• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


日野市の落川交流センターでの収穫祭に参加しました(東京日野クラブ) [2023年12月04日(Mon)]
 11月12日、日野市内の落川交流センターにて収穫祭が行われ、東京日野クラブから4名が参加しました。

 収穫祭ではうどんや焼き魚や焼き芋、豚汁を来場者に振る舞われました。老若男女計238名が収穫祭に訪れ、大盛況でした。ただ食事をとるだけでなく、子どもやお年寄り、学生や主婦など世代間を越えたコミュニケーションの場になっていました。

231112hino_1.JPG

231112hino_2.JPG

 私たちIVUSAの学生は焼き魚ブースを担当し、魚の調理と受付のお手伝いをしました。舌平目とホウボウを始めとする普段スーパーマーケットではなかなか見かけない魚を扱ったり、一から炭に火をつけたり貴重な経験をさせて頂きました。

231112hino_3.JPG

231112hino_4.JPG
 
 収穫祭と同じ場所で毎月行われる、炊き出し訓練に参加したときには今回培った経験を周りに伝えたり、実践してみたりしようと思います。
11月竹林整備活動(群馬高崎クラブ) [2023年12月04日(Mon)]
 11月18日に、群馬県宮沢町にて、群馬高崎クラブ16人で竹林整備活動を行いました。

 6月の活動と同様に、清水積さんが所有している3か所の竹林のうち、1か所で活動しました。今回は、前回の活動の反省を活かしつつ、「全伐」を目指します。

 当日は、各自で9時に現地に集合し、全員でグループになり準備運動をしました。その後、ご挨拶をしました。気温が低く、寒さを感じる中、各自鋸やヘルメットなどの装備を身につけ、活動現場へ移動しました。
 活動現場に着いたら、4人で構成された3グループに分かれて、各現場長の指示で活動を開始。

231118takasaki_1.jpg

231118takasaki_2.jpg

 今回、参加者の多くが竹林整備活動の経験者でした。そのため、経験者が初参加者に竹を切る手順や倒し方などを基礎から教え、積極的にサポートしました。声掛けをしながら、安全に配慮し、適宜水分補給をしながら進めました。

 午前は各グループ離れた場所で、2人組で竹を細かく切り分けて、切った竹を綺麗に積み上げるために竹の枝を落とす枝打ちの作業を行いました。どの竹を切るのが適切か、竹のどこを切るのが安全かなどをこまめに確認しながら、一本ずつ着実に竹を切り倒しました。竹を倒す際には、他のグループの人にも「倒します!」と大きな声で警告しました。

 午後も午前の作業と同様に竹林を整備しました。少し気温が低くなり、風も吹きましたが、お互いに体調を確認し合いながら協力して、最後まで活動を終えることができました。その後40分ほど作業を進め、11時20分頃に活動を切り上げた後、装備のメンテナンスを行いました。

231118takasaki_3.jpg

 作業を終えた後、カウンタパートである清水さんに現場を確認していただき、中心メンバーは今後の活動の方向性について話し合いました。最後に参加者全員で清水さんのお話を聞き、挨拶をして活動は終わりました。

 今回の活動は、天気にも恵まれ経験者も多かったため、作業がスムーズに進み、大きな成果を得ることができました。そして、活動を通して知識を得た参加者も多くいました。経験者を中心とし、今後も竹林を整備しながら守り続けていきます。
南山城村での村の収穫祭に参加しました(大阪吹田クラブ) [2023年12月04日(Mon)]
 11月23日に吹田クラブ19名、草津クラブ1名、上賀茂クラブ1名の計21名が道の駅みなみなやましろ村で行われたむらの収穫祭に参加しました。

231123suita_1.jpg

 活動では祭りの運営のサポートとして抽選会のお手伝いや、ステージブースの司会、当日の準備や片付けを担当しました。また、IVUSAとしても子ども向けのお店を出店し、コリントゲーム、ペットボトルボーリング、わなげビンゴなどをしました。

231123suita_2.jpg

 合計128名の方々が参加してくださり、多くの子どもたちが楽しんでくれました。また、遊びにきてくれた子どもたちや、村の方々とコミュニケーションを積極的に取り有意義な時間になりました。

231123suita_3.jpg

 今年で2年目になる収穫祭ですが、昨年から引き続き今後もこの村の方々との繋がりを大切にしていきたいと実感しました。
静岡県伊豆町活性化活動12月派遣隊は無事終了しました(12月3日) [2023年12月04日(Mon)]
 活動2日目の午前中も昨日に引き続きあめみや農園で作業しました。

 あめみや農園では炭を使った農法を行っています。その農法に使用するための炭を作り、その後畑で使用しました。 

231203nishiizu_1.jpg

 次に学生が農園に行くのは3月になるので、それまで畑が荒れないようにクローバーやライ麦の種を蒔きました。

231203nishiizu_2.jpg

 作業を終え、午後はお昼を食べた後に西天城高原へ行きました。
 12月になったということもあり高原の気温は低く、屋内から景色を楽しむ隊員が多くいました。

231203nishiizu_3.jpg

231203nishiizu_4.jpg

 景色を堪能したあと三島駅へ向かい12月派遣は無事終了しました。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml