CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


あつまれ八王子ツアー〜八王子市とSDGsとお友達〜(東京八王子クラブ) [2020年11月28日(Sat)]
 2020年11月21日に八王子駅周辺にて、「あつまれ八王子ツアー〜八王子市とSDGsとお友達〜」を実施しました。今年度初の活動となり、学生29名が参加しました。

 この活動は、学生が「八王子市やSGDsに触れながら、世界とともにSGDsについて考え、取り組むきっかけにし、これからの活動に活かしてほしい」という目標を掲げています。事前勉強会では、目標の確認の他、八王子市のゴミの状況やSDGs、食品ロスとその削減のために自分たちが出来ることを考えるグループワークを行い、活動をする上での心構えを共有しました。

 当日の活動前にはリーダーである室橋健太郎(拓殖大学2年)から、「アルコール消毒を行い、飲食の際などの感染リスクを抑え、注意して活動するように」と挨拶がありました。その後、各班が八王子駅周辺からSDGsの17つの目標に関係するお題を協力して探し、写真を撮り、その写真の枚数をもとにポイントを競い合いました。ポイントがあることで競争意欲が湧き、より一層SDGsについての関心を深めて活動することができました。

201121hachioji_1.jpg

201121hachioji_2.jpg

 この活動を通して、八王子市やSDGsについて学ぶことができました。何気なく見ている景色の中にもSDGsに関係するものが隠れており、新たな発見をする機会となりました。感染リスクを抑えるため、短い活動時間となりましたが、学びと楽しみを両立した活動でした。
竹林整備活動@こどもの国 [2020年11月08日(Sun)]
 11月8日、学生4人で、神奈川県横浜市青葉区にある児童養護施設「こどもの国」での竹林整備活動を行いました。

201108chikurin_1.jpg

 広い敷地に対して園内の整備を担当するスタッフは少数で、整備作業が大きな負担になっています。園内整備のお手伝いをすることによって子どもたちが元気に安心して遊べるような環境を作っています。整備しなければならない竹林は膨大にあり、すべて整備し終わるのに10年かかると言われています。

 今回の活動の目的は、「こどもの国の景観を保護し、学生ひとりひとりが安全を考える」ことでした。竹林を整備し、こどもの国からのニーズである景観の保護をするとともに、ケガなく安全に活動することを目指しました。 

 具体的には、枯れている竹を切り、3メートルにカットする枝打ちを行いました。4人という少ない人数ではありましたが、効率良く活動できました。

201108chikurin_2.jpg
福岡県星野村活性化活動(長崎佐世保クラブ) [2020年11月01日(Sun)]
 10月25日に、福岡県八女市星野村にてIVUSA学生14名、NPO法人がんばりよるよ星野村の方10名の計24名で星野村活性化活動を実施しました。

 今回の活動は、稲干台の作成と稲刈りを行いました。新型コロナウイルス感染症の流行により長らく活動ができていませんでしたが、当日は検温の実施、ソーシャルディスタンスの確保に加え、隊員のみならずカウンターパートの方々もマスクを着用することを徹底して活動に臨みました。

 朝と昼で寒暖差はあったものの、終日天候にも恵まれ、スケジュールも滞りなく進行することができました。ハードな作業の連続でしたが、全員が与えられた仕事をしっかりとこなし、休憩時間には学生同士はもちろん、現地の方々ともコミュニケーションをとり親睦を深めるなど実りのある活動となりました。

 日帰りの活動であったため、短時間の作業になりましたが、NPO法人がんばりよるよ星野村の皆様からの優しいご指導やお声がけをいただいたおかげで、誰一人怪我することなく、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。

 星野村関係者の皆様、活動時期に応じて様々な活動を提示してくださるとともに、ご協力いただき誠にありがとうございました。(長崎県立大学3年 Mア 輝)

201025hoshino_1.jpg

201025hoshino_2.jpg

201025hoshino_3.jpg

201025hoshino_4.jpg
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml