• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


3月竹林整備活動(群馬高崎クラブ) [2024年04月06日(Sat)]
 3月13日に、群馬県宮本町にて、群馬高崎クラブ18名で竹林整備活動を行いました。1月の竹林整備活動と同様に、清水積さんが所有されている竹林で実施しました。

 当日は、10時に現地に集合し、始まりの挨拶をした後、調理班と竹林整備班に分かれ、それぞれの活動現場に移動。調理班は、調理を始める前に、調理場所と食事場所の清掃の後、調理をしました。竹林整備班は、各自ヘルメットや鋸などを身につけた後、3、4人ずつの3グループに分かれ、現場長の指示のもと、竹林整備を実施しました。

 竹林整備班については、初めて参加する方が多くいました。そのため、一つひとつの作業を丁寧に説明し、時間をかけて作業に取り組んだため、作業ペースはゆっくりでした。丁寧に時間をかけて作業を行うことで、初参加の参加者も余裕をもって作業することができました。

 また、今回は初の試みとして、竹皿づくりも実施しました。伐採した竹林から、太くて丈夫な竹を選び制作しました。竹皿づくりに初めて挑戦する参加者も多く、怪我に注意し、楽しみながら進めていました。

240313takasaki_1.jpg

240313takasaki_2.jpg

 気温が低く、強風も吹いている厳しい気候でしたが、一度休憩をはさみ、お互いに体調を確認し合い、体調管理に努めました。休憩後、作業を進め、12時から片付け、集合写真を撮影しました。その後、用具のメンテナンスを行い、集合場所に戻りました。

 13時から調理班が作ってくれた料理を食べ始めました。この際に、竹林整備活動中に作成した竹皿を使用しました。寒い中で作業し、疲れていたと思いますが、調理班が作ってくれた豚汁やステーキなどを和気あいあいとした雰囲気でおいしく食べました。

240313takasaki_3.jpg

 14時30分から片づけを行い、最後に参加者全員で清水さんのお話を聞き、ご挨拶をして活動は終わりました。
 今回の竹林整備活動は、竹林整備後に、参加者全員でお昼ご飯を食べたため、参加者同士の交流の機会が多く、クラブ員の仲が深まった竹林整備活動でした。
令和6年能登半島地震救援活動12次隊(4月6日) [2024年04月06日(Sat)]
 学生12名、事務局3名の計15名で石川県珠州市の狼煙地区と横山地区で片付け作業を、旧本小学校で炊き出しを行いました。

【片付け作業組】
 狼煙地区へ向かい、学生9名、職員2名の計11名で活動しました。
 
 午前中は、 NPO法人災害救援レスキューアシスタントの方々と共に、地震により崩れたキリコ倉庫を解体しました。

240406noto_1.jpg

240406noto_2.jpg

 午後は、横山地区にある集会所横の同じくキリコ倉庫の瓦の片付けを行いました。屋根にある瓦をバールやニッパーを使って全て取り除きました。

240406noto_3.jpg

240406noto_4.jpg

 地域の方からは、「学生の若い力のおかげで、あっという間に瓦を片付けることが出来たよ」と言っていただきました。

 明日も引き続き狼煙地区と横山地区で活動する予定です。

【炊き出し組】
 炊き出し組は、旧本小学校にて約40人の方に、昼食を提供させていただきました。

240406noto_5.jpg

240406noto_6.jpg

 本日のメニューは、

・ひじきの混ぜご飯
・いかと里芋の煮物
・いんげんと人参の胡麻和え
・白菜の浅漬け
・味噌汁

 でした。

240406noto_7.jpg

「和食中心のメニューでありがたい」「味付けもちょうどよくて美味しかった」と言っていただきました。避難所で生活されている方だけでなく、在宅避難の方々にも提供することができました。

240406noto_8.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml