• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


南牧村探検&勉強会(群馬高崎クラブ) [2023年11月05日(Sun)]
 10月14日(土)、群馬高崎クラブから13人が南牧村探検&勉強会に参加しました。この活動では、南牧村を探検して魅力を知るとともに、勉強会で地域活性化について考えました。

 15時40分ごろに村の喫茶店もくもくに集合し、カウンターパートの鰐渕元貴さん(「村の喫茶店もくもく」店主)に挨拶をしました。その後2グループに分かれて、2時間程度南牧村の探検をしました。

 一つのグループはBig Momというカフェに足を運び、自家製コッペパンを使ったホットドッグやパニーニというサンドイッチのようなものをみんなで食べた後、住吉の滝に行きました。もう一方のグループは滝の淵に行った後、Big Momに足を運びました。

231014takasaki_1.jpg

231014takasaki_2.jpg

 17時40分ごろから村の喫茶店もくもくで、勉強会を実施しました。プログラム1では、現在の地域問題、その社会問題の具体的な中身を学び、自分たちにできることを考えました。参加者はクイズに答えながら地域問題について学びました。その後、自分の地域の課題や解決策について考え、考えたことを参加者同士で共有しました。

 プログラム2では南牧村の暮らしや教育の現状と魅力を学んだあと、実際に探検して気づいた南牧村の魅力を考え、グループで共有しました。勉強会の終盤には、今までの南牧村でのIVUSAの取り組みと活動目的について学びました。

 最後に、鰐渕さんが考える南牧村の魅力や問題点、大学生が南牧村で活動するメリットに関してのお話を伺いました。

231014takasaki_3.jpg

 参加者は活動を通して、南牧村の自然の豊かさや人の温かさなどの魅力に気づくことができたと口をそろえて話していました。
宮城県山元町東日本大震災復興支援活動11月派遣隊(11月4日) [2023年11月05日(Sun)]
  2日目の今日は、新たに学生8名、OBOG7名が合流して合計33名で活動が始まりました。
 
 旧坂元中学校で開催された「山元はじまるしぇ」では、私たちはストラックアウトやIVUSA紹介などの、学生ブースのお手伝いをしました。

231104yamamoto_1.jpg
 
 IVUSA紹介ブースでは、IVUSAのことをより地域の方々に知っていただくため、IVUSAと山元町の繋がりや、今年度の災害救援活動報告を行いました。

 当時、東日本大震災を経験した消防団の方とお話をして、「ボランティアは小さな力ではない、来てくれたら必ず大きな力になる」とおっしゃっていました。
   
 私たちが災害救援のコンセプトとしている、「学生は微力でも、無力じゃない」という信念を大切にして、改めて頑張ろうと気が引き締まりました。

231104yamamoto_2.jpg

 午後に行われた地元大学生主催のチーム対抗の玉入れ対決は、地域の子どもたちの応援を得ながらも、惜しくも決勝では負けてしまいましたが、大盛り上がりでした。

231104yamamoto_3.jpg

 まるしぇ後の交流会で、地元大学生からの「山元町が好きだから、IVUSAが山元町で活動してくれることが嬉しい」という声を聞いて、地元大学生と手を取り合いながら、山元町で活動を続けていきます。

231104yamamoto_4.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml