• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


献血に関する勉強会(京都深草クラブ) [2022年10月31日(Mon)]
 9月24日の17時から1時間程度、Zoomで献血事業の勉強会を行いました。京都深草クラブの学生9名が参加した活動でした。この活動は、クラブ内の献血の知名度の低さが発端なり、自分たちが主体となって献血の重要性や必要性をもっと広く、そして正確に世の中に発信したいという思いから発足しました。

220924fukakusa_1.jpg

220924fukakusa_2.jpg

 まず初めに、今回の勉強会の目的を共有しました。
 IVUSA内では献血事業の知名度は他のプロジェクト、事業に比べるとまだ知られていないこと、また、日常的に献血について正確な知識を取り入れる機会が少ないことが現状としてあります。今回の勉強会では、IVUSAに献血活動があることを知ってもらい、献血の正しい知識を身につけ、重要性、必要性を知ってもらうことを目的としてします。

 次に献血ルームの吉浪直大さんから献血のやり方や、献血の届き方を教えていただく時間でした。参加者は日常生活の中で献血活動が行われているのを見るのは多くありますが、具体的な方法や採血された自分の血液がその後何処に行くのかを知る機会が初めてということもあり、非常に興味深い内容でした。

 その後は、献血をする前に必要な条件や確認事項を紹介し、献血の体験談を献血事業担当のクラブ員が対談形式で行いました。年齢の近い学生同士での内容ということもあり、気軽に話し合い、献血についての知識をさらに深めることができた時間でした。

 最後に献血事業で今後行う企画の告知を行い、本日の勉強会は終了しました。

 今回の勉強会を通して、私たちの身近な所に、たったの数十分で誰かの命を救うことができる活動があることを改めて確認することができました。
 また、参加したクラブ員は一度も献血を経験したことがないことから献血に対して不安があった様子でしたが、献血ルームの方や担当のクラブ員からの話を聴いたことにより、次第に参加したい気持ちが表れていました。

 今後も深草クラブの献血事業では、一人でも多くの人が献血に貢献できるように努めます。
小栗栖宮山子どもの居場所「あおぞら」(京都深草クラブ) [2022年10月31日(Mon)]
 2日目も、初日と同様に愛知県内に在住する大学生3名と飯田市内の高校生2名とともに竹林の整備作業を行いました。

 昨日と異なり未着手の範囲が作業場所となり、最初は普通に歩くことも難しい場所でしたが、途中から皆伐採や運び作業にも慣れたこともあり、最終的には「棚」と呼ばれる作業の足場を複数箇所組むことができました。
 今回の作業で全ての作業が完了したわけではありませんが、今後の整備作業に向けた第一歩になったのではないかと思います。

 作業終了時には、一緒に活動した高校生から「想像以上に大変でしたが、作業した場所に光が入るようになり達成感があります」という話をもらいました。

 長野県飯田市には大学がなく、なかなか長野県内の大学生が活動に加わるというのは難しい状況です。今回のように、地元の高校生や東海地方に在住する大学とともに活動することで、伊那谷地域が抱える放置竹林の課題や竹の活用の可能性をより多くの人に知ってもらえるよう取り組んでいきます。

 最後に、本活動にご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。
長野県伊那谷環境保全活動は無事に終了しました(10月30日) [2022年10月31日(Mon)]
 2日目も、初日と同様に愛知県内に在住する大学生3名と飯田市内の高校生2名とともに竹林の整備作業を行いました。

221030inadani_1.jpg

 昨日と異なり未着手の範囲が作業場所となり、最初は普通に歩くことも難しい場所でしたが、途中から皆伐採や運び作業にも慣れたこともあり、最終的には「棚」と呼ばれる作業の足場を複数箇所組むことができました。
 今回の作業で全ての作業が完了したわけではありませんが、今後の整備作業に向けた第一歩になったのではないかと思います。

221030inadani_2.jpg

221030inadani_3.jpg

221030inadani_4.jpg

 作業終了時には、一緒に活動した高校生から「想像以上に大変でしたが、作業した場所に光が入るようになり達成感があります」という話をもらいました。

221030inadani_5.jpg

 長野県飯田市には大学がなく、なかなか長野県内の大学生が活動に加わるというのは難しい状況です。今回のように、地元の高校生や東海地方に在住する大学とともに活動することで、伊那谷地域が抱える放置竹林の課題や竹の活用の可能性をより多くの人に知ってもらえるよう取り組んでいきます。

221030inadani_6.jpg

 最後に、本活動にご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動5次隊は無事に終了しました(10月30日) [2022年10月30日(Sun)]
 活動2日目は、学生12名、事務局1名、OBOG2名の計15名で活動しました。

 朝に昨日入らせていただいた静岡県静岡市葵区内牧にあるお宅の仕上げをした後、葵区松野にあるお宅と小学校のビオトープ2つの場所にわかれて作業しました。

 内牧のお宅は、床板を戻すなどの現状復帰を行いました。3次隊から長く入らせていただいたお宅のニーズを完遂することができました。

 松野のお宅は住居兼美容室で、床下の泥だしやブラッシング、消毒をしました。お宅のお父さんや大工さん、他のボランティア団体の皆さんと一緒に活動し、ニーズは完遂することができました。大工さんからは静岡おでんの差し入れをいただき、ご当地の味を堪能しました。

221030shizuoka_1.jpg

 お宅のお母さんは綺麗になったお家を見て、「ありがとう。それしか言葉が出ない」と涙しながら喜んでくださいました。

221030shizuoka_2.jpg

 小学校では建物裏の泥かきやビオトープに流入した土砂出しをIVUSA特別顧問である日本財団の黒澤司さんたちと進めました。水を含んだ重い泥も、こぼさないように慎重に運びました。直接ありがとうの言葉を頂いて、とても嬉しく、頑張る糧になりました。災害救援に参加して、本当に良かったと感じました。

221030shizuoka_3.jpg

221030shizuoka_4.jpg

 少人数でしたが、一体となって活動することができました。
 来週末には6次隊の派遣も予定しており、引き続き静岡の皆さまのお力になれるよう努めます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しました。
京都京田辺クラブ×京都深草クラブ交流会 [2022年10月30日(Sun)]
 10月23日、京都市伏見北堀公園地域体育館にて、京都京田辺クラブと京都深草クラブのクラブ交流を行いました。京田辺クラブの学生7名、深草クラブの学生7名が参加しました。

 まずはいくつかのグループに分かれてNGワードゲームを行いクラブ同士で打ち解けた後、けいどろをしました。どろぼう役は、クラブ関係なく助け合いながら時間いっぱい逃げ切ることを目指しました。けいさつ役は、どろぼうに逃げられないように作戦を立てて全滅を狙いました。

 次に、自分たちで都道府県や国名を4×4の枠の中に1つずつ入れ、ルーレットで当たった言葉を消していきビンゴを目指すお題ビンゴゲームを行いました。学生たちはお互いどんな単語を選んだのか、何が当たるとビンゴなのかを話しながらゲームを楽しんでいました。

221023kyotanabefukakusa_1.jpg

 その後はドッヂボールをしました。ボールを2つ用意して行われたこのゲームは、死角からの攻撃に対応するべく仲間同士で声を掛け合いながらボールを躱していました。3セット目からクラブ同士の対決となり、互いのクラブ員の特徴を考えながら戦う戦略を立ててゲームを楽しみました。

221023kyotanabefukakusa_2.jpg

 休憩を挟んだ後、「だるまさんの一日」というゲームをしました。基本的な動きはだるまさんが転んだと一緒ですが、鬼が「だるまさんが」の後に適当な言葉を入れ、逃げる方はそれに合ったポーズで止まるというものです。鬼は2人1組で、自分が言った言葉に合わせて止まる学生の様子を見て楽しんでいる様子でした。

221023kyotanabefukakusa_3.jpg

 最後に、「じゃんけん列車」をしました。学生たちは幼少時代に楽しんだこのゲームに最初は戸惑っている様子でしたが、あっちむいてほいや罰ゲームを加えることで、他クラブ、さらに年の差関係なく盛り上がりました。

 京都京田辺クラブと京都深草クラブは、どちらも積極的にクラブ交流を行っているクラブではなく、そうした交流の少なさが本部主催のプロジェクトへの参加率に影響を与えているのではないかといった考えから生まれた企画でした。今回のクラブ交流を通して、参加者は他クラブに対する壁が和らいだと思われます。

 活動後のアンケートでは、全ての人が「また他のクラブの人と交流してみたい」と回答していました。このクラブ交流をきっかけに、京都京田辺クラブと京都深草クラブの親睦に留まらず他の様々なクラブとも積極的な交流のあるクラブへと変化していくことが期待されます。

221023kyotanabefukakusa_4.jpg
長野県伊那谷環境保全活動が始まりました(10月29日) [2022年10月29日(Sat)]
 長野県飯田市川路地区にて、カウンターパートであるNPO法人いなだに竹Linksのメンバーとともに竹林整備をしています。

 今回の活動では、IVUSAの学生3名、職員1名のほか、市内のボランティア募集から応募した愛知県内在住の大学生3名、飯田市内の高校生2名も参加しています。地元団体の方々や高校生、愛知県内在住の大学生など、様々な立場の人たちが集まった活動になりましたが、お互いに声を掛け合い、上手く連携しつつ作業に臨みました。

221029inadani_1.jpg

221029inadani_2.jpg

 昼食時には、ただ竹を伐採するだけでなく楽しく活用していく手段の一つとして、竹を網として使用した焼き肉も実施しました。箸や皿も竹を使用することで、ゴミを減らすことにも繋がります。

221029inadani_3.jpg

221029inadani_4.jpg

221029inadani_5.jpg

221029inadani_6.jpg

 作業後には宿舎にて、NPO法人いなだに竹Links副代表の伊藤隆子さんから、食材としての竹の特徴についてお話をしていただき、現在開発中の「竹を使用したサラダ」の試食もさせていただきました。試作中のため詳細を公開することはできませんが、「竹の特徴を活かしたつくりにし、若者世代にも好まれるものを作っていきたい」とお話されていました。

221029inadani_7.jpg

 明日も今日と同じ作業場所で、整備作業をする予定です。竹の魅力に触れつつ、竹林の景観保全に向けて取り組んでいきます!
京都市伏見区醍醐地区子どもの教育支援活動(京都深草クラブ) [2022年10月29日(Sat)]
 9月10日の10時半から14時半にかけて、京都市伏見区の醍醐西自治館で子どもの教育支援活動を行い、深草クラブから学生4名が参加しました。
 醍醐地域では片親家庭の子どもたちが多く、親御さんが働いている時間、子どもたちは一人で時間を過ごすこととなります。そのような時間を少しでも楽しく過ごせるように、大学生である私たちが勉強・遊びを通して、一緒に時間を過ごしています。

220910fukakusa_1.jpg

 まず施設内でのプリント学習をしました。国語科目では漢字の勉強を、理科科目では実験や生物について勉強をしました。一人ひとりが集中して問題に取り組み、分からないところを私たちがサポートする形で進行します。答えを直接教えるのではなく、ヒントを与えて子どもたちに問題を解けた達成感を味わってもらうことを意識しました。

220910fukakusa_2.jpg

 12時頃に全員でお昼ご飯を頂きました。施設の方がカレーをご用意してくださり、子どもたちと一緒にご飯の時間を楽しく過ごしました。

 その後、12時半頃から消防署の方が施設に来訪され、災害の危険性についてレクチャーをして下さいました。津波について、どのような被害が出てしまうのかをアニメの鑑賞を通して、危険性を伝えてくださりました。

 13時半からは施設内で遊ぶ時間でした。かくれんぼ、ボードゲームなどをして子どもたちと時間を過ごしました。午前、お昼は勉強やレクチャーなど、集中力を使うものが多かったですが、遊びを通してリフレッシュができた様子でした。

 今回の活動は、夏休み明けはじめての活動となりました。2ヶ月ぶりにあう子どもたちはみんな元気よく、夏休みにあった事をたくさん話してくれました。このような距離間で子どもたちと話すことができるのは、私たち若い年齢層の大学生だからこそなし得ることだと考えます。
 身近な地域においての子どもたちとの関わりを大切にして、教育支援活動のさらなる発展に貢献したいと考えるようになりました。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動5次隊が始まりました(10月29日) [2022年10月29日(Sat)]
 学生10名、事務局1名、OBOG3名の計14名で活動しました。

 今日は静岡県静岡市葵区内牧地域のお宅1軒にて、全員で作業しました。

 100年以上前に建てられた旧宅と新しく建てられた部分からなる大きなお家でした。
 そのため床下浸水した範囲も広く、全員で床下に潜り泥出しやブラッシング、消毒といった作業を進めました。

221029shizuoka_1.jpg

221029shizuoka_2.jpg

 泥の除去を完了させたあと、床下の清掃や木材のブラッシングを行いました。
 泥は乾燥していましたが、その分土ぼこりが舞う中での作業でしたが、消毒に備えて丁寧に進めました。

 その後消毒までの床下作業は完了させ、作業のために取り除いた根がらみ貫を再度取り付けました。
 明日床板や畳を戻すなどお部屋の原状復帰をしてニーズ完遂の予定です。

221029shizuoka_3.jpg

221029shizuoka_4.jpg

 お宅のお父さんは普段在宅ワークで、他の人が近くで働いていることが少ないとお話しされていました。
 そのため今日のように学生が側で作業に取り組んでいると、「一人ではやろうと思わない、みんながいるからできる」と作業をするモチベーションが上がるそうです。
 今日も私たちの側で作業されていました。

 お母さんやおばあさんも学生にたくさん声をかけていただき、飲み物やお菓子の差し入れもいただきました。
 とても温かい気持ちで今日の作業を終えました。

 明日は学生2名が合流し、合計15名での活動になります。
 全員で協力して明日も作業を進めます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
静岡県西伊豆町活性化活動10月派遣隊は無事に終了しました(10月23日) [2022年10月23日(Sun)]
 活動二日目は、昨日同様快晴の中始まりました。本日は昨日収穫した里芋を出荷するため7時半にはんばた市場へ向かいました。今年3月から毎月西伊豆に通い育ててきた里芋が実際に店頭に並ぶと、いろんな方の手に渡ることがより現実的になり、とても感慨深い気持ちになりました。

221023shizuoka_1.jpg

221023shizuoka_2.jpg

 その後、西伊豆中学校で安良里青年部の方々とのスポーツ交流を実施しました。コロナ前まで安良里夏祭りなど安良里青年部とはこれまでも一緒に活動してきていて、今夏はお祭りが中止になってしまいましたが、関係を繋いでいくためにスポーツの秋ということで企画されました。
 安良里青年部の方々からは、IVUSAの学生に勝るほどのパワーが感じられ、会場はすぐに温まりました。

 ワンタッチバレーやドッチボールで本気で汗を流したあとはビンゴ大会なども行いました。初めてやるワンタッチバレーは想像以上に難しく苦戦しましたが、最初はつながらなかったラリーも次第に続くようになり、最後には白熱した戦いが繰り広げられ大いに盛り上がりました。

221023shizuoka_3.jpg

221023shizuoka_4.jpg

 今日の昼食はいつもお世話になっている「ほりらぼ」のお弁当で、今回は昨日収穫した里芋を買っていただき、お弁当に使っていただきました。おいしいお弁当で会話も弾み、終始和気あいあいとした交流ができました。私がお話をした高校3年生からは、現地の高校のことや将来やりたいことを聞くことができ、大変貴重な時間となりました。

221023shizuoka_5.jpg

221023shizuoka_6.jpg

 そして午後は堂ヶ島に移動し、散策をしました。足場の悪い岩道を慎重に進みながら到達した先には、とても美しい景色が広がっており、学生たちはその美しさに心を躍らせながら西伊豆町の魅力を肌で感じました。

221023shizuoka_7.jpg

221023shizuoka_8.jpg

221023shizuoka_9.jpg

 安良里青年部の方々から感じたパワーは、地域活性化の活動で西伊豆に来ている私たちIVUSAの学生に、もっと頑張らなくてはいけないと奮起させるものでした。今後も活動の中でこうした交流を続け、一緒に町を盛り上げていきたいと思います。

 今回の活動実施にあたり、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。(明治大学2年 田中 夢実)
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動4次隊は無事に終了しました(10月23日) [2022年10月23日(Sun)]
 活動2日目の今日は、学生43名、事務局3名、OBOG7名の計53名で活動しました。昨日に引き続き、静岡県静岡市葵区内牧地域のお宅や温泉旅館油山苑など、6つの場所で作業し6件中4件でニーズを完遂することができました。

 あるお宅ではコンクリートの基礎全体をブラッシング・消毒し、根太や大引といった床を支える木材も丁寧にブラッシングしました。
 お宅の方は、私たちの作業に関する説明も真剣に聞いてくださり、お互いに安心して作業を進め、完遂することができました。

221023shizuoka_1.jpg

 今日から作業させていただいたお宅では、床下の泥出しに並行してブラッシングと消毒も行いました。
 終盤には、他の作業場所を終えた学生が集まり人数を多くしてラストスパートをかけました。
 お宅の方から、ありがとうという言葉をいただいた際には作業の疲れも吹っ飛ぶような心地がしました。
 
 油山苑では、調理場の壁と床の清掃を行い、夕方には作業を終えることができました。油山苑の裏手にある家屋では、窓ガラスの桟と外壁を清掃しました。

221023shizuoka_2.jpg

 作業中の油山苑の方との会話の中で、こんな時こそ笑顔が大切だとのお話がありました。作業の効率もさることながら、笑顔も大切にしながら午後の作業を進めました。

221023shizuoka_3.jpg

 今日をもって4次隊の活動は終了し、東京・京都・大阪にそれぞれ無事到着し、解散しました。
 今回の活動での経験を、5次隊以降や今後の災害救援活動に活かし、各自の日頃の備えも見直したいです。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml