• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


京都府阿蘇海環境づくり活動(3月2日) [2024年03月02日(Sat)]
 午前に当初予定していたみんなでカキ殻拾うDAYが悪天候の影響により中止になりました。そこで今できることをしようと午前中は海の中に入らない阿蘇海一周清掃活動を学生57名で行いました。

240302asokai_1.jpg

 清掃活動では、阿蘇海一周を歩きながらごみ拾いをしました。
 また、阿蘇海環境づくり協働会議が不法投棄ゼロを目指して、ごみの多く落ちている場所に対策をするため、IVUSAの学生がごみ拾いを通してゴミ分布図を作成し、どこに何のごみが落ちているのかを把握できるようにしました。

 ごみ拾いの結果、不燃ごみやペットボトル、缶など計約8袋のごみを回収することができました。

240302asokai_2.jpg

 午後も悪天候の影響で散布作業は中止になりましたが地域の方々のお話しを聞き、ワイナリーの見学をさせていただくことができました。

240302asokai_3.jpg

 地域の方々のお話を通して、カキ殻を畑の肥料として活用することは農業のコストカットになり、循環型環境システムへと繋がることがわかりました。

240302asokai_4.jpg

 ワイナリー見学ではワイン用のブドウの栽培、醸造している天橋立ワイナリーに見学に行かせていただきました。

240302asokai_5.jpg

 明日はカキ殻拾うDAY、環境学習会を計画しています。今までの活動で得た知識を活かせるよう隊員一同、気を引き締めて取り組みます。
「防災そなえパークの日2024 〜育てよう!地域の防災力〜」に参加しました [2024年03月02日(Sat)]
 3月2日、千葉県立幕張海浜公園で開催された「防災そなえパークの日2024 〜育てよう!地域の防災力〜」に参加しました。

 千葉市でのソーラーシェアリングのスタディツアーでお世話になっている株式会社つなぐファーム様と一緒に、蓄電池を活用した防災ワークショップやスタディツアーに関するチラシ配布などを行いました。

240302bosai.jpg
 
 ブースにお越しいただいた来場者の方からは、「蓄電池の重要性や学生が行っている活動を知ることができてよかったです」というお言葉をいただきました。

静岡県西伊豆町活性化活動(3月1日) [2024年03月02日(Sat)]
 活動2日目である今日は学生87名全員で耕作放棄地を活用した「あめみや農園」で畑作業を行いました。

240301nishiizu_1.jpg

 作業開始前には地元の藤原さんからクールベジタブル農法に関するお話がありました。クールベジタブル農法とは、廃棄される木や竹を焼き、炭にし、その炭を土に混ぜて作物を育てることです。今日はその炭を作るため、炭焼きをあめみや農園と黄金崎で行いました。この炭焼きをすることでCO2削減をすることができます。

 藤原さんは、「クールベジタブル農法を取り入れている所は数少ない。西伊豆は時代の最先端をいっている」と仰られていました。
 学生たちはその話を聞き、工夫して炭焼きをしていました。

 今回はジャガイモとサトイモの一種であるエビイモの作付を行うため、まず最初に畝を作成しました。

240301nishiizu_2.jpg

 また、炭焼きも昨日に引き続き行ないました。

 畝作りが終わると、穴を掘り、その穴に鶏糞を撒いた後にサトイモを埋めました。

240301nishiizu_3.jpg

 その後全ての畝にマルチを貼り、作付が終了しました。

 夜は役場で、同じ大学生であり三重県尾鷲市で地域おこし協力隊として活動する日向風花さんから、「ニュースメーカー講座」を学生全員で受講しました。自分の身の回りで起きる良いニュースの発信について知ることができました。

240301nishiizu_4.jpg

 明日3月2日(土)は、「西伊豆町×IVUSA 10周年まちづくりフェス〜令和6年度能登半島地震復興支援〜」です。これまで準備してきたものを存分に発揮し、町民と方々と交流を深めます。
京都府阿蘇海環境づくり活動が始まりました(3月1日) [2024年03月02日(Sat)]
  学生57名と事務局1名、地域の方々と活動します。

240301asokai_1.jpg

 午前中は文珠公会堂で開会式を行いました。その中で、阿蘇海環境づくり協働会議座長の今井一雄さんからご挨拶を頂きました。

ご来賓一覧
与謝野町町長 山添藤真さん
京都府丹後広域振興局副局長 和久輝幸さん
吉野茶屋 平木志乃さん

 また、本活動のリーダーである西来和也(同志社大学3年)から、「4日間の短い期間ではありますが、学生自身4か月前から用意しており、地域のために活動に励みます」と挨拶がありました。学生たちはより一層活動への士気が高まりました。

240301asokai_2.jpg

 午後からは、阿蘇海周辺で班ごとに牡蠣調査・植物調査・海藻調査などの生物調査を行いました。生物調査は今回初の試みで、調査の結果、海のゆりかごと呼ばれるアマモの生息を確認した他、カニやクラゲなど様々な生物を確認することができました。

240301asokai_3.jpg

240301asokai_4.jpg

240301asokai_5.jpg

 明日予定していた「みんなでカキ殻拾うDAY」は波と風の影響により中止となりました。
 しかし、できることをしようと、海中に入らない清掃活動を行います。
 隊員みんなで協力し阿蘇海の問題解決に向けて頑張ります。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml