• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


静岡県西伊豆町地域活性化活動11月派遣隊が始まりました(11月11日) [2023年11月11日(Sat)]
 11月11日から学生19名と事務局1名で西伊豆町で活動しています。

 1日目はまず畑に向かい、春に植え付けを行った海老芋(里芋)と落花生の収穫作業と炭焼き作業を行いました。

231111nishiizu_1.jpg

 お昼過ぎに西伊豆町内にある畑に到着した学生たちは各自昼食をとったのちに二手に分かれ作業を開始しました。道中では曇っていた空模様も畑に到着する頃になると太陽が顔を覗かせ、少し汗ばむ気温のなか作業を始めることができました。

 今回収穫を行ったのは里芋5畝、落花生が1畝で、学生たちは各々剣スコップで株周りの土を掘り返したり、塊になっている海老芋や落花生を分けたりして収穫作業を進めていました。地元の方が見学にいらしてくださったり、学生同士で協力し合って収穫したりと終始和やかな雰囲気で作業を進めることができました。

231111nishiizu_2.jpg

 また、例年畑の土壌改良に使用している環境にやさしい炭「バイオ炭」の作成も行いました。学生は、間伐材や廃材などの木材を燃やして作った炭が土壌の改善だけでなく二酸化炭素の排出を抑えてくれている旨の説明を受けたのち、無煙炭化器を用いて炭の作成に挑戦しました。

231111nishiizu_3.jpg

 今回の作業により、海老芋約150s、落花生12sの収穫を行うことができました。
 作物の収穫と炭の作成作業を終わらせ、宿舎として利用させていただいている西伊豆町内の旧田子中学校に移動し、収穫した作物の選別と出荷の準備をしました。

231111nishiizu_4.jpg

 本日収穫した作物は明日12日に行なわれる「第19回夕陽のまち西伊豆町ふるさとまつり」にて販売されるほか、町内の「はんばた市場」やホテルなどに卸される予定です。

231111nishiizu_5.jpg
ピカピカこまざわ大作戦(東京駒沢クラブ) [2023年11月09日(Thu)]
 10月29日に東京都渋谷区にて清掃活動を実施し、東京駒沢クラブの学生57名が参加しました。天候の都合で当初の予定から変更となり、午後からの活動となりましたが、レクを通して仲を深めた後に清掃活動を行いました。

231029komazawa_1.jpg

 レクでは、ピンポン玉運びや手つなぎ鬼、○×クイズなどを行いました。班を混合にしたり全員で鬼ごっこをしたりしたことで、まだあまりかかわったことのないクラブ員ともかかわることができ、清掃活動の前に仲を深めることができました。

231029komazawa_2.jpg

 清掃活動では、11班に分かれて渋谷、原宿を中心に代々木公園や道玄坂、渋谷センター街など約5キロメートル清掃しました。人通りが多い場所であったため、道路の端や花壇の中、自販機の間などにごみがたくさん見られました。特にタバコの吸い殻や缶などのごみが多く、約3時間でたくさんのごみを拾いました。

 最終的に拾ったごみの数は、可燃10袋、不燃15袋、ビン1袋、ペットボトル3袋、缶7袋でした。歩いていると応援の声をかけてくださる方も多く、活動の励みになりました。

231029komazawa_3.jpg

 普段自分たちが活動している地域を清掃することで、改めて不法投棄の多さを実感しました。渋谷のような人口の多い地域での清掃活動を通して、「拾う心より捨てない心」という意識の大切さが少しでも多くの人に伝わると嬉しいです。

231029komazawa_4.jpg
宮城県山元町東日本大震災復興支援活動11月派遣隊は無事に終了しました(11月6日) [2023年11月06日(Mon)]
 昨日解団式を行い、今日は代表学生メンバー6名で山元町役場に伺いました。
 山元町で行われる防災に関するイベントについて、学生からも意見を出し合い、話し合いをしました。
 今後も山元町と継続的に関わらせていただけるよう、頑張りたいと改めて考える機会となりました。

231106yamamoto_1.jpg

231106yamamoto_2.jpg

 その後は、リフォーム作業をお手伝いしたお宅の方の手作りパンをみんなで食べ、地域の方との交流の時間を楽しみました。

231106yamamoto_3.jpg

 今日で、11月派遣隊の活動は無事終了しました。
宮城県山元町東日本大震災復興支援活動11月派遣隊(11月5日) [2023年11月06日(Mon)]
 3日目の今日は、学生24名、OBOG6名の合計30名で活動がスタートしました。
 午前は、旧坂元中学校で行われた「山元はじまるしぇ」の反省や来年のまるしぇに向けての意見を出し合いました。
 地域の方からは、「今回出した意見を、来年は自分たちの力で実現させて欲しい」という声をいただきました。

231105yamamoto_1.jpg

 また、普段からお世話になっている地域の方のお宅の、来年のパン屋の開業を目指したリフォームのお手伝いもしました。
 雨が屋内に入らないよう、窓の冊子枠を防水テープで止めてから、その上から防水シートをタッカーで貼りました。
 道具の使い方や、危険性なども教えていただきました。

231105yamamoto_2.jpg

 午後は、常磐山元自動車学校と中浜小学校の見学、その後はやまもと夢いちごの郷に行きました。
 初めて中浜小学校の見学をした隊員は、「ニュースでは見たことがあったけれど、実際に目で見る衝撃は大きかった」と話していました。

231105yamamoto_3.jpg

 やまもと夢いちごの郷では、活動で普段からお世話になっている、山元町唯一のケーキ屋さんのプチットジョアの、いちごのソフトクリームなどを楽しみました。

231105yamamoto_4.jpg

 最後に解団式を行い、今回の活動のリーダーである中村和輝(国士舘大学4年)は、「繰り返し山元町に来て、もっと山元町のことを知って欲しい」と話しました。
 明日は6名で山元町役場にご挨拶に行きます。

231105yamamoto_5.jpg
南牧村探検&勉強会(群馬高崎クラブ) [2023年11月05日(Sun)]
 10月14日(土)、群馬高崎クラブから13人が南牧村探検&勉強会に参加しました。この活動では、南牧村を探検して魅力を知るとともに、勉強会で地域活性化について考えました。

 15時40分ごろに村の喫茶店もくもくに集合し、カウンターパートの鰐渕元貴さん(「村の喫茶店もくもく」店主)に挨拶をしました。その後2グループに分かれて、2時間程度南牧村の探検をしました。

 一つのグループはBig Momというカフェに足を運び、自家製コッペパンを使ったホットドッグやパニーニというサンドイッチのようなものをみんなで食べた後、住吉の滝に行きました。もう一方のグループは滝の淵に行った後、Big Momに足を運びました。

231014takasaki_1.jpg

231014takasaki_2.jpg

 17時40分ごろから村の喫茶店もくもくで、勉強会を実施しました。プログラム1では、現在の地域問題、その社会問題の具体的な中身を学び、自分たちにできることを考えました。参加者はクイズに答えながら地域問題について学びました。その後、自分の地域の課題や解決策について考え、考えたことを参加者同士で共有しました。

 プログラム2では南牧村の暮らしや教育の現状と魅力を学んだあと、実際に探検して気づいた南牧村の魅力を考え、グループで共有しました。勉強会の終盤には、今までの南牧村でのIVUSAの取り組みと活動目的について学びました。

 最後に、鰐渕さんが考える南牧村の魅力や問題点、大学生が南牧村で活動するメリットに関してのお話を伺いました。

231014takasaki_3.jpg

 参加者は活動を通して、南牧村の自然の豊かさや人の温かさなどの魅力に気づくことができたと口をそろえて話していました。
宮城県山元町東日本大震災復興支援活動11月派遣隊(11月4日) [2023年11月05日(Sun)]
  2日目の今日は、新たに学生8名、OBOG7名が合流して合計33名で活動が始まりました。
 
 旧坂元中学校で開催された「山元はじまるしぇ」では、私たちはストラックアウトやIVUSA紹介などの、学生ブースのお手伝いをしました。

231104yamamoto_1.jpg
 
 IVUSA紹介ブースでは、IVUSAのことをより地域の方々に知っていただくため、IVUSAと山元町の繋がりや、今年度の災害救援活動報告を行いました。

 当時、東日本大震災を経験した消防団の方とお話をして、「ボランティアは小さな力ではない、来てくれたら必ず大きな力になる」とおっしゃっていました。
   
 私たちが災害救援のコンセプトとしている、「学生は微力でも、無力じゃない」という信念を大切にして、改めて頑張ろうと気が引き締まりました。

231104yamamoto_2.jpg

 午後に行われた地元大学生主催のチーム対抗の玉入れ対決は、地域の子どもたちの応援を得ながらも、惜しくも決勝では負けてしまいましたが、大盛り上がりでした。

231104yamamoto_3.jpg

 まるしぇ後の交流会で、地元大学生からの「山元町が好きだから、IVUSAが山元町で活動してくれることが嬉しい」という声を聞いて、地元大学生と手を取り合いながら、山元町で活動を続けていきます。

231104yamamoto_4.jpg
宮城県山元町東日本大震災復興支援活動11月派遣隊が始まりました(11月3日) [2023年11月03日(Fri)]
 学生16名が到着し、11月3日から6日まで宮城県亘理郡山元町で活動します。

 今日は、山元町の旧坂元中学校で明日開催される「山元はじまるしぇ」に向けての準備をしました。
 山元はじまるしぇは、山元町内・外の人に町の魅力を知って楽しんでもらいたいという、地域の方々の強い想いから開催されるイベントです。

231103yamamoto_1.jpg

 はじまるしぇ実行委員会の皆さんや、地元の大学生と協力しながら、準備を進めました。
 山元はじまるしぇでは、飲食ブースやクラフトブースを合わせて30店近くが出店され、さらにはステージイベントや学生の出し物もあります。
 「美味しい」と「楽しい」と、地域の方々の復興に対する想いが沢山詰まったイベントです。

231103yamamoto_2.jpg

231103yamamoto_3.jpg

 新型コロナウイルスの影響で開催できていませんでしたが、地域の方々の「復活して欲しい」という沢山の声があり、今年は待望の4年ぶりの開催となります。
 地域の方は、「とにかく楽しみ。自分も楽しみだけど、楽しんでいるみんなの顔が見たい」とお話してくれました。
 地域の方々との交流を楽しみながら、地域の方々の力になれるよう頑張ります。

231103yamamoto_4.jpg
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml