• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


新潟県関川村・村上市令和4年8月豪雨災害救援活動8次隊は無事に終了しました(9月25日) [2022年09月25日(Sun)]
 最終日となる本日は、学生7名、OBOG7名、事務局1名、計15名で活動しました。

 まず、関川村ボランティアセンターにてIVUSAで恒例となっている掛け声「オーパレレ」を行い、士気を高めました。

220925sekikawa_1.jpg

 その後、関川村ボランティアセンター、村上市、関川村湯沢地区、計3現場に分かれて活動しました。

 ボランティアセンターでは、本日でボランティアセンターが閉所となるため、床に貼っていたブルーシートを剥がしたり、椅子を拭くなどして清掃活動を行いました。

220925sekikawa_2.jpg

 村上市では、連携団体の方々とともに泥のかき出しを行いました。村上市から帰る際に、地域の方々や連携団体の方々が見えなくなるまで手を振って見送りをしてくださりました。またこの地域に帰ってきたいと、強く感じました。

220925sekikawa_3.jpg

 関川村湯沢地区では、昨日から継続しているお宅にて床下の消毒や家財の運び出しなどを行いました。効率よく進み、追加で解体する倉庫の中から、今後も使用するものを取り出しきれいにする作業を行いました。棚やスコップなど、また使うことができる状態に戻しました。

220925sekikawa_5.jpg

220925sekikawa_4.jpg

 休憩時間にポテトサラダときゅうりのお漬物を用意してくださり、最後まで全力で作業をすることができました。

220925sekikawa_6.jpg

 作業終了後、関係者にご挨拶をしたのち、宿舎の清掃をしました。
 16時頃関川村を出発し、23時頃無事IVUSA本部事務所に到着し、解散しました。

 今回の災害に対するIVUSAの活動は本活動をもって終了となります。お世話になった全ての皆様に感謝申し上げます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しました。
新潟県関川村・村上市令和4年8月豪雨災害救援活動8次隊(9月24日) [2022年09月24日(Sat)]
 今日は学生8名、OBOG7名、事務局1名、計16名で活動しました。

 朝、ボランティアセンターにて朝礼を行い、その後、関川村高田地区、湯沢地区、村上市、計3現場に分かれました。

 関川村高田地区では、ふるさと会館にて清掃活動、同時進行で急遽依頼を頂いたお宅の畳の運び出し、床板剥がしを行いました。

220924sekikawa_1.jpg

220924sekikawa_2.jpg

 関川村湯沢地区では、床下の泥出し、ブラッシングを終えました。明日は消毒をし、作業を完了させます。

220924sekikawa_3.jpg

220924sekikawa_4.jpg

 お宅にて、一日の終わりに「いつでも遊びにきてほしい」というお言葉をいただきました。

220924sekikawa_5.jpg

 村上市では、連携団体とともに重機とダンプカーを使い土砂の運搬を行いました。

220924sekikawa_6.jpg

 活動終了後、ボランティアセンターにてふり返りを行いました。
 特別顧問の黒澤司さんからは、「一つひとつ積み上げて、また一からIVUSAの災害救援活動を活動を作り上げていってほしい」とのお言葉をいただきました。

 明日は8次隊としても、8月豪雨災害救援活動としても、最終日となります。
 一人ひとりが自分にできることを模索し、最後の最後まで、最大限お力になれるよう、精一杯頑張ります!

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
新潟県関川村・村上市令和4年8月豪雨災害救援活動8次隊(9月23日) [2022年09月23日(Fri)]
 学生8名、事務局1名、計9名で関川村と村上市に分かれて活動しました。

 関川村では、午前中に旧高田プールにて流れ着いた災害廃棄物の撤去、仕分けを行いました。

220923sekikawa_1.jpg

220923sekikawa_2.jpg

 仕分けが終了したのち、プール施設内を清掃しました。村役場の方とお話しをしながら、更衣室、お手洗いの土砂の掻き出しやブラッシングの作業を進めました。村役場の方は村オリジナルのTシャツを着用し作業していました。村への想いを感じ、私たちも少しでも力になりたいと強く思いました。

220923sekikawa_3.jpg

220923sekikawa_4.jpg

 村上市では、小岩内地区の住宅の畑を、住民の方が戻って来られた際に畑を再開できるような状態にしました。午後には災害によって崩れてしまった花壇作りやコンクリートの壁作りを行いました。

220923sekikawa_5.jpg

 明日も引き続き関川村と村上市で活動します。地域に元気を届けていけるよう頑張ります。

220923sekikawa_6.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
新潟県関川村・村上市令和4年8月豪雨災害救援活動 8次隊が始まりました(9月22日) [2022年09月22日(Thu)]
 9月22日から25日まで、学生8名、OBOG6名、職員1名で、災害救援活動を実施します。

 本日11時ごろに東京都世田谷区にある本部事務所を出発し、18時頃に関川村に到着しました。

 到着後、関川村役場に挨拶に伺い、その後、宿舎にて明日からの活動に向けて準備をしました。

220922sekikawa_1.jpg

 被災からまもなく2か月が経とうとしていますが、今回の災害に対するIVUSAの活動は8次隊が最後となります。
 少人数での活動となりますが、一人ひとりが積極的に笑顔で取り組み、悔いのないものにできるよう頑張ります。

220922sekikawa_2.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
Youth for the Blue鴨川清掃 [2022年09月21日(Wed)]
 9月18日に京都市内の鴨川の清掃活動を行いました。関西のクラブを中心に8クラブから19名で活動しました。

 当日は天気予報での降水確率が高く、台風も接近しており天候面に不安がありましたが、とても快晴でした。蒸し暑い環境での清掃だったため、適度に休憩をとることを呼びかけつつ清掃しました。

 鴨川は普段から地域の方がゴミ拾いを積極的に行われている地域のため、ゴミの量は多くはありませんでした。
 しかし、一見綺麗な鴨川の中で見逃してしまいがちな小さなタバコの吸い殻や、道の端まで転がってしまっていた空き缶、ペットボトル、お菓子の袋のゴミなどを拾い集めるとゴミ袋7袋分にもなりました。

220918kamogawa_1.jpg

 今回初めて活動に参加した学生は、「普段ゴミを拾う機会はないため、初めて参加して実際に鴨川がきれいになっていく様子を見てやりがいを感じた」などと話してくれました。
Youth for the Blue淀川清掃 [2022年09月20日(Tue)]
 9月18日に、大阪府淀川河川公園 西中島地区で、学生4名で清掃活動を行いました。
 少人数での活動ではありましたが、うち2名が初めての活動ということもあり、楽しく交流しながら、ごみ拾いをしました。

220918yodogawa_1.jpg

 淀川河川公園は、人通りが多い場所でもあり、思ったより多くのゴミは落ちていませんでした。しかし、目を凝らして見てみると、特にタバコなどの小さいゴミが多く落ちていました。

220918yodogawa_2.jpg

 参加した学生は、「人目の届かない場所にゴミが落ちていて、拾うのも大変だった」「河川ごみは、海ごみ問題にも繋がる問題なので、今後も継続して取り組んでいきたい」と話していました。
ソーラーシェアリングのスタディツアー(9月20日) [2022年09月20日(Tue)]
 今日はいつもスタディツアーでお世話になっている千葉エコ・エネルギー株式会社の馬上丈司さんの奥様が経営されているいすみ市の高秀牧場に学生13名、職員1名で伺いました。

220920chiba_2.jpg

 牧場では牛舎見学に加え、乳搾りやバター作りを体験し、最後にジェラートなどをいただきました。

220920chiba_1.jpg

220920chiba_3.jpg

220920chiba_4.jpg

 牛は酒粕や醤油かすといった産業廃棄物をエサとしていて、牛乳だけでなく食肉や革製品になったり、糞も肥料として役立たれるなど、人間の生活に欠かせない存在であることを実感しました。今回はソーラーシェアリングだけでなく、命の有り難さや自然の循環についても学びました。

220920chiba_5.jpg

 初の宿泊行事で、台風の影響が心配されましたが、無事終了することができました。
新潟県関川村・村上市令和4年8月豪雨災害救援活動7次隊は無事に終了しました(9月19日) [2022年09月20日(Tue)]
 今日はOBOGが4名合流し、事務局1名、学生22名、OBOG18名の計41名で活動しました。

 朝、ボランティアセンターにて、朝礼を行いました。朝礼後、関川村で5現場と村上市で1現場、計6現場に分かれました。

220919sekikawa_1.jpg

 村上市では、土石流により埋もれてしまった畑や花壇の整備をしました。
 関川村では、床下の泥出しや根太のブラッシングと消毒、お墓の清掃や災害廃棄物仮置き場の現状復帰作業を行いました。

220919sekikawa_2.jpg

220919sekikawa_3.jpg

220919sekikawa_4.jpg

 午後には、ボランティアセンターに上がっているニーズはほぼ終息に向かっているとのことですが、特に空き家で手付かずのお宅がないかの確認と、それに付随して台風対策の呼びかけを高田地区で被害にあった地域に対して行いました。

220919sekikawa_5.jpg

 初日よりも隊員同士で声かけなどをしながら作業することで活気のある活動になりました。
 初日から活動しているお宅では、災害により割れてしまった窓の養生作業をしている際に、「細かいところに気づいてくれてありがとう。誰にも頼めないでいた」と住民の方が涙ぐみながら喜んでおられました。

 活動後、集合写真を撮った際に、お宅の方に「一生の思い出だよ、来てくれてありがとう」と笑顔でおっしゃって頂き、元気を届けることができたと感じました。

 作業後は、今回お世話になった方々に挨拶をし宿舎の清掃をしました。

 8月の新潟県豪雨被害から1ヶ月半が経ち、被害に遭われたお宅も徐々に大工さんが入るなど、日常の生活に向け歩みを進めています。
 元の生活を取り戻すために、今週末の最後の活動で私たち学生だからこそできることに精一杯取り組みます。

 尚、装備車1台は19時頃に、本隊バスと、もう1台の装備車は23時頃に関川村を出発しました。装備車1台は今夜本部事務所に、大型バスと装備車1台は20日の朝に新宿と本部事務所に到着しました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
ソーラーシェアリングのスタディツアー(9月19日) [2022年09月19日(Mon)]
 9月19日、千葉市緑区の農場(千葉市大木戸アグリ・エナジー1号機)で学生1+名、職員1名が太陽光発電を見学し、農業体験をさせていただきました。

 ソーラーシェアリングとは、農地に支柱等を立てて太陽光パネルを設置し、農業生産と発電とで太陽光を「シェア」する取り組みです。
 千葉エコ・エネルギー株式会社の馬上丈司さんから、ソーラーシェアリングに関してご説明いただいてから、活動に臨みました。

220919chiba_1.jpg

 台風接近により、何度かにわか雨が降りましたが、予定通り夕方まで作業することができました。
 今日は旬を過ぎたナスの除草シートとマルチシートを剥がし、ナスの苗を抜いて後片付けをしました。

 また、夜には千葉エコ・エネルギー株式会社の職員の方3名と一緒に、農園近くのコテージ(長柄町都市農村交流センター ワクワクながら)でバーベキューを行いました。
 農作業中に収穫させていただいたナスや枝豆も使用し、地産地消を体験することもできました。

220919chiba_3.jpg

220919chiba_4.jpg

 今回は初の宿泊行事となっており、明日は馬上さんの奥様が経営されている高秀牧場に行く予定です。
 天候に注意しながら、活動していきたいと思います。

220919chiba_5.jpg
新潟県関川村・村上市令和4年8月豪雨災害救援活動(9月18日) [2022年09月18日(Sun)]
 今日は早朝にOBOG3名、学生2名、お昼にOBOG6名、学生1名が合流し、学生21名、OBOG15名、事務局3名、計39名で、関川村で4現場と村上市で1現場、計5現場で活動しました。

 関川村では、側溝や壁の泥だし、草刈り、家財の運搬、床板剥がし、ブラッシング、消毒の作業をしました。
 村上市では、木や金属、災害廃棄物の回収を行いました。作業終了後、土石流が発生した場所を見学させていただきました。

220918sekikawa_1.jpg

220918sekikawa_2.jpg

 隊員が細かい部分の掃除をしているときに、ふすまや障子を傷つけないようにと注意し、日常が戻るように心を込めて作業しました。

220918sekikawa_3.jpg

220918sekikawa_4.jpg

220918sekikawa_5.jpg

 休憩中、お宅の方から梨をいただいたり、飲み物をいただいたりする中で、「今回のことをきっかけに、IVUSAの関川村での地域活性化活動でも一緒になれたらなあ」とお話しいただきました。また、空き家を清掃した際には、「空き家は優先されないから来てくれてありがとう」と管理者の方から感謝の言葉をいただき、地域の暖かさを改めて感じました。

220918sekikawa_6.jpg

 昨日から継続していた一つの現場ではニーズを完遂することができ、他は明日継続して作業する予定です。
 明日は活動最終日となります。住民の方々の生活が良くなるように頑張ります。

220918sekikawa_7.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml