CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


間伐材フェス(大阪茨木クラブ) [2021年03月26日(Fri)]
 3月13日、茨木市にある鉢伏山にて、鉢伏山森づくりの会の方々と大阪茨木クラブの学生34名が参加し、「間伐材フェス」という里山振興活動を実施しました。検温の実施、小グループに分かれての作業など、感染症対策を講じた上で活動しました。

 この活動は、「鉢伏山を地元の方々がより利用したいと思えるように間伐材を用いて整備を行い、実際に間伐材を利用する人を増やす」という目的で開催しました。具体的には、間伐材を用いて道の整備、日時計やベンチを制作しました。

 日時計は、季節によって変わる太陽の光によって生み出される影を用いて、時刻を表す時計の一種です。
 活動当日は、まず地面を掘り、日時計の土台となる3つの丸太を設置するところから作業をはじめました。土台が水平に設置できたら、日時計を組み立て、土台の上に設置しました。その後、日時計の土台の周りに、事前に作成しておいた装飾品をつけました。

 最後に日時計の周りの地面に、ウッドチップを敷いて完成としました。これらの作業と同時並行で、看板と丸太を輪切りにして製作した踏み木を設置しました。看板は日時計とウッドチップの説明のため、踏み木は登山道から日時計への誘導のために作成しました。
 地面を掘るという力作業と日時計の設置という緻密な作業を、隊員がそれぞれ補い合いながら協力して作業をしていました。

210326ibaraki_1.jpg

 ベンチの制作では、まずベンチを置くための平らな空間を作るために、スコップと鍬を使いながら山の斜面を平らにする作業に取り組みました。次に、皮はぎ等を用いながらベンチに使う丸太を座れるほど滑らかになるまで削りました。そして、かすがいを用いて丸太同士を組み合わせ、最後にベンチの装飾を行い、ベンチの周りにもウッドチップを敷きました。

 参加した人全員が一人ひとりの役割を全うし、協力してベンチを作成していたことが印象的でした。特に、かすがいで丸太を組み合わせる作業では、組み合わせる位置の細かな調整をお互いに声掛けをしながら確認する姿が見られました。

210326ibaraki_2.jpg

 今回の活動では、鉢伏山を利用したいと思えるような空間づくりに貢献することができました。今後も様々なアプローチから持続的な里山保全を実現するために活動してまいります。

 最後に鉢伏山森づくりの会の皆さま、私たちを受け入れ協力してくださり、心より御礼申し上げます。(立命館大学 大橋 朋実、加藤 昇太、近藤 護)

210326ibaraki_3.jpg
琵琶湖清掃 [2021年03月16日(Tue)]
 3月16日、彦根市松原水泳場において「琵琶湖清掃活動」が行われました!

 この活動は、「若者が熱意とマンパワーを生かして清掃活動に取り組み、その姿を発信することで社会に元気を届ける」という目標のもと実施されました。

 初めに、開会式が行われました。開会式では、今回の活動のリーダーである三田和佳(立命館大学 4年)から、今回の活動に対する意気込みや当日の注意点などの話がありました。

 学生たちは各々活動への意識を高め、各々スタート地点へと向かいました。

作業中は、一人ひとり黙々と作業をする班や、感染に気をつけながらも班内で協力しあって作業する班など、班ごとに様々な活動への取り組み方が見られました。しかし、どの学生たちの中にも、短縮された活動時間の中で、精一杯ゴミを拾いきろうという意気込みが見て取れました。

活動終了まで、学生たちは手を止めることなく、懸命に落ちているゴミを拾いました。活動前と活動後では、落ちているゴミの量差は歴然で、学生たちの手によって、大量に落ちていたゴミは見事きれいに清掃されました!

 活動終了後、拾ったゴミを「Y4B」の形に並べる、アート企画を行いました!「Y4B」とは、「youth for the blue」の略称で、若者の海洋ゴミ問題に関する取り組みを指す言葉です。ゴミを並べて作った「Y4B」の文字を参加した学生全員で囲んで、最後に記念撮影を行いました。なお、とった写真はSNSやホームページに投稿し、今回の活動を発信、学生のパワーを社会に届けようと思います。

 夕食後、さいかち浜で閉会式を行いました。
 まず今日の回収量の成果報告がありました。可燃ごみ101袋分、不燃ごみ81袋分、その他傘やプラスチックケース、タイヤなどの廃棄物が回収されました。

210316biwako_2.jpg

210316biwako_3.jpg

 平年とは異なり、一日という短時間の清掃活動ではありましたが、学生たちは皆それぞれ、琵琶湖を少しでも綺麗に、また学生のパワーを社会に届けるという気持ちから、活動により一層熱を入れて取り組んでいる様子が見られました。

210316biwako_1.jpg

 コロナ禍の中で、学生たちに何ができるのか、学生たちがもつパワーは無限大であるということを、今回の活動や発信を通して皆さんにお届けしたいと思います!

210316biwako_4.jpg

 尚、このプロジェクトは日本財団の「海と日本プロジェクト」の助成を受けて実施しています。
2月大正川清掃(大坂茨木クラブ) [2021年03月14日(Sun)]
 2月16日の9時から11時にかけて大阪府茨木市の大正川にて茨木クラブ員4名とモンセーヌ大正川の会3名の方とモンセーヌ大正川の会の定例清掃を行いました。
 モンセーヌ大正川の会は地域の清掃団体で私たちも定期的に活動に参加させていただいており、年に1回〜2回、大規模の清掃活動を一緒にやっています。

2102ibaraki_1.jpg

 回収したごみ袋は4つ、ゴミの中には靴やハサミなどがありました。

2102ibaraki_2.jpg

 大正川は現在工事中で川に大きな環境変化が起こっています。これによる問題等を注意深く見守っていきます。

 最後に、私たちを受け入れご協力してくださったモンセーヌ大正川の会の方々に感謝申し上げます。(立命館大学2年 鈴木 和也)
12月大正川清掃(大坂茨木クラブ) [2021年03月14日(Sun)]
 12月6日9時から11時にかけて大阪府茨木市の大正川にて茨木クラブ員3名とモンセーヌ大正川の会3名の方とモンセーヌ大正川の会の定例清掃を行いました。
 モンセーヌ大正川の会は地域の清掃団体で私たちも定期的に活動に参加させていただいております。

2012ibaraki.jpg

 ごみ袋3袋分ごみを回収しました。中には電子レンジのごみといった予想外のごみもありました。
 また今回はモンセーヌ大正川の会の方と長く交流できる機会があり、終始楽しく活動をすることができました。

 最後に、私たちを受け入れご協力してくださったモンセーヌ大正川の会の方々に感謝申し上げます。(立命館大学4年 辻村学)
10月大正川清掃(大坂茨木クラブ) [2021年03月14日(Sun)]
 10月24日9時から11時にかけて大阪府茨木市の大正川にて茨木クラブ員16名と大正川を守る会10名の方と大正川を守る会の定例清掃を行いました。

 大正川を守る会は地域の清掃団体で私たちも定期的に活動に参加させていただいております。今回の活動ではごみ袋は6つ分を回収しました。中にはぬいぐるみやプランター、箒などがありました。

2010ibaraki.jpg

 また、今回は比較的多い人数が参加し、初めて活動に参加する学生もおり、和気あいあいとした雰囲気で活動を実施できました。

 最後に、私たちを受け入れご協力してくださった大正川を守る会の方々に感謝申し上げます。(立命館大学4年 辻村 学)
静岡県西伊豆町活性化活動 YouTube企画プレゼン大会 [2021年03月02日(Tue)]
 2月28日、静岡県西伊豆町と学生のオンラインイベント「YouTube企画プレゼン大会」を実施しました。当日は大学1年生から4年生を含める51名の学生が参加しました。また10名の西伊豆町民の方々にご参加いただきました。

 例年は100名の学生が静岡県西伊豆町に赴いて活動を行っていましたが、新型コロナウィルスの影響もあり今年度は感染対策を取った上で、小規模で2隊に分け実施をする予定でした。
 しかしながら新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が3月まで延長されたことを受けて、西伊豆町への学生の派遣を中止として、オンラインでできるイベントに変更されました。

 オンラインイベント「YouTube企画プレゼン大会」は西伊豆町役場まちづくり課の YouTube チャンネルの動画案を、学生が西伊豆町にプレゼンをするオンラインイベントです。今までにない動画を作り出し、西伊豆町の魅力などを幅広く届けることを目的にしました。

210228nishiizu_1.jpg

210228nishiizu_2.jpg

 9つのグループに分かれた学生からは、視聴者の興味を惹く西伊豆町に関連した企画や学生目線、若者目線で企画を考えるなど、さまざまな新しい要素を入れ込んだ企画が出てきました。

210228nishiizu_3.jpg

210228nishiizu_4.jpg

 大人数でのオンラインで行う難しさはありましたが、和気藹々とした雰囲気が伝わりいい緊張感をもってプレゼンすることができました。

210228nishiizu_5.jpg

210228nishiizu_6.jpg

 また、西伊豆町民の方々には、町内にある旧賀茂幼稚園にて、パブリックビューイングという形で今回の企画にご参加していただきました。
 西伊豆町民の方からは、「町の魅力を企画案に入れてくれて嬉しかった。今回の企画案を元にこれから形にできるよう一緒に頑張ろう」とお言葉をいただきました。

210228nishiizu_7.jpg

210228nishiizu_8.jpg

210228nishiizu_9.jpg

 最後に、西伊豆町役場の方々をはじめとする関係者のみなさまのご協力があり、今回のオンラインイベントを実施することができました。参加していただいた西伊豆町のみなさまに深く感謝申し上げます。そして今後ともよろしくお願いいたします。(跡見学園女子大学4年 丸山 里奈)
カンボジア教育支援活動 西伊豆オンライン活動報告会 [2021年03月02日(Tue)]
 2月16日に西伊豆町立賀茂中学校にて、カンボジア王国から贈られた感謝状の贈呈式と、IVUSAのカンボジア教育支援活動報告会がZoomを繋いで行われました。

 この感謝状は、西伊豆町の小中学校がカンボジアの小学校に文房具を継続的に寄付していただいたことに対し、カンボジア王国より贈られました。

 当初の予定では、学生が感謝状を直接持って西伊豆町を訪れる手筈でしたが、緊急事態宣言延長を受けてオンラインでの開催となりました。

210216nishiizu_1.jpg

210216nishiizu_2.jpg

 IVUSAの学生10名はオンラインで参加し、西伊豆町では賀茂中学校の生徒と教職員など約50名の方々にお集まりいただき、「文房具の寄付に対する感謝」と「夢」を軸にこれまでのIVUSAの活動紹介やカンボジアの子どもたちの様子について発表し、報告会後に感謝状贈呈式を行いました。

210216nishiizu_3.jpg

210216nishiizu_4.jpg

 30分という時間ではありましたが、感謝状を送るとともに、カンボジアへの文房具への寄付に対するお礼を伝えることができました。

 教頭先生からは、「短い中でもまとまっていて、とてもよい内容でした」とおっしゃっていただきました。

 私たちは例年2月から3月にかけてカンボジアを訪れ、学校建設活動や教育支援活動を行ってきました。
 しかし、コロナ禍に見舞われた今年は現地に行くことができなくなってしまい、例年通りの活動ができなくなってしまいました。

しょうがないことと割りきるしかないと分かっていても悔しかった。それでも自分たちの手で学校を完成させたかった。
 子どもたちに直接夢や希望を届けることができなくなってしまいましたが、だからといって国内でできることが無いわけではありません。報告会としてカンボジアと日本の想いを繋げ、届けるのもまた国際協力だと思います。

 現地に行かずとも国際協力はできる。
 コロナ禍でも現実をただ受け入れるのではなく、常に今自分たちにできることは無いかと探して取り組んで参ります。

 最後に、西伊豆町の方々をはじめ、本活動にご協力頂いた皆様、これまでのカンボジアの活動に協力してくださった皆さまにこの場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。(国士舘大学3年 吉川 仁志)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml