• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


小栗栖宮山子どもの居場所事業「あおぞら」(京都深草クラブ) [2022年08月28日(Sun)]
 7月23日に小栗栖宮山小学校で、子どもの教育支援活動を実施しました。この日は京都深草クラブから5人の学生が参加しました。
 京都市醍醐地域にある小栗栖宮山小学校は、片親家庭の子どもたちが多く、親御さんが働いている時間、子どもたちは一人で時間を過ごすこととなります。そのような時間を少しでも楽しく過ごせるように、身近な年長者である大学生の私たちが勉強・遊びを通して、一緒に時間を過ごしています。

220723fukakusa_1.jpg

 最初の2時間は、教室内での勉強時間でした。学校の授業で出された宿題を一緒に取り組みました。他にも漢字の書き取りや、算数の桁数について考え方についてアドバイスし、子どもたちのわからないところを教えました。
 私たち大学生はアドバイスをあげるだけであって、解答するのはあくまで生徒自身です。ヒントを頼りにしつつ、自分の力で解答できた子どもたちはとても嬉しそうでした。

 後半の2時間は、教室内・運動場で遊びの時間でした。7月後半ということで気温もかなり高かったので、室内で卓球をして遊び時間を過ごしました。子どもたちは慣れているのかみんな上手で、大いに盛り上がることができたのが印象的でした。遊び時間が終わると、子どもたちを自宅までお見送りしました。

220723fukakusa_2.jpg

220723fukakusa_3.jpg

 今回の活動も、先月に引き続き行われた活動でした。今回初めて参加した参加者に話を聞いてみると、「子どもたちの無邪気さや元気な様子を見ていると、緊張がほぐれて一緒に楽しく過ごすことができた」という感想があったのと、「やんちゃな子がいて、その子への対処をどうすべきか悩み、うまく対応しきれなかった」という心残りもありました。

 この事業への参加者には、引き続き活動へ参加して、子どもたちの対応の仕方や一人ひとりの特徴を理解していくことが大切であることが分かりました。
相浦川に鯉のぼりを付けるお手伝いをしました(長崎佐世保クラブ) [2022年08月28日(Sun)]
 4月16日、子どもの日に向けて地元の青年会と自衛隊の方々が協力して、毎年相浦川に鯉のぼりをかけています。佐世保クラブの学生10名が佐世保市あいあいプラザで、鯉のぼりに縄を括り付ける作業をしました。

220425sasebo.jpg

 佐世保クラブがかかわるのは今回で2回目です。
新潟県関川村豪雨災害救援活動4次隊(8月27日) [2022年08月28日(Sun)]
 昼過ぎに学生15名が合流し、学生19名、事務局2名、OBOG12名の計33名で活動しました。

 午前中は、地域の方のお宅2軒と、活動のベースとなっている酒店、高田地区ふるさと会館の4つの現場に分かれて作業しました。

220827sekikawa_1.jpg

 高田地区ふるさと会館はIVUSAが今までの活動で利用していた思い出の場所です。ふるさと会館の横には各お宅で浸水してしまった家具や家電が積まれており、家電の分別や細かい可燃ごみの回収を行いました。加藤弘村長が激励に訪れてくださり、作業も手伝っていただきました。またふるさと会館内では乾いたへどろを回収しました。
 その他の現場は朝一番に現地調整を行い、床板剥がしなどの作業を進めました。

220827sekikawa_3.jpg
 
 午後からは学生15名が合流し、午前に担当した現場で引き続き作業に取り組みました。
 高田地区ふるさと会館ではへどろの回収を終わらせ、根太を清掃しました。また以前行った廊下下のへどろのかき出しの仕上げ作業をしました。

220827sekikawa_2.jpg

 また2軒のお宅ではそれぞれ、カビが発生した壁の取り壊し、床板剥がしとへどろのかき出しを行いました。災害救援の経験がある学生が未経験者に作業内容などを教えた上で、丁寧に作業に進めました。

 さらに夜には平田大六前村長(IVUSA特別顧問)が宿舎を訪問され、過去に関川村で活動した卒業生で修了証を手渡されました。

220827sekikawa_4.jpg

 今日はどの現場もニーズの完遂には至りませんでしたが、明日の午前に3つの現場を終わらせ、午後には次の現場に取り掛かれるよう一同一丸となって頑張ります。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
宮城県山元町東日本大震災復興支援活動(8月27日) [2022年08月27日(Sat)]
 3日目となる今日の午前は、学生56名、事務局1名、OBOG2名で海岸清掃をしました。
 3グループに分かれて清掃を行った結果、燃えるゴミが35袋、燃えないゴミが7袋も集まり地域の方々も大変喜んでいました。

220827yamamoto_1.jpg

 また、地球温暖化による環境変化によって最近この地域に生息し始めた可能性があるスナガニの調査を行いました。地域の方に調査の仕方を教えてもらい多くのカニを見つけることができました。
 
 午後は学生1名が合流し、学生57名、事務局1名、OBOG2名の計60名で5グループに分かれ地域事業のお手伝いをしました。
 普門寺での作業を行ったグループは、28日に行われるお祭りの準備をしていました。気温も高く、テントの設営や竹の切断などの作業もあり大変でしたが、明日のお祭りのために、皆真剣ながら楽しく準備に取り組んでいました。

220827yamamoto_3.jpg

 ビニールハウスの建築では、骨組みの鉄筋の長さを測り線を引く作業をしました。活動前にOBOGの方から東日本の活動の歴史、住職の思いを聞きました。地域の方々の気持ちを聞いた後に作業をするのはただ作業をするのと比べ、やる気が上がり、効率も上がるので今後の活動でもこれを活かしていくべきだと思いました。

220827yamamoto_2.jpg

 ハーブガーデンにて作業を行ったチームは、ご用意して下さったハーブティーを頂きました。ストレス解消や胃の調子も良くなるということで心も体も温まりました。ハーブのことも教えて頂き、香りもたくさん嗅がせて頂きとても癒されました。

 続いてORANGE HOUSEで草刈りのお手伝いをさせて頂きました。その後少しお話をさせて頂き、作業は終わりました。

220827yamamoto_4.jpg

 側溝作業は住職からの指示を受け、側溝のふたを開けてスコップで泥を掻き出す作業を行いました。

 井戸掘りでは地元住民の方に手順を教わりながらホースやパイプなどを使って地面を掘り、最終的にはきれいな水が出ました。住民の方も震災を知る前はこのような作業の知識は全く無かったという発言から、山元町を復興したいという強い思いが伝わってきました。

 午後8時からは住職をはじめとした地域住民の方を交えた交流会を行いました。実際に被災した方々と交流をし、お話を聞けたことはとても貴重な経験になりました。
 特に、「とにかく、逃げることを第一に」という言葉が印象的でした。震災を知らない私たちには想像も出来ない経験をされておりこの言葉はとても重みのある一言であると思いました。

220827yamamoto_5.jpg

 午後9時半からは班ミーティングを行いました。1日目で学んだことを今日の活動でどのように活かせたか、そして夜の交流会でまた新たに学んだことを明日からどういう形で取り入れていくのかを話し合い、とても有意義な時間を過ごしました。

 明日は待ちに待ったお祭りがあります!今まで準備してきたことを存分に発揮できるよう頑張ります!
山形県日本海沿岸清掃活動(8月27日) [2022年08月27日(Sat)]
 最終日の今日は湯野浜海岸を清掃しました。
 朝食を食べて湯野浜海岸へ向かい、それぞれ清掃を開始しました。

220827yamagata_1.jpg

 最終日ということで、悔いの残らないように自分たちの力を出し切りました。
 その結果、燃えるゴミ50袋、不燃ゴミ7袋、漁網32袋、粗大ゴミ125袋を回収することができました。

 各々昼食をとり、別れの集いをして、最後の班ミーティングを行いました。班ミーティングでは、5日間を通して自分が成長した瞬間と、海ゴミ問題を自分たちの生活にどう取り入れられるかを考え、参加者から様々な声があがり非常に充実した時間となったように感じます。

220827yamagata_2.jpg

 その後解団式を行い、幹部からの挨拶では、これまで隊を引っ張ってきた5名から感謝を伝えられ涙する人もいました。みんなで最後の夕食を食べ、それぞれ帰路につきました。

220827yamagata_3.jpg

 今日で長いようで短かった5日間の活動は、終わりを迎えました。この活動を通して、海岸を綺麗にできただけでなく、自分を成長させることができたと思います。この活動の経験を活かして、それぞれの目標に向かって頑張ります。

220827yamagata_4.jpg
山形県日本海沿岸清掃活動の様子がプレビユー山形で紹介されました [2022年08月27日(Sat)]
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/tuy/135186
https://news.yahoo.co.jp/articles/9456d0dd6a7b2fb14ed0dd2b7799463442d608f0

220826yamagata.png
山形県日本海沿岸清掃活動(8月26日) [2022年08月27日(Sat)]
 4日目は最も長く清掃活動を行いました。

 まず、体育館で朝食を取りバスで移動し、湯野浜海岸にて清掃を開始しました。
 昨日までは全体で一斉の活動でしたが、今日は、先発隊・後発隊の2グループに別れ、午前中は燃えるゴミ43袋、燃えないゴミ9袋、漁網16袋、粗大ゴミ50袋回収することが出来ました。
 次に、一度宿舎に戻り昼食を食べ午後の活動に移りました。

220826yamagata_1.jpg

 今日は長時間に渡る活動だったこともあり、こまめに休憩を取りました。
 午後は、燃えるゴミ52袋、燃えないゴミ1袋、漁網38袋、粗大ゴミ100袋の回収に成功しました。

220826yamagata_2.jpg

 活動に際しては、円陣を組んでチームワークを確かめ合い、息の合ったかけ声で士気を高めました。
 円陣の効果もあり長時間の清掃活動を無事終えることができました。

220826yamagata_3.jpg

 明日は、いよいよ最終日です!
 気合いを入れ直して頑張ります!!
新潟県関川村豪雨災害救援活動4次隊が始まりました(8月26日) [2022年08月26日(Fri)]
 先発隊として学生4名、事務局2名が新潟県関川村に到着しました。

 今日は現地調整と、ボランティアセンターにて明日からの作業について打ち合わせし、明日からの本隊の受け入れに備えて準備しました。

220826sekikawa_1.jpg

220826sekikawa_2.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
宮城県山元町東日本大震災復興支援活動(8月26日) [2022年08月26日(Fri)]
 2日目となる今日の午前は、学生14名、事務局1名、OBOG1名で28日に予定しているイベントに使用するテントの建て方を練習しました。午後に合流する学生たちにも教えられるよう、みんなで声を掛け合いながら進めました。

 午後は、学生42名が合流し、学生56名、事務局1名、OBOG1名の計58名で中浜小学校、山元町役場、つばめの杜ひだまりホール、旧山下駅を巡るフィールドワークを行いました。
 山元町語り部の方にお話して頂きながら周りました。 

220826yamamoto_1.jpg

 中浜小学校では、震災当時まま建物が残されており津波の恐ろしさや日頃からの備えの重要性を学ぶことができました。

220826yamamoto_2.jpg

 山元町役場は町長の部屋から海が見える作りとなっており避難所にもなります。また地域の方が利用しやすい作りも意識されており憩いの場ともなっていました。

220826yamamoto_3.jpg

 ひだまりホールは実際に地震が起きた際の避難場所にもなっている場所です。防災の備蓄もありました。
 旧山下駅では全員で慰霊碑に手を合わせ4日間活動させて頂くたくため挨拶をさせて頂きました。
 その後旧山下駅から普門寺まで歩き山元町の町の様子を見て戻りました。

220826yamamoto_4.jpg

 夕食後、20時から座談会を行いました。
 2班に分かれ、普門寺と浄正寺の住職にお話を伺いました。特に印象に残った発言としては「明日は我が身だと思え」です。いつ自分の身に災害が降り注ぐか分からない、そして自分と同じ経験をしてほしくないという住職さんの思いがよく伝わる一言でした。

 その後、今日一日で学んだことを班ごとで振り返る班ミーティングを行いました。各班員で様々な意見を交わし、今後、今日学んだことをどう活かすべきかについて話し合いました。

 明日は今日学んだことを活かして、海岸清掃などといった、より具体的な復興活動を体験し、この身で震災や復興活動、山元町そのものについて理解を深めたいです。
京都府阿蘇海環境づくり活動は無事に終了しました(8月26日) [2022年08月26日(Fri)]

 活動最終日である今日は、午前8時30分から学生45名で、阿蘇海1周14キロの沿岸・道路に落ちているゴミを拾う「阿蘇海一周清掃活動」を行いました。
 砂浜には漂着したプラスチックゴミが特に多くありました。

220826asokai_1.jpg

220826asokai_2.jpg

220826asokai_8.jpg

220826asokai_3.jpg

220826asokai_4.jpg

 そして15時からは文殊公会堂にて閉会式を行いました。閉会式では宮津市長の城崎雅文さんとカウンターパートである吉野茶屋の平木志乃さんから、活動に参加した学生への感謝と今後もこの地域に関わり続けてほしいというお言葉をいただきました。

220826asokai_5.jpg

220826asokai_6.jpg

 最後に学生リーダーである近畿大学3年の内海健太朗から、「3年ぶりの活動となったが、現地の方に挨拶をすると『IVUSAが帰ってきてくれた』と言っていただいたことに驚いた」と挨拶がありました。
 阿蘇海周辺地域の方々がIVUSAの学生を心待ちにしてくれているということが改めて実感でき、嬉しかったです。

220826asokai_7.jpg

 閉会式終了後、宮津市を出発し、18時30分頃に京都駅に到着し、解散しました。

 4日間の活動中、地域の方々から「待っていたよ」「ありがとう」「頑張ってね」というお言葉を多くかけていただきました。これは先輩たちが活動を通して築いた、地域の方々との信頼関係の賜物だと思います。今回の活動は3年ぶりに対面で行われました。これが次の活動、そして次の世代へとバトンを再びつなぐきっかけになりました。

 最後に本活動にご協力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml