずなのに、そこにも便利とかいう言葉を使って、はいりこもうとする動きがある。
おーーー、やだやだ。

ちょっと外れる話かもしれないけど、メタンハイドレードとかいうやつ、海底深くから採取しようとしている。
もういいじゃん。
人間の便利さばかりを求めた結果が、今の温暖化問題や、現発の問題、中国の大気汚染問題等等なんじゃないでしょうか?
それをこりもせずに、まだ自然を、その影響を考えもせずに、利用しようとしている。

その流れって、なんかおんなじような気がする。

もういい加減、結果ばかり求めるのはやめよーー、って主張したいです。
(って、したいじゃなくて、充分にしてるよぉぉぉぉぉ)(^^)、
職場体験先 蕎麦屋「勝庵」さんをご紹介 [2015年04月15日(Wed)]
僕(サポステ責任者)の大好きなおそば屋さん、それが「勝庵」さんです。

営業時間は、午前11時30分から午後2時。
休みは火曜日。

メニューは、もりそばのみ。
冬場は、つけ汁のけんちんとけんちんそば。
季節により、自家製のやまいもが追加できます。

値段は、500円。
消費税が上がる前も500円。上がっても500円。
亭主さんに、消費税が上がった時、なんで値上げしないんですがと聞いたら、「いいんだよ。」とのお返事。(^^)

で、驚くのはその分量と味。
とにかくうまいし、食べきれない位の分量。
最近は、少なくしてくださいといつもお願いしています。
とろろを頼む時も、同じく少なくしてくださいとリクエスト。

まーあ、とにかく儲けとは無縁のお店、それが「勝庵」。
で、亭主の方は、若くは見えるけど実は結構なお年で、本人もいつまでやれるか分からないとの弁。

このお店がなくなったら、実に惜しい。
で、わたくし、亭主さんを口説きました。
「弟子をとりませんか、このお店がなくなったら僕哀しいです。」
という訳で、弟子の件、了解をいただきました。
亭主、おやじさんは、とにかくいい方です。

ほんとに小さなお店(7席)なので、お給料はでませんが、やる気のある人なら半年の修行でなんとかなるそうです。
そのあとは、本人次第。

どうでしょうか?
そばやさん修行。
僕の個人的なお勧めです。

修行時間:午前9時くらいから午後2時か3時くらいまで
休み:お店の休み
お昼ご飯、おそば?

詳しくは、県西サポステまでお問い合わせをして下さいね。
職場体験報告 菊地電機工業所様 [2015年04月10日(Fri)]
「菊地電機工業所」様にて職場体験をさせていただきました。
ご協力ありがとうございました。

体験期間は1か月間、週2日のフルタイムでした。

菊地電機工業所様の主な業務内容は、モートル(電動機)の修理、整備、販売等です。
利用者さんはモーターの修理、整備を体験しました。

【体験者の声】
身体の一部が痛いですが、楽しく作業することが出来て、良い経験にな
りました。

職場体験 菊地電機工業所 2.jpg
4/4(土) コミュニケーションタイムで「お花見集会」を実施しました! [2015年04月07日(Tue)]
ちょっと花冷えのする日でしたが、「お花見集会」には17名の方が参加されました。
近くの神社に皆で出かけ、桜を見上げながら一句。

例えば、以下のような俳句が詠まれました。

  風に舞う 桜の花びら 掴みたい
  花冷えの 空に球児の 声響き
  寒い中  桜散る様  さみしかな
  綺麗だな 桜吹雪と  桜餅
  桜の葉 見かける頃に 春は来る

みなさんロマンチストですね。

お花見の後はサポステに戻って持ち寄りのお菓子を食べながら、和やかに歓談しました。

お花見写真.jpg