CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


長野県北信森林整備活動は無事に終了しました(11月28日) [2021年11月29日(Mon)]
 昨日に引き続き学生23名、事務局員1名、OG1名、計25名が参加しました。活動場所も引き続き信濃町の「町民の森」で昨日と変わりないですが、作業現場を1つ追加して昨日より範囲を少し広げての活動となりました。
 2日目ということもあり、学生たちは少し場の雰囲気に慣れてきて、作業時間外には雪だるまを作ったりと、和む様子もありました。

211128nagano_1.jpg

 今日の流れの詳細ですが、今日も怪我防止のため、準備運動から始まりました。昨日は現地の方々に切っていただいた木を運ぶだけでしたが、今日は学生自身がノコギリを使って藪を刈り、それらを運びました。ノコギリの使い方は現地の方の実演で教えていただきました。

211128nagano_2.jpg

211128nagano_3.jpg

 途中で適宜休憩をとりつつ作業を進めました。また、休憩の際には、現地の方から体が温まるえんめい茶や豚汁、お饅頭などのお菓子をいただきました。心も温まり、現地の方も学生もみんな笑顔になりました。

211128nagano_4.jpg

211128nagano_5.jpg

 大きな怪我や事故も無く、作業開始からは見違えるほどの藪を刈ることができました。

211128nagano_6.jpg

211128nagano_7.jpg

 短い時間でしたが、今回の全体目標である「人と森を繋げる」ことやその意義、繋がった先に何があるのかをひたすら考えた2日間でした。本活動のリーダーである村川紗羽(東洋大学4年)は、この活動が続いて欲しいと話しました。来年やその先もこの活動を続けることが、人と森を繋ぐことの答えの一つであると考えます。

211128nagano_8.jpg

 最後になりましたが、この活動にご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
日本財団「海と日本PROJECT」Youth for the Blue市ヶ谷清掃大作戦(東京市ヶ谷クラブ) [2021年11月28日(Sun)]
 11月20日、21日、27日の3日間に分けて、横浜、池袋、船橋、下北沢、大宮、荻窪、柏にて2時間ほど清掃活動を実施し、市ヶ谷クラブの学生31名参加しました。
 燃えるごみ、プラスチックごみ、かん・ビン・ペットボトル、その他の合計31袋のごみを回収することができました。

2111ichigayay4b_1.jpg

2111ichigayay4b_2.jpg

2111ichigayay4b_3.jpg

 参加学生からは、「初めて対面で会う人が多かったが、Zoomで会っていたため初めて対面したとは思えないくらい打ち解けられた」「IVUSAに入って初めての活動だったのでとても楽しかった、またあれば参加したい」「目に見える形の成果だと達成感もあって良かった」などの感想がありました。

2111ichigayay4b_4.jpg

 市ヶ谷クラブとして久しぶりの対面のクラブ事業であったため、クラブ員同志の仲を深められるきっかけになりました。
長野県北信森林整備活動が始まりました(11月27日) [2021年11月27日(Sat)]
 学生23名、事務局員1名、OG 1名計25名が長野県信濃町で活動しています。

 活動場所は、町民の森という所で現在は森林セラピーの冬限定のコースとなっています。
 この活動は、森林セラピーとして利用する森をきれいに保つことを目的に実施されました。
 雪でとても寒かったため、活動前に準備運動をしました。

211127nagano_1.jpg

211127nagano_2.jpg

 今日の活動として、森林セラピーの夏の新たな道を作るために、伐採された木や枝を集めて別の場所に運ぶ作業をしました。
 足元は雪が積もっており、歩きづらさや滑りやすさがある中での作業でした。
 小さい枝や太い丸太のような大きいものまで様々なものがあり、大きいものは複数人で協力して運びました。

211127nagano_3.jpg

211127nagano_7.jpg

211127nagano_4.jpg

 休憩の際は、この森で研修として森林セラピーを実施している企業からの肉まんをいただきました。
 また、現地の方からお菓子とえんめい茶もいただき、心もからだも温まりました。

211127nagano_5.jpg

 また、雪と森の景色がとてもきれいでまるでスノードームの中にいるような世界でした。

211127nagano_6.jpg

 明日も感染対策を徹底し、雪の寒さに負けないよう熱い心を持って取り組んでいきます。
ICOフェス(大阪茨木クラブ) [2021年11月26日(Fri)]
 11月7日、大阪府茨木市にある大正川にて、茨木バラとカシの会の方々、茨木市天王地区青少年健全育成運動協議会の方々のご協力のもと、大阪茨木クラブの学生45名、一般参加者21名(子ども13名、保護者8名)が参加し、「ICOフェス」(茨木コミュニティフェスティバル)を実施しました。今回の活動は、検温の実施や小グループに分かれての作業、アルコールでの手指消毒など、感染症対策を講じた上で実施しました。

 この活動は、「子どもたちがワクワクドキドキを通して、大正川の魅力や課題を伝えられる発信者になる」という目的で開催しました。具体的な活動内容は、生き物調査、清掃活動、新聞作りです。

211107ibaraki_1.jpg

 生き物調査は、茨木バラとカシの会の方々にご協力頂き、生き物の採集、講評を実施しました。オイカワやウキゴリ、マハゼなどだけでなく、アメリカザリガニやブルーギルなどの外来種も捕まえることができました。学生や子どもたちには、大正川の生物の多様さを実感してもらえたと思います。そして茨木バラとカシの会さんによる講評では、生き物の特徴などをお話して頂き、子どもたちも興味を持って聞いてくれていたことが印象的でした。

211107ibaraki_4.jpg

 清掃活動について、拾ったゴミは、ペットボトルや缶、ビニール袋などの家庭ごみが多かった印象でした。普段の生活の身近にある川はきれいだと思っていたが、実はゴミが多く落ちていることに驚いている子どももいました。この清掃活動を通してゴミを捨てない意識、ゴミを拾う意識が芽生えたのではないかと思います。

211107ibaraki_2.jpg

 新聞作りは、一般参加者の方々と学生10名程度で実施しました。新聞は、大正川の現状、ゴミを捨ててしまった場合大正川はどうなるのか、そして今回の活動の感想などを書いていただきました。学生と子どもたちがコミュニケーションを取りながら協力して新聞を作っている姿が印象的でした。
 4グループに分かれて作ったのですが、それぞれのグループの味が出ていて、とても良い新聞ができました。完成した新聞は、現在茨木市立天王小学校にて掲示されており、この新聞を通して新たに大正川に興味を持ってくれる人が増えることが期待されます。

211107ibaraki_3.jpg

 今回の活動では、子どもたちだけでなく、学生にとっても大正川の魅力や課題を見つけられる活動になってのではないかと感じました。また初めて活動に参加する学生も多く、一人ひとりにとって成長できる場を提供できたのではないかと思います。今後も大正川に関わる人を増やすため、そして大正川について知り、考えてもらう機会を提供できるように活動してまいります。

 最後に、茨木バラとカシの会の皆様、茨木市天王地区青少年健全育成運動協議会の皆様、私たちの活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。(立命館大学 阿部 弘聖)

※このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。
日本財団「海と日本PROJECT」Youth for the Blue高崎清掃活動 [2021年11月24日(Wed)]
 10月23日に高崎清掃活動2021を実施し、群馬高崎クラブの学生26名が参加しました。本活動は、高崎経済大学及び群馬県立女子大学周辺の路上のゴミ問題を解決すべく、清掃活動を通じてクラブ員のゴミ問題に対する意識向上と地域への啓発活動を目的としています。

 活動日当日10時頃に各集合場所に集まり、今日のスケジュール確認やコロナ対策の説明、班長からの挨拶などを行いました。
 その後、全体で点呼や安全確認や体調確認などを行いました。参加者がそれぞれの活動場所に集まっていたため全体の集合はオンライン上になりました。顔が見えない状態でしたが、全体のモチベーションも高い状態で活動をスタートさせることができていました。

211123takasaki_1.jpg

 全員でオンライン上の点呼や安全確認を終えたあと、清掃活動を開始しました。今回清掃活動を行った地域は、高崎経済大学周辺と群馬県立女子大学周辺の二箇所です。自分が属している大学の周辺を清掃しました。各グループが担当した現場の全長は約2kmであり、高崎経済大学周辺14名と群馬県立女子大学周辺9名に分かれて作業しました。

211123takasaki_2.jpg

 活動場所にはポイ捨てと見受けられるゴミが多く落ちていました。前日に雨が降っていたため、拾うのが難しいゴミも多くありましたが、見落とさないよう念入りに清掃活動を行っていきました。地域住民の方から「街の清掃をしてくれてありがとう。頑張ってください」と声をかけていただくこともできました。
 また、清掃活動を通じて、初対面のクラブ員同士の交流もできた様子でした。

211123takasaki_3.jpg

211123takasaki_4.jpg

 今回の高崎清掃活動は、昨年に続き2回目の活動になります。昨年とは異なり、今年の清掃活動では、群馬県立女子大学周辺でも開催することができました。また、5人程度のグループに分かれて活動ができたため、クラブ員同士の交流を深めることもできたようでした。

 今回が初めての活動となる新入生や久々の活動になった上級生もいましたが、和気藹々と実施することができました。(群馬高崎クラブ2年 安孫子 奈央)

211123takasaki_5.jpg
日本財団「海と日本PROJECT」Youth for the Blue文京区清掃(11月21日) [2021年11月24日(Wed)]
 11月21日に学生21名で東京都文京区の教育の森公園から礫川公園まで清掃しました。

211121bunkyo_1.jpg

211121bunkyo_2.jpg

 海洋ごみの多くは都市部から流れ着きます。そのため、昨年に引き続き、大学キャンパスや学校が多くある東京都文京区で清掃し、2時間ほどで、合計6袋のごみを収集しました。

211121bunkyo_3.jpg

 普段から通い慣れていたり住み慣れていたりする街でも、ゴミが多くあることを再確認できた活動となりました。
 今後も環境保護に取り組み続けます。
日本財団「海と日本PROJECT」Youth for the Blue京都西院清掃(京都西院クラブ) [2021年11月23日(Tue)]
 11月21日に、京都市右京区の西院地域で学生10人が清掃活動を行いました。同地域での子ども食堂が休止している中で、こんな状況でも地域に貢献するとともに、参加者同士の交流の機会を作るために実施しました。
 今回は、区役所からゴミ袋、火バサミ、軍手を貸し出していただきました。

21121saiin_1.jpg

21121saiin_2.jpg

 2〜3人のグループで4つのエリアに分かれ、交流しながら2時間清掃しました。

21121saiin_3.jpg

 天候にも恵まれ、タバコの吸い殻、空き缶、ビニール傘など、2時間で30リットルのゴミ袋7つ分のゴミを拾うことができました。

21121saiin_4.jpg
日本財団「海と日本PROJECT」Youth for the Blue横浜清掃 [2021年11月22日(Mon)]
 11月20日に、学生20名で横浜駅周辺、みなとみらい駅周辺、高島町駅周辺に分かれて1時間半ほど清掃活動を実施しました。
 燃えるごみ3袋、プラごみ3袋、かん・ビン・ペットボトル4袋、その他2袋の合計12袋のゴミを回収することができました。

211120yokohama_1.jpg

211120yokohama_2.jpg

 一見ゴミが落ちておらずキレイに見えるところでも、街路樹付近にお菓子のゴミやペットボトルなどの多くのゴミが落ちていました。

211120yokohama_3.jpg

 参加学生からは、「全部のゴミを見ると自分たちの頑張った成果が目に見えてよかった」「ゴミに気付きにくいところにあえてゴミを捨てていることが分かった」「今までは遊び場所として来ていたのでゴミは気にならなかったが、清掃活動をすることでゴミがあることに気づけてよかった」などの感想がありました。

211120yokohama_4.jpg

 今回の活動を通して一見キレイに見える横浜にも、多くのゴミが落ちていることを知り、身近な環境問題の一つとして考えるきっかけになりました。
近江八幡市オオバナミズキンバイ除去活動(11月20日) [2021年11月22日(Mon)]
 11月20日に滋賀県近江八幡市牧町琵琶湖湖岸のヨシ植林地付近にて、滋賀県庁職員5名、株式会社パスコの社員10名、IVUSA学生15名、合計30名で、特定外来生物オオバナミズキンバイ(以下オオバナ)の除去活動を実施しました。当日は、参加者全員の検温およびマスクの着用を徹底して活動しました。

 今回の活動場所である牧町ヨシ植林地は魚や野鳥の住処となっています。またヨシには育成の過程で水を浄化する働きがあるため水質や生態系の保全に役立っています。

 そのヨシ植林地にオオバナ、ナガエツルノゲイトウ(以下ナガエ)などの特定外来生物の繁殖が確認されました。繁殖による水質悪化、生態系への被害、また景観悪化を阻止するため除去活動しました。

211120oobana_1.jpg

 開会式では滋賀県庁琵琶湖環境部自然環境保全課の中井克樹様よりご挨拶いただき、その後準備体操をしてから午前9時より除去活動を開始しました。

211120oobana_2.jpg

 午前の活動では、滋賀県庁職員や株式会社パスコの方々と連携し活動しました。オオバナは少しでも茎や根が残るとそこから再生し、再び繁殖してしまうためオオバナを根こそぎ抜くことを意識して行いました。また水面に浮かんでいる茎や葉も網を用いて丁寧に除去しました。

211120oobana_3.jpg

211120oobana_4.jpg

 除去したオオバナの仮置き場では網袋にオオバナを入れる作業を行いました。オオバナを外に出さないためしっかり紐で縛りました。

211120oobana_5.jpg

 皆様の協力のもと、午前中に一つのオオバナ繁殖地の除去を終えることができました!

 昼休憩には午後に向けてしっかり休息を取りました。そして午後の活動に向けミーティングをした後、午後の活動を再開しました。
 
 午後の活動では二つ目のオオバナ繁殖地で除去活動をしました。除去するグループと網袋へ入れるグループに分かれて活動しました。今日は全てのオオバナを除去せず、内側を除去しました。二つ目のエリアは特に沼が深く、足を取られる人が多く出ました。

211120oobana_6.jpg

211120oobana_7.jpg

 滋賀県庁や株式会社パスコの社員の方々は慣れた手つきでものすごい量のオオバナを除去しておりその姿を見て更に作業に熱が入りました。

 最後にオオバナの入った網袋を移動させ午後3時45分に作業は終了しました。

 閉会式では開会式と同様に中井克樹様より「今回3日間で取りきれるかどうか…と思っていましたが今日の成果をから取りきれる見通しが立ちました。明日無事終了したと報告できるくらいの作業ペースでした。今日は本当にありがとうございました」とのお言葉をいただきました。

211120oobana_8.jpg

 開会式後、グループに分かれてミーティングを行い、良かった点、悪かった点などを出し合い、全体で共有して今回の活動は無事終了しました。

 今回の活動では238袋分のオオバナを除去することができました。

211120oobana_9.jpg

211120oobana_10.jpg

211120oobana_11.jpg

211120oobana_12.jpg

 今回の活動でお世話になった関係者の皆様に深く御礼申し上げます。
 
 これからもオオバナ除去活動を現地の方と共に継続し、水環境のさらなる改善に努めたいと思います、加えて、一人ひとりが社会問題の関心をもち、またその当事者であることを自覚して、主体的に活動に取り組んでいきます。
日本財団「海と日本PROJECT」Youth for the Blue長崎県白浜海岸清掃 [2021年11月22日(Mon)]
 11月20日に長崎県佐世保市にある白浜海水浴場にて海岸清掃を実施し、長崎佐世保クラブの学生13名が参加しました。今回の活動では、参加者全員が海ごみ問題への理解を深めるとともにIVUSAの海岸清掃時の理念である「拾う心より捨てない心」の周知、そして地域や社会への啓発を目的としています。

 活動前に対面にて勉強会を行いました。海ごみの発生源や現状を知り、海ごみの何が問題なのかグループワークを通して、参加者全員で理解を深めました。

211120sasebo_1.jpg

 そして活動当日、全員がマイボトル持参で約5時間、海岸清掃をしました。参加者の大半が1年生と慣れない状況が続く中、日中は気温も高く体力的にもきつい時間もありました。しかし、参加者全員が声を掛け合い協力したことで、最後までやりきることができました。

211120sasebo_2.jpg

 今回は45リットルごみ袋28袋、その他大きなごみ(漁網、プラスチック容器、発泡スチロール)を回収することができました。白浜海水浴場の漂着ごみは多い順にペットボトル、漁具漁網、発泡スチロールが主で、海洋汚染が身近に起きていると実感しました。

211120sasebo_3.jpg

 昨年から始まった本活動ですが、今年になりようやく実施することができました。実施できないその間にも多くの海ごみが漂着しており、長崎佐世保クラブでは今後も継続していきます。(長崎県立大学3年 橋 歩夢)

211120sasebo_4.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml