CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«派遣のこと | Main | サポステのFacebook»
自分を信じること [2016年06月22日(Wed)]
よく、聞きませんか?「自分を信じよう。」って、言葉。
あたしゃ、自分に自信がないので、自分を信じようって言われてもなーあって、感じです。
(ちびっと、不真面目ですいません。)

でも、自分を信じる物語を最近聞きました。
格闘技系、ある県のインターハイ予選でのお話し。
中学生から鳴り物入りでその部活の入部したAさん、高校に入ってからは目が出ず、監督からは「お前、なんで弱いんだ。やめちぃまえ。」と罵声をあびる毎日。
それでも、腐ることなく練習を続け、高校3年生になったこの大会。
Aさん、個人戦では、周囲の予想通りの準々決勝で敗退。

で、迎えた翌日の団体戦。
準決勝まで、Aさんのチームは勝ち進みましたが、その相手は、優勝候補本命のチーム、しかも大将は前日の個人戦優勝者、つまり県のチャンピオン。
で、試合は進み、大将Aさんの出番。
それまでの経過。
●○●引分けの1−2、しかも相手に内容で大きく引き離され、勝っても僅差ではチーム戦敗退という絶対絶命。

ところで、高校入学後成績を残せないAさんは、ふがいない自分に腹を立て、2年生になってから練習終了後帰宅してから個人コーチにつき、猛練習を重ねていた。
そのコーチが、前日の個人戦を観戦したところ、あれ、A、結構やれるぞ、これなら、個人戦だって勝てるかもしれないと思い、Aさんに声をかける。
「A、俺、会場で他校の選手の様子を見たら、お前、結構やれるって思ったぞ、自分だって自分を信じていないかもしれないけど、やれる。自分を信じてやってみろ。」と。

個人戦終了後、コーチはまたAさんに声をかける。
「お前、自分を信じてたか?信じてなかったろう。見てたら分かるんだ。明日は、お前がキーになる場面が来るような気がする。やってみろ、自分を信じて、やってみるんだ。」

準決勝のその試合、誰もが予想しなかった大逆転劇。
Aさんが、県のチャンピオンを大差で破り、逆転の勝利を呼び込む。
チームのみんな、応援の父兄、監督までもが大号泣。
決勝戦は、あっというまの3連勝で、早々と優勝決定。
大将のAさん、その決勝戦中も涙が止まらない。

その日、その翌日もお母さんとAさん、涙がとまらなかったそうです。
2年生からの1年間、週3日、学校から帰り、9時から12時までの練習。
休んだのは、インフルエンザの1日と遠征試合の1日、たった2日だったそうです。

「自分を信じること」

とっても素敵なノンフィクションのお話でした。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント