CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«気晴らし | Main | 3/12(土) コミュニケーションタイム(16名参加)»
水に流すって??? [2016年03月21日(Mon)]
水に流すって、表現、日本以外のあるのかな?
「わかりました。もう謝らなくていいよ。このことは、もう水に流すから。」
これって、過去の失敗、間違いのことは、まさに水に流すように、なかったことにしちゃうってこと。

思うのは、将棋。
今の若い人は、あんまり将棋をしないけど、僕たちが子供のころ、室内ゲームの王様は、将棋だった。
いわゆる、普通の将棋以外に、軍人将棋、はさみ将棋、周り将棋とか、いろいろなバリエーションがあった。でも軍人将棋なんて、将棋とはかなり違うゲームだったけど、それはそれで結構面白かった。でも、今の時代、軍人なんて言葉のゲーム、ある種の方々が顔を真っ赤にして、反対するんだろうな。(^^)

で、将棋。
これもともとのオリジナルなゲームがあったらしく、西欧ではチェスとして進化し、中国では将棋となり、中国経由ではいってきた日本では、独特の進化をとげた。

それは、とった駒がもう一度使えるルール。
これって、多分、ものすごく日本的。
さっきまで敵だったのを、水に流して、自分の陣営に加えて、活躍させる。
「水に流す」って、社会的土壌があるから、この再復活ルールが生まれた気がする。

皆さん、自分の色んなこと、ずっと抱えていないで、水に流しちゃいませんか。
(くぅぅぅぅ、これ書いた、つまり、わ・た・く・し・、いいまとめしちゃったぁぁぁ。ってなんて、け、け、けっして、思っていません。)

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント